MixHostはブログのバックアップ必要なし【ビビりはローカル保存を】

WordPressでウェブサイト運営してるけど、やっぱバックアップしとかないとやばいかな…
サーバーとかバックアップとか、マジイミフなんですけどー

…って感じの人向けの記事です。

 

最近、ブログやる人がだいぶ増えてきました。

そんな中、あなたはサイトのバックアップはお済みでしょうか?

今ギクッとしてしまった人は、一応、バックアップは取っておくといいですよ。

何があるからわかりませんし、サイト吹っ飛んだら収入も吹っ飛んでお先真っ暗ですからね汗

 

…という僕も、実は最近になって自分がWordPressのバックアップとか全然気にしてないことに気づきました。

一応、ブログ収入で生活してる身なのに…お恥ずかしい限りです。

それで焦ってWordPressのバックアップについて調べていたんですが、

 

結論は、何もする必要ありませんでした。

 

このブログで使用しているMixHostは自動バックアップ機能が搭載されていまして、自分でバックアップを取る必要がないんでですね。あー安心。

とはいえ、100%信頼していいかとは微妙なところもあるので、念のためローカル保存もすることにしました。

ブログはあなたの財産ですので、念には念の念の念を入れて、バックアップ作業をしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

MixHostは無料で自動バックアップ機能がある

スクリーンショット 2018 09 05 17 49 57

冒頭の通り、このブログで使ってる「MixHost」は、そのプランにも無料で自動バック機能がついていまして、自分でバックアップを行う必要はありません。

万が一データを紛失した時でも、アカウント画面での操作で簡単に復元できます。

>>mixhostの自動バックアップに関する情報

 

他社サーバーでの自動バックアップ事情ですが、MixHost以外は有料ないし対応してくれないのが普通です。

一部、人気どころを紹介します。

いずれにせよ、Mixhost以外のサーバーを使っている方は、プラグインを使って無料でバックアップを取ることをおすすめします。

プラグインでのバックアップの取り方はクライアントさんに訊かれることも多いので、後日記事にまとめます。「BackWPup」というプラグインを使うのが王道です。

MixHostの過信は微妙。ローカル保存しよう。

ここで少し話を戻しますが、そもそもWordPressのバックアップデータにお世話になることなんて、滅多にないです…。

強いていうなら、適当にファイルいじって保存しちゃった!とか、複数人で作業してて勝手に自分のデータ上書きされた!とかでしょうか。

とはいえ、万が一のために、サーバーのサービスやプラグインでバックアップを取ることをおすすめします。

そして、万万万が一のために、ローカル環境でもバックアップを持っておくのはサイト運営者のたしなみかと。

 

MixHostはじめ、サーバーのバックアップ機能を過信しすぎるのもよくないです。

他のブロガーさんも記事で指摘していたのですが、MixHostの自動バックアップはちょくちょく抜けがあります。

MixHostは「1日1回バックアップします!」ってのを売りにしてるんですが、うーん困ったもんです。

スクリーンショット 2018 09 05 17 40 54

僕の直近のバックアップデータでも、抜けている日にちがありました。

 

それに、MixHostはちょくちょくサーバー落ちます。だいぶ攻撃されてます。

MixHostのサーバー障害アカウント(@mixhoststatus)は、日々エラー報告で大忙しです…。

サーバーが乗っ取られたら終わりなので、定期的にローカル環境でもデータを持っておくのがおすすめですね。

スポンサーリンク

MixHostでバックアップをローカル保存する方法

僕自身、ブログをサーバーに丸預けするのもどうかと思ったので、ローカル環境にデータを保存してます。

以下、MixHostでデータをローカル保存する方法です。

①cPanelで完全バックアップファイルを作成

まずはMixHostのcPanelにログインしまして、「ファイル」の項目にあります「バックアップ」に進みます。

スクリーンショット 2018 09 05 17 56 39

こちらの「完全バックアップ」の項目にある「完全Webサイトバックアップのダウンロード」に進みます。

スクリーンショット 2018 09 05 17 58 48

続いて、「バックアップの作成」に進んで、バックアップファイルの作成を行います。

この際、バックアップ先と電子メールアドレスが必要になりますが、特に変更は必要ありません。

スクリーンショット 2018 09 05 17 59 41

②完全バックアップファイルのダウンロード

バックアップファイルの作成には、10分ほど時間がかかります。

終わりましたら、自分のメールアドレスに連絡が届きます。

スクリーンショット 2018 09 05 17 28 39

こちらのメールが届きましたら、先ほどと同じ流れで「cPanel」→ファイル欄「バックアップ」→「完全Webサイトバックアップのダウンロード」と進みます。

先ほどと同じ画面ですが、「ダウンロード可能なバックアップ」の欄に、ダウンロードできるファイルが表示されますので、こちらをクリックです。

スクリーンショット 2018 09 05 18 07 03

僕のブログは400記事以上ありますが、ファイルサイズは1.2GBでした。

そこそこ時間がかかる上に容量もなかなかですが、自分の財産なので大切に保存しておきます。

 

▼ダウンロードしたファイルは忘れないよう、わかりやすい場所に保存しておきましょう

③バックアップファイルを削除

今回作成したバックアップファイルは、自分のサーバーに保存されている状態でして、サーバー容量を圧迫してしまいます。

ローカル保存してしまえば、以降必要ないので、ダウンロード終了次第削除しておくといいです。

 

▼cPanelのファイル欄より、「ファイルマネージャー」に進みます。

スクリーンショット 2018 09 06 14 21 30

▼homeディレクトリ直下にあります、バックアップファイルを右クリック→「DELETE」で削除です。スッキリ!

スクリーンショット 2018 09 06 14 23 11

MixHostはコスパ最強のサーバー

以上、MixHostは自動バックアップがあるから、自分でやる必要はない!

…けど、一応ローカル保存しておいてもいいんじゃない?って話でした。

 

バックアップ機能だけでなく、MixHostは個人で使うにはコスパ最強すぎるサーバーです。

表示速度が爆速ですし、アクセス耐性があり、出会い・大人なネタも扱えて、それでいて月額880円はカオスですね…。

ここ最近になって、ようやく実力が認められて、エックスサーバーから覇権を奪いつつあります。

これからも愛用してお世話になります(サバ落ちないように頼んます)!

 

▼ブログ運営ノウハウや諸々の使っているツールなどはこちらにまとめています。

【初心者向け】WordPressを高速化して、表示速度を上げる3つの方法

2018.07.09

ワードプレスでブログ運営するための必要経費・初期費用、僕が使ってるもの

2017.11.05

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!