フリーランスのWEBマーケターの僕が使ってる業務委託求人サイト4つ

やっほ!フリーランスでWEBマーケターしてるテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は僕が使っている、「フリーランスのWEBマーケター向けの業務委託求人サイト」を紹介します。

 

僕自身は、ブログとかSNSを頑張って、アフィリエイトとかで食べてた人です。

それで他の仕事やりたくて転職活動してたら、週2・3日の業務委託の提案をもらって、そのままフリーのWEBマーケターになりました。

副業収入もありますし、普通のサラリーマンよりはだいぶ稼げる感じです。

 

本題ですが、フリーのWEBマーケターになるには、業務委託の求人を探さなくてはいけません。

強力なコネがある人以外は、求人サイトを使うのがベターなので、僕が普段から使っているサイトを紹介していきますね。

テツヤマモト
最近はフリーランスと言えばエンジニア!みたいな感じですけど、マーケターも自由度高いし稼げるんで、オススメですよ〜。

スポンサーリンク

①Workship:専属エージェントあり

スクリーンショット 2019 05 23 17 40 51

Workship(ワークシップ)は、株式会社GIG (元LIG社長が作った新しい会社)が運営する、フリーランス向けの求人サイトです。

まだまだ新しいサイトなんですが、エンジニアやデザイナーだけでなく、マーケターの仕事も充実しているのが特徴ですね。

 

時給は3,000円前後が多くて、なかなか高単価となっています。

フルタイムで月160時間働いたとすると、月50万円近く稼げることになるんで、まぁまぁ美味しいんじゃないでしょうか。

▼SNSのように自分のプロフィールページを作ることもできて、企業とマッチングすればメッセージのやりとりができます。

スクリーンショット 2019 05 23 18 11 15

また、求人サイトとしての機能だけではなく、専属エージェントをつけて、自分に合った求人紹介や賃金交渉もやってくれたりします。

フリーランスのWEBマーケターであれば、必ず登録しておくべきサイトの1つです!

テツヤマモト
僕自身、こちらから某大手メディアの編集職案件を獲得できました!

②ITプロパートナーズ:WEBマーケター案件豊富

スクリーンショット 2019 05 23 17 51 01

ITプロパートナーズは、週2日からのフリーランス向けの業務委託案件を紹介しているサイトです。

いつも安定した求人数が掲載されているので、仕事が途絶えさせないためにも、ここに登録して構えておくべきですね。

大手求人サイトはマーケターの案件掲載が無いところも多いんですが、こちらはマーケター案件もしっかり用意されています。

 

週何日働きたいかや、土日勤務・リモート勤務など、細かい仕事検索をできるのも使いやすいですよ!

スクリーンショット 2019 05 23 17 54 41

週1・2日から働けるような案件から、月70万円以上の高額案件まで、幅広く揃っているのはここですね!

今回紹介する中で、「高単価」を狙うなら、ITプロパートナーが良さそうです。

スポンサーリンク

③クラウドテック:リモート案件多数

スクリーンショット 2019 05 23 18 31 48

クラウドテック は、クラウドソーシング最大手のクラウドワークスが運営する求人サイトです。

特徴としては、リモートワークOKや週3日からの案件募集など、かなり柔軟に働ける案件が多いことですね。

WEBマーケター系の職はもちろん、近いところだと、WEBメディア編集者の仕事なんかもたくさん募集されていました。

 

▼YouTubeとかでこのCMを目にしたことがある人も多いのでは?結構刺さるんですよね、このCM。

やはりフリーランスの柔軟な働き方に焦点を当てると、クラウドワークス社は業界最大手と言って良さそうです。

クライアントも理解がある方が多いはずですし、ワークライフバランスを重視したい人はこちらも必須ですね。

④Wantedly:意外な穴場です!

スクリーンショット 2019 05 23 18 01 56

国内ビジネスSNSで有名な、Wantedlyもまた、フリーランスWEBマーケター向けの穴場求人サイトに変身します。

どうしても就職・転職のイメージが先行しがちですけど、実はWantedlyにはしっかり業務委託求人の検索機能があるんですね。

スクリーンショット 2019 05 23 18 04 48

Wantedlyはそもそも業務委託求人専門のサイトではないので、良い意味で採用の窓口がとても広いです。

僕自身、中途採用枠で普通に就職活動をしていたら、「まずは業務委託でどうですか?」という提案をもらいました。

企業にとっても業務委託で雇えた方が都合が良いし、フリーランス側にしても給料や働き方など、柔軟な選択肢を取れますね!

テツヤマモト
掲載企業数だけでいうと、Wantedlyがダントツに豊富です!自ら交渉して業務委託を獲得してみましょう。

スポンサーリンク

4つのサイトを上手く使う方法

僕は上記4サイトを駆使して、WEBマーケターの仕事を獲得してきました。

基本的には、Workship・ITプロパートナー・クラウドテックで仕事を探しつつ、あまり良い案件が無かったら、Wantedlyで直接企業に働きかける感じです。

スキル・経験・実績によりますけど、WEBサイト運営経験等あれば、すぐに仕事は見つかるのではないでしょうか。

 

また、いずれの求人サイトでも、プロフィールページでのアピールは非常に大切です。

WorkshipとWantedlyに関して、案件を獲得することができた僕のプロフィールページを公開するので、良かったら参考にしてみてください。

>>テツヤマモトのWorkshipプロフィール

>>テツヤマモトのWantedlyプロフィール

おすすめしない求人サイト

個人的には、WEBマーケターに関しては、上記3つの求人サイトを活用すれば、事足りるかと思います。

他にもITフリーランスの求人サイトでは、レバテックフリーランス あたりも有名ですが、エンジニア案件ばかりでマーケター案件はほぼ無いです。

やはり、フリーランスのWEBマーケターはレアな存在なのかもしれませんね…。

 

あと、クラウドワークス ランサーズ といったクラウドソーシング系のサービスもあまりオススメしません。

こちらはとにかく安い単価で買い叩かれることが多いですし、雇う側・雇われる側ともに、コミュニケーション力に欠ける印象です。

テツヤマモト
あまりたくさんのサイトに登録しても管理が面倒なので、繰り返しますが、4サイトも登録すれば十分かと。

スポンサーリンク

まとめ

ざっとまとめると、こんな感じです。

このうちWorkshipとWantedlyは、僕も案件獲得済みで、WEBマーケターとして仕事させてもらってます。

 

フリーランスはエンジニアやデザイナーがなんとなく「華」かなと思ってて、マーケターはイマイチ目立ちません。

それでも売り上げに直接的に貢献できるのはマーケターですし、参入もしやすくて、稼ぎやすい現実もあります。

WEBメディア運営経験がある人なんかは、ガンガン挑戦してみるといいっすよ。

テツヤマモト
なんでも皆んなもっとやらないんだろう?とか個人的に思ってるんですけど、ライバル増えても困るしまぁいいや。

 

ブロガー(アフィリエイター)が就職・転職しやすい業界5つ【実体験】

2019年5月20日

IT就活で僕が使った、転職サイト・エージェント4つ【これで十分】

2019年5月21日

ABOUT

旅好きWEBマーケター🌏 北大経済▶︎旅行誌編集▶︎フリーライター▶︎世界一周36ヶ国▶︎海外ノマド2年半(ブログとサイト制作) ▶︎旅行系IT企業でWEBマーケ担当 ■副業でブログ(最高月22万PV)とYouTubeとかやってる ■英語とスペイン語が少しできる ■オードリーのオールナイトニッポンのヘビーリスナー ■詳しいプロフィールはこちら