海外銀行口座への振込・送金は、TransferWise一択です【格安で簡単】

海外企業の銀行口座にお金を振り込まなきゃいけないんだけど、どうやってやればいいのか全然わかんない…
今使っている銀行は手数料が高いらしいし、何よりもめちゃくちゃめんどくさそう…。何かいい方法はないの?

今回はこう言った海外振込・送金のお悩みに関して、少し情報共有していきます。

 

結論から言いますと、国内の銀行口座から海外送金すると、大きく損しちゃいます。

海外送金専門のWebサービスがありますので、こちら利用するのがオススメです。

 

僕は先日、語学の試験を受験するにあたって、タイの銀行口座にお金を振り込む必要がありました。

早速自分の国内口座の海外送金サービスを確認したんですが、どうも手数料がバカ高いみたいなんです。

そこから散々あーだこーだ迷ってたどり着いたのが、TransferWiseでした。

こちら初めて利用したんですが、めちゃくちゃ簡単で手数料も数百円…いやーもう感動しました。

>>別記事「TransferWiseの使い方と登録方法【超簡単な海外送金の流れを解説】

 

今回は海外送金にTransferWiseを選んだ理由や、他の送金サービスをなぜ選ばなかったのかを紹介します。

海外生活をする中で、送金をする機会はどうしても発生してくるはずです。

今のうちに知識を押さえておいて、困った時にいつでも活用する準備を整えましょう。

スポンサーリンク

海外送金をする方法

海外送金をする方法は、いくつかのパターンがあります

  • 国内銀行口座から送金する
  • 仮想通貨を使う
  • 海外送金サービスを使う

僕はこのうち、海外送金サービスを利用して、海外送金を行いました。

理由はズバリ、「安くて簡単」だからですね。

1.国内銀行口座からの送金をオススメしない理由

ずばり、手数料が高いです。

国内銀行で、海外送金に力を入れているのは「楽天銀行」が代表的ですね。

スクリーンショット 2018 09 20 17 51 05

手数料は最低額750円と比較的安いですし、手続きもオンライン上で24時間以内に完結できるようです。

僕がメインで使っている地銀は、窓口でやりとりしないと海外送金はできないようで、そこから考えるとかなりマシですね…。

 

しかし、忘れていけないのは、国内銀行から海外送金には「隠れコスト」と言われる、為替コストが発生してしまうことです。

手数料を安く見せるために、実際の為替レートに少し上乗せして、日本円を外貨に両替するんですね。

結果的に、手数料が安いと思って申し込んだら、予想以上に振り込まれたお金が少ない!なんてことになるんです。

2.仮想通貨での海外送金をオススメしない理由

こちらはずばり、まだまだ普及できていないからですね。

盛り上がりを見せている仮想通貨ですが、公的なやりとりの場では、まだまだ使われていません(僕の振込の場合でも案の定使えず)。

海外送金の分野では、圧倒的に便利なので早く普及して欲しいですね…。

仮想通貨の分野がもう少し発展していけば、むしろ今回の記事の必要なんて無くなりそうです。

3.海外送金サービスがオススメ

以上より、海外送金サービスの利用をオススメします。

国内銀行口座のような「隠れコスト」がありませんし、何より「海外送金専門」のサービスなので、人件費等の経費を大幅に減らせるわけです。

 

▼先日タイの銀行口座に送金した際、かかった手数料はたった247円でした。

手続きも簡単でして、一度登録さえしてしまえば、あとはPCやスマホアプリから、数分で送金作業を行えます。

確かにサポートの面では、国内銀行口座には叶わないのかもしれません…。

しかし、バカ高い手数料を払ってまで、手厚いサポートが欲しいかと違うはず。

メールや電話でトラブルに対応してくれれば十分だと思いませんか?

【海外送金サービスが安い秘密】

海外送金サービスがなぜ安いかというと、実は自分のお金が国境を超えていないからなんです。

送金サービスA社の国内口座にお金を振り込んだら、あとはA社の海外口座から海外の振込先に振り込んでくれます。

要するに、国内振込を2回しているだけで、お金を「両替していない」ので、コストが抑えられているわけですね。

海外送金サービスはどれを使うといいの?

なるほど銀行送金とか使うより「送金サービス」を使うのがいいんですね…。でも送金サービスってたくさんあるみたい何ですけど、どれを使えばいいんでしょうか!

はい、確かに海外送金サービスは世界中にいくつも存在しています。

大手三社はこんな感じですね。

  • Transfer Wise:今最も勢いがある。日本語対応可能。
  • xend pay:同じく世界中で人気。取り扱い国・通貨が多い。
  • world remit:世界中で1番人気。手数料の安さが売り。「日本へ」送金できない。

僕はこちら大手3社から、TransferWiseを選択しました。

理由は、日本語対応可能で、日本人利用者がとても多いからですね。

通貨や送金国の取り扱いでは、他2社に軍配があがるんですが、手数料はほぼ同じ(少し勝ってるくらい)ですし、使いやすさでも文句のつけどころがなかったです。

 

▼WorldRemitは別記事でも試してみた結果を紹介しています!

WorldRemitの登録・使い方を画像解説【TransferWiseと比較したよ】

2018年11月29日

スポンサーリンク

TransferWiseをおすすめする理由

そのトランスファーなんとかについて詳しく教えてください!

TransferWiseは、2011年に設立され、現在世界中で急成長遂げているフィンテックサービスの1つです。

まずはこちらTransferWise JapanのCEO、越智さんのお話を見てみましょう。

CEO自身、日本から1,500円を送金するときに、手数料が7,500円もかかったストレス経験から、参画を決めたそうですね。

続いて、英語になりますが、TransferWiseの概要も動画で見てみます。

要点をまとめますね。

  • TransferWiseを使うと、銀行送金を使うより、8倍も料金が安くなる
  • 銀行口座は手数料安く見えるけど、「隠しコスト」があるので実際は高い
  • TransferWiseが利用するレートは、実際のレートとほぼ同じ
  • 入金・出金にはTransferWiseの口座を使うので、あなたのお金は国境を超えない

もうこちらそのまんま。とにかく安いから使わない手はないんです。

 

▼為替差による「隠しコスト」が発生しないのが送金サービスの最大の特徴。公式サイトでも自信マンマンに紹介されてます。

スクリーンショット 2018 09 21 11 48 05
なるほど…。代表がイケメンだし、もうここを使っちゃおうかな…じゃない!ちゃんとおすすめポイントを教えてください!

…はい。

ポイント①:日本語利用できる

似たような海外送金サービスは、他にもいくつかあります。

ただ、TransferWiseの最大のメリットは日本語利用ができる点ですね。

 

▼言語設定を日本語にすれば、トップページや全ての画面を日本語で利用できます。

スクリーンショット 2018 09 21 11 41 21

▼日本語の電話・メール対応も可能です。日本人担当者と日本語でのやりとりができます。メールは送った翌日に返信いただきました。

スクリーンショット 2018 09 21 11 43 50

いくら英語力がある場合でも、お金のやりとりとなると、母国語で行えた方が安心なのではないでしょうか。

特に留学やワーホリの給料など、多額の資金を送る際には、何か失敗があると大変ですからね…。

その点、日本語で丁寧に対応してくれるのはとても嬉しいです。

残念ながら、世界最大手のWorldRemitやXendPayは日本語に対応できていません。

ポイント②:資金を保全してくれる

TransferWiseは単なる新興的なサービスではありません。

既に300万人の人が利用しており、日本でも資金移動業者として認められている一流企業なんですね。

スクリーンショット 2018 09 21 11 50 30

預けた資金は100%しっかり保全してくれますし、入金・着金の状況を逐一確認できるんです。

 

▼海外送金をする際には、しっかりとお金が口座までたどり着くのか不安ですけど、ここまで丁寧に報告してくれると安心ですね。

スクリーンショット 2018 09 21 11 54 55

ポイント③:肝心の手数料はどのくらい安い?

肝心の手数料についても事例を見てみましょう。

僕は先日、タイの銀行口座に振込作業を行いました。

スクリーンショット 2018 09 21 12 00 54

手数料は、247円ですね。

また、この送金を行なった2018年9月18日のタイバーツの交換レート終値は、0.2898でした(参考:VALUTA-FX)。

スクリーンショット 2018 09 21 12 08 42

為替が大きく動いた日だったので、少し誤差が出ましたが、それでも誤差は0.7%程度です。

1万円あたり70円程度の差額なので、こりゃもう為替損は無いと考えて良さそうですね。

手数料は送金国等により異なります。

大体の基準としては、30万円で約2,000円、50万円で約3,000円、100万円で約6,000円とのこと

TransferWiseでは、送金先に決まった金額を送るために、あらかじめ少し多めに料金を振り込むことができます。

余った金額は送金が完了次第、指定した自分の口座に戻る形です。こちらも送金サービスならではの便利なサービスですね。

まとめ

以上まとめますと、海外に送金・振込をするなら、TransferWiseを利用するのがおすすめです。

一度設定を終えてしまえば、あとはウェブなりアプリなり、ささっと送金ができるようになります。

とても便利で手数料もべらぼうに安い…もう銀行の送金サービスは使ってらんないです。

 

実際にTransferWiseを使って見た様子は、別記事「TransferWiseの使い方と登録方法」でも紹介しているので、参考になりましたら幸いです!

様々なフィンテックを利用して、快適な海外生活を送って行きましょう。

 

▼最後までありがとうございました。海外でフリーランスとして働く方法を紹介しています。

TransferWiseの使い方と登録方法【超簡単な海外送金の流れを解説】

2018年9月22日

WorldRemitの登録・使い方を画像解説【TransferWiseと比較したよ】

2018年11月29日

ABOUT

旅好きWEBマーケター🌏 北大経済▶︎旅行誌編集▶︎フリーライター▶︎世界一周36ヶ国▶︎海外ノマド2年半(ブログとサイト制作) ▶︎旅行系IT企業でWEBマーケ担当 ■副業でブログ(最高月22万PV)とYouTubeとかやってる ■英語とスペイン語が少しできる ■オードリーのオールナイトニッポンのヘビーリスナー ■詳しいプロフィールはこちら