オードリー若林に学ぶ、陰キャラがネットで生き残るための戦略

先日、”プロ無職"ことるってぃさん(@rutty07z)の書いた記事が話題になってました。

 

内容を要約しますと…

  • 今までのネット界隈は、陰キャラが頑張っていた感じだった
  • そこに、スクールカースト最上位のレペゼン地球が登場した
  • 日常から過激だから、面白さが自然体。陰キャラを圧倒してる
  • 果たして、これから陰キャラは駆逐されてしまうのか?

 

この記事を読んで絶望してしまった人は多いかなーと思っていて、…ってか、僕もそのひとりです。

僕は学生時代から、周りに馴染めない典型的な陰キャラだったんですが、ブログ始めてからはちょっとチヤホヤされてニヤけてました。ネットが居場所でした。

そんな僕の居場所でもあるネットが、リア充たちが駆逐してしまったら…。

えーと、どうすればいいのでしょう?涙

 

そんな僕にヒントをくれたのは、大ファンのオードリー若林(以下、若様)でした。

…というのも、若様って、若い頃イケてなかった側の人なんですね。

学生時代は文化祭を盛り上げてる連中、サークルでワイワイしてる連中を冷やかすのが日常でした。

20代の下積み芸人時代の経験で、自分の自信を完全に失い、ネガティブな性格をこじらせてしまいました。

 

しかし、今どうでしょう?

人見知り芸人、女の子苦手芸人と言われながらも、テレビ番組ではいくつもMCを抱える売れっ子です。

ましてや2018年初には女優の南沢奈央さんとお付き合いしてることが発覚しちゃいました。

彼はどうしてリア充ひしめく芸能界で生き残り、うごめく陽キャラに立ち向かっていけるのでしょうか。

 

実はそこには、引きこもりな陰キャラならではの強みを駆使する、緻密な戦略があるんですね。

つまり僕らは今こそ、若様から学ぶことがあるんです。

スクールカースト上位の超リア充がネットを賑わせる中で、陰キャラがどう戦えばいいのか考えます。

スポンサーリンク

「エモさ」で勝負する

陽キャラにはノリと勢いがあります。その点、陰キャラが無理しても勝てません。

では陰キャラの武器は何か、1つは「エモさ」ですね。

 

陰キャラはつまり、自分の外側にエネルギーをぶつけるより、自分の内側を見つめるのが得意です。内向的とも言いますか。

僕たちはとても感傷的で、自分の感情の変化に敏感です。

陽キャラには決して表現しきれない、繊細な心の動きや変化をエモーショナルに表現できるんですね。

また、本質を突くような鋭い発言も得意です。

 

若様のエッセイ「完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込」には、ぶっちゃけ何も勢いがありませんし、日常に感じたことをツラツラ書いているだけです。

…ただ、とにかくエモい。引き込まれるように読み進めちゃいます。

陰キャラは、無理に勢いで人気を勝ち取るのではなく、自分に共感してもらうよう活動するのが鍵なんです。

 

▼若様のラジオトークやエッセイはとにかくエモいです。この「結婚しようと思った話」は神トーク。

「多趣味」で勝負する

陽キャラは遊び上手です。わいわい遊ぶジャンルでは歯が立ちません。

…けど、陰キャラは、インドアで1人で楽しめる趣味をひたすら極めるのが得意です。

 

若様はめちゃくちゃ多趣味で有名です。

読書芸人でお馴染みの読書、アメフト観戦、散歩、プロレス観戦、ゴルフ、落語、ラップ、一人旅…など。

深夜ラジオ「オードリーのオールナイトニッポン」では、これらの趣味のお話が、フル稼働でトークネタになってます。

入れ替わりの激しいオールナイトニッポンで、オードリーが10年間高視聴率をキープしている理由…それは紛れもなく若様の多趣味の光明ですね。

 

余談ですが、若様が南沢奈央くんとお付き合いすることになったきっかけもまた、読書・プロレス・落語といった共通の趣味だと言われています。

多趣味かつ趣味をひたすら没頭することで、陰キャラでも新しい話題を常に提供できます。

終いには女優とお付き合いできるほどに、人を深い部分まで惹きつけることができるのです。

 

▼miwaさんとのコラボ、MC.wakaが好きすぎて、毎日見てます笑

スポンサーリンク

「賢さ」で勝負する

何度も言うけど、陽キャラに対して、勢いと華で正面から挑んでも勝てません。

ただ頭を使った「賢さ」の分野だと、陰キャラにだって勝機があります。

 

陰キャラには、陽キャラには醸し出せない「冷静さ」があります。

雰囲気を読み取る「分析力」があります。

集中して人の話を「聴く力」があります。

 

若様は「しくじり先生」や「激レアさんを連れてきました」など、テレビでMCを務めることが多くなりました。

それはひとえに、若様の「賢さ」が存分に活かされたからなのでしょう。

一歩下がって周りの人を引き立てつつ、随所で本質を付くコメントを言い放って、自分の存在を消さない…。

若様は、紳助さんやさんまさんといった、これまでの典型的なMC像から抜け出した新しいMCの形を作ってくれてますね。

「好感度」で勝負する

陽キャラは多くのファンを抱える一方で、アンチを作りやすい一面もあります。

一方で、陰キャラは敵をつくることなんて滅多にないでしょうし、どんな人にでも受け入れられやすいです。

 

オードリーは2008年のM1グランプリで準優勝し、2009年から本格的にテレビに出始めました。

春日の強烈なキャラゆえの一発屋的なブームかと思われましたが、意外なことにあれから10年経った今でも二人は人気者です。

 

彼らが売れた理由は、テレビでの受け入れやすさにありました。

当時の芸人といえば、「なんでやねん!!!」と勢い重視の関西系が主流。

そこに若様の「ですけども」ツッコミや、ゆっくり登場する春日の存在は珍しく、見ていて胃がもたれてしまうような印象も受けません。

それにベビーフェイスの小柄な若様、変に小綺麗な春日という、ぱっと見の清潔感も大事なポイントですね。

 

これだけテレビに出ているのにも関わらず、「オードリーが嫌い」なんて人はいませんよね。

それに2017年末に「チャリティーミュージックソン」でメインMCを務めた際には、子供からお年寄りまで幅広い層に人気を証明してくれました。

バランスよく幅広い層にアプローチできることは、陰キャラの強みでもあるんです。

スポンサーリンク

まとめ

以上のように、エモさ・多趣味・賢さ・好感度を駆使すれば、陰キャラであっても人気者になれます。

フォロワーやファンの獲得が命となってくるネットの世界でも、陽キャラに負けずに生き残れるのではないでしょうか。

 

陽キャラの勢いに押されそうになっても、悲観する必要はありません。

陰キャラには陰キャラの強みがありまして、若様のように活躍することだってできます。

 

ぜひオードリーのオールナイトニッポンやら、若様のエッセイを読んでみるといいです。

若様が芸能界でやって行くために、ひそかに考えているエッセンスを吸収できます。

あと、女優と付き合えるワケもわかりますね。マジで幸せになってほしい。

【ナナメの夕暮れの感想】若林さんへ、リトルトゥースの想いを綴る

2018.09.04

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!