読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

社会人になって思う、大学生時代に必ずやるべきこと10選

就職活動 大学生

スポンサーリンク

f:id:omosiroxyz:20161017181820j:plain

こんにちは。社会人1年目のテツヤマモトです。

社会人になってから、いろんな場面で、

大学生時代にやっておいて良かった~!

と思うことがあります。

 

大学生時代にやってることって、役に立つのかな~って不安になることもあると思いますけど、どんな経験でも欠かさず仕事に活きるんです。

今回は大学生に向けて、「大学生時代にやっておくべきこと」をまとめます。

どれも僕が大学時代にやっておいて・経験しておいて、良かったなと感じていることです。

1.手帳を使っておく

社会人になるとやたら手帳使います。

googleカレンダーで予定を全て管理している人もいますけど、パソコンやスマホを取り出しにくい場面も多いですから。

さっと取り出し書き込められる、そして消えることのない紙の手帳は必須になります。

 

僕は大学時代から手帳に予定を書き込むのが大好きでした。

今でも手帳にミーティングの予定を書くのが楽しくて仕方がありません。

 

でも、いきなり手帳を使いだすって慣れていないときは難しかったりします。

手帳は大学時代から慣れておくと良いでしょうね。

それに手帳を使って日々の予定を埋めていけば、充実した大学生活が過ごせること間違え無しですよ!

2.電話対応を経験しておく

社会人になって一番最初の壁が電話対応。

誰もが電話対応にビビりまくるわけです。

それでも先輩よりも先に電話を取るのが新人の腕の見せ所でもあります。

電話を素早く取るだけで「こいつは違うな」って思わせられますよ!

 

僕は宿のアルバイトでものすごーく電話応対を経験してきました。コールセンターくらいの勢いで予約取ってましたから。

そのおかげで電話応対は緊張せずにこなせています…。

それだけでも「すげぇやつがきた…」みたいになるものですよ。

アルバイトで電話応対をしておくのはわりとおすすめです。

 

アルバイトを探すなら、無料アプリの「アルバイトEX」がいいですよ。

例えば、ここで僕が電話対応しまくっていたホステルのアルバイトをしらべたら、たくさん出てきます!

  • アルバイトEXのダウンロードはこちらから(Iphone限定アプリ)

 

3.運転(ロングドライブ)をしておく

社会人になると運転も必須になります。

僕の仕事は雑誌編集者ということもあって、取材出張の日々です。

車で遠方に行くことが多いのですが、そのたびに3時間を越えるロングドライブをしないといけないわけです。

やっぱり運転係くらいは新人にやらせてもらいところですよね。

 

僕は大学1年生時点で免許を取っちゃったこともあり、サークルの中で運転係をやりまくりました。

ときには徹夜ドライブや5時間を越えるドライブも経験しました…。相当危険でしたけど。

そのおかげで今は運転ばっちりです。ロングドライブに慣れていなかったら、この仕事できなかったな汗

 

4.適度に恋愛をしておく

あたりまえですが、社会に出ると男性も女性もいます。

僕の会社は女性がとっても多い会社。

僕の部署にいたっては逆に男が僕だけという状況です。

 

高校まで10年野球部で男社会に生きてきた僕。

最初は地味にビビりましたがすぐに慣れて、今ではそこそこ馴染んでいます。

というのも、僕は男女が混じったよさこいサークルに所属していましたし、恋愛も人並みにしてきました。

異性に対する苦手意識もそこまで持ってないわけです。

 

男子校・女子高だったりして、異性との関わり方に慣れていない方は、社会に出て苦労するかもしれません。

でもいきなり異性と話すとか難しいと思うんで、僕のオススメは「恋愛心理学」を勉強することです。これ、意外とタメになるんですよ。

 

5.パソコンへの抵抗を無くす

なんだかんだ現代の仕事は、パソコンに向かう時間が多いです。

何をするにしても、ワード・エクセルは日常的に使います。

それ以外のことでも、調べものをするなり、メールをフォルダ分けするなり、画像をクラウドに保存するなり…。

パソコンには慣れておいて絶対に損はないです。

 

僕は子供のころからパソコンがある環境で育ちましたし、大学生の4年間はパソコンを毎日持ち歩いちゃう人でした。

現在でもパソコンに対する苦手意識は全くありませんし、タイピングも相当早いです。

僕みたいにブログ作って運営したりしたら、さくさくとパソコンスキル上がっていくと思います!

 

6.早寝早起きの習慣をつくっておく

早起き…これは僕が大学時代に怠りまくって後悔してることです。

僕の会社は8時始業。なんだかんだで7時30分くらいには家を出ます。毎日6時半くらいには起きていないといけません。

早起きに慣れていない僕にとって、朝はとても眠いです!昼はまだ眠いです!就業前までやっぱり眠いです!

とにかく眠いのです。

 

大学時代なんて誰もが昼まで寝るのがふつうですよね。

でも、社会人になると、悪化した生活リズムのツケが回ってきます。

僕も少しずつ慣れてきてはいますが、今でも朝起きるので憂鬱すぎます…。

早起きには本当になれておいたほうがいいよ…。

 

7.本を読むこと 

本を読むこと…。というよりは文章に対する抵抗を無くしておく…ということにも近いかもしれません。

社会人になると、とにかく文章を読む機会が多いです。大学生よりも絶対多いです。

資料をしっかり読み込まないといけなかったり、文章を校正をしないといけなかったり…。

だから活字に慣れておくことを本気でおすすめします。

f:id:omosiroxyz:20160422225412j:plain

僕は本大好き野郎だったのでなんとか乗り越えていますが、社員研修のテキストを読んでいるだけで少し眠くなってきます。

ふぅ…頑張ろう…。

僕が大学時代に読んでいた本はこちらの記事でまとめています。

 

8.文章を書くこと

7の本を読むことにも通じますが、文章を読むのと同じくらい書くことも多い。

雑誌記者という職業柄でもあるのですが、僕は毎日えげつない量の文章書いてます。

たくさんのメール、業務の終わりに日報、研修のレポート、ミーティングの資料づくり、雑誌の原稿、そして帰宅してからもブログがあります。

 

それでも大学時代にブログで鍛えまくったので、文章に書くことには苦労はありません。

どんな職業でもメールなり、資料なり、文章を書く機会が学生時代よりも増えるはず。

文章力は社会人の基礎スキルの1つですから、磨いておいて損はないですよ!

 

鍛えるにあたって、おすすめはやっぱりブログを書くことですね…。

他にも、簡単な口コミを書くアルバイトをやるのもいいかもしれません。有名どころだとマクロミルとかですね。

文章力鍛えて、お小遣い稼げるんですから一石二鳥です。

 

9.お金を稼ぐこと

社会人になるってことはビジネスが始まるわけです。お金稼ぎが始まるわけです。

大学生は勉強はしてるかもしれませんけど、お金の稼ぎ方は知っていますでしょうか。お金を稼いだことがあるんでしょうか…。

答えは否!という人が大半だと思います。

 

新商品を開発するのでも、新事業を作るのでも、販路を開拓するのでも、お金を稼ぐとは何ぞやということがわかっていないと、何も会社の力になれないと思います。

僕はブログを通して、営業もしましたリ、マーケティングもしていますし、文章を書いてお金をもらう経験もしてきました。

その経験があるので新入社員ながらに、ビシビシとアイデアを提案できている方なんじゃないかなと思います。

 

学生起業ってめちゃくちゃ難しそうにも思えますけど、今の時代ならやり方なんていくらでもありますよ!

僕が大学生の頃、取り組んでいたビジネスはこちらの記事でまとめています。

 

10.1人旅しておくこと

最後に大学時代に1人旅をしておいて良かったということ。

1人旅をしておくと、1人の時間が好きになるし、自分が何者なのかを深く考えることができますから。

 

僕は地方に就職したのもありますけど、周りに知り合いが全くいません。

仕事終わったら、飲み会もないので家に帰ってばたんきゅー。

4月に働き始めてから、職場の人以外とは会ってないです。

1人が好きになれていなかったら、見知らぬ街に来た寂しさで泣いてただろうな~。

 

大学時代は友達と遊ぶのももちろん大切ですけど、ひとりで静かに自分を見つめるのも大切だと思います。

かわいい子なうちに旅をしておきましょう。

 

後悔のない大学4年間を!

大学生活の4年間は、あなたが両親からある程度独立して、自分の裁量で好きなことに取り組める時間です。

今回書いたことはあくまで僕が実感していること。

結局は、あなたがビビッ!とくるものを一生懸命突き詰めるくらいやれば、絶対に役に立つと思います。僕でいうブログかなぁ…。

 

大学時代にやればよかったと後悔しない、

濃厚な4年間を過ごして社会人になってください。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。