北海道大学の二次試験対策と、僕の合格体験について

スポンサーリンク
宿を安くする方法

やっほっほ、テツヤマモト(@okapo192)です。

受験シーズンになってきて、受験生から「北大の二次試験対策なにやりました!?」って質問がいくつか来てます。

せっかくなので、僕の二次試験の合格体験を記事にまとめておきますね。

僕の合格体験について

まず自己紹介しときます。

  • 北海道大学経済学部に2012年度入学、2016年卒
  • 北海道の地方公立校(偏差値47くらい)から現役合格
  • 受験勉強を始めたのは高校3年の8月(野球部引退後)
  • 二次試験の勉強を始めたのはセンター試験後から
  • センター試験の点数は709/900点
  • 二次試験は国語76/150、数学136/150、英語80/150点で合格
  • 北大入学時はちょうど真ん中くらいの成績で入学だったはず

って感じです。

自分で言うのも何ですけど、かなり底辺からスーパー逆転合格しました!

高校3年8月時点で、センター模試が400行かなかったので、まぁよく頑張ったなぁと。

今は無事ストレートで卒業して、社会人やってます。

 

北大の合格体験記は他にも記事でまとめてます。

大学受験で逆転合格を掴み取った5つの勉強法

2016.10.01

自己ベストのために!センター試験で緊張しない5つの方法

2016.01.13

センター300点台からの挑戦!北海道大学への現役合格体験記

2016.10.01

僕の北海道大学の二次試験対策について

僕は経済学部を受験したので、教科は国語・英語・数学(文系)でした。

以下、勉強法と対策について書きます。

ここに書くことは僕が受験した2012年の体験が元です。試験傾向等にも変化があるので、鵜呑みせず参考程度にお願いします!

二次対策はセンター試験後からでOK

まずはじめに北大の二次試験対策は、センター試験後からでも全然大丈夫です。

僕自身、センター試験前は全く二次試験のことを考えてませんでした。

 

北大の二次試験は、難易度自体はセンター試験とそんなに変わりません。

なので、まずは全ての力をセンター試験に注ぎ込んでください!

ってか、センター試験でしっかり点数取れないとお話になりませんからね。

基本は赤本で過去問を解きまくること

センター試験の国数英で8割弱ほど取れていれば、基礎はしっかり固まっているはずです。

ってことで、センター試験後の二次対策は、赤本で過去問をひらすら解きまくってください。

センター後からでも時間は1ヶ月以上あるので、10年分くらいは余裕で解けるはずです。

 

過去問を解いては、わからない部分を学校の先生に解説してもらう…。

意味が理解できたら、何度もゼロから解き直してみる…。

これを繰り返して、過去10年年の試験で合格点が取れる状態を作ります。

 

▼とりあえず「マイ赤本」は早めに買っておきましょう。

記述問題の解き方を抑える

基本は過去問を解けばいいんですけど、二次試験にはセンター試験にない記述問題があります。

国語には「何文字以内で書き取れ!」みたいな問題がありますし、英語には英作文が登場してきます。

数学はマーク式の選択ではなく、解の流れを記述で説明しないといけません。

 

この辺りは学校や塾の先生に教わりながら、赤本等を参考に答え方をつかんでいきます。

何度も繰り返しますが、センター試験の基礎があれば、そこまで難しいことではありません。

途中点を取りに行く

センター試験と違う点で、二次試験の配点には途中点があります。

例えば、国語の書き取り問題では、書き取るべきポイントを3つ中1つでも書ければ、10点満点中3点がもらえるわけです。

二次試験の基本はとにかく空欄を無くすことです。答案を埋めれば途中点をもらえる可能性が高いですからね。

 

また、英語の英作文等は減点方式の採点になっています。

なので下手に難しい表現や単語を使わずに、自分の身の丈にあったシンプルな文を作るといいです。

この辺りを抑えつつ、ある程度ずる賢く点数をもぎ取りにいきましょう。

苦手を埋める

二次試験に限りませんが、受験勉強は苦手分野を潰すのが賢い戦略です。

90点取れる科目を100点に伸ばすより、50点しか取れない科目を80点まで引き延ばす方が効率が良いんですね。

 

僕は二次試験では、3教科とも80点を取れれば合格ラインに届く水準だったので、とにかく隙を作らないように勉強しました。

結果的に国語76点、英語80点、数学136点*で、狙い通りバランス良く取れたかなって感じです。

※数学は決して得意ではなくて、まぐれで自分が解けちゃっただけです…

二次対策中の勉強時間について

二次試験対策中は3教科2時間ずつと、+αで1時間くらいで、計1日7時間くらい勉強してました。

センター試験期間は10時間弱はやってたんですけど、若干減っちゃいました。

 

二次対策は過去問を解くことが中心になるので、集中力がなかなか持ちません汗

教科も少なくなるので、自分の集中力が持つ範囲で全力でやれば良いと思います。

当日・前日について

僕は北海道の地方出身なので、2日前に札幌入りしました。

時期的に北海道は飛行機が吹雪で遅延なんてこともあるので、二日前に入るのが良いかな。

 

前日は試験会場までの道を下見しました。

当日の朝に余計な部分で迷うと良く無いので、必ず下見はしておくと良いですよ!

北大生は前日に受験生に道を教えるボランティアをしてるので、会場までの道を教えてもらうと良いです。

僕は案内してもらったアメフト部の人に「余裕で受かるっしょ」と言われて、変に勇気出たのを覚えてます。

 

当日はコンビニでおにぎり買って、私服で会場に向かいました。

当たり前ですけど、知らない人ばっかりなのでちょっと緊張しました笑

北大経済の倍率は3倍くらいなので、「前後の席のやつより点数取れれば勝てる!」と思うと良いです。

ってか、「むしろ俺は天才だ!」と思ってれば受かります。マジです。

最後に

最後になりますが、卒業生として自信を持って言えるのは、

北大はもうめちゃくちゃ面白い大学です。

個性豊かな先生がいて、同級生がいて、ありとあらゆる部活動・サークルがあります。

札幌のど真ん中にあって、周りに女子大もたくさんあります爆

 

正直4年間であんまり大学の勉強はしなかったんですけど、今海外でフリーで働けているのは北大で得たもののおかげです。

是非とも北大合格目指して、勉強頑張ってくださいね〜

何か追加で質問あれば、個別でメッセージください!

  • twitter:@okapo192
  • メール:t2gaku@gmail.com

 

▼他にも受験の経験について書いてます!

大学受験で逆転合格を掴み取った5つの勉強法

2016.10.01

自己ベストのために!センター試験で緊張しない5つの方法

2016.01.13

センター300点台からの挑戦!北海道大学への現役合格体験記

2016.10.01

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!