海外ノマドワークがかなり辛いので、実は今すぐ辞めちゃいたい話

スポンサーリンク
宿を安くする方法

やっほう!海外ノマドワーカーのテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「実は海外ノマドなんて今すぐ辞めたい」って話します。

海外を自由に旅しながら働けたら楽しそう!
好きな場所で好きな場所と時間だけ働きたい!

って考えてる人は読まないでください。夢をぶち壊しちゃうかもしれませんので!

 

僕は旅をしながらゆるく働きたくて、海外ノマドワーカーになりました。

その選択に後悔はないですし、ここまで2年近くこの働き方を続けてきて、もはや自分のライフスタイルとして定着しはじめています。

 

でも、海外ノマドワークはそんなにキラキラした世界じゃないです。

むしろ辛くてストレスでいっぱいで、孤独で泣きそうになることばっかりですね。

ぶっちゃけ今すぐ辞めたいし、日本に住んできれいな奥さんと愛すべき息子と楽しく生きたいっす。

 

今回は海外ノマドワーカーのリアルな部分を伝えていきます。

最後の部分で、これだけ辞めたいのに、なんで海外ノマドを続けるのかも書いておきますね。

Wifi環境がクソすぎる

Smartphone monkuのコピー

今回なぜこの記事を書こうと思ったかというと、今滞在してるグアテマラのWifiがクソすぎてストレス溜まりまくりだからです。

リモート作業してるノマドワーカーにとって、Wifiは酸素です。

…が、海外のWifi環境はどこも日本に比べるとしょぼいです。

経験上、日本よりWiFiが早いのは、バンコクとソウルくらいでしょうか…。

 

せっかく仕事のスイッチが入ってきたのに、WiFiが繋がらなかったりするので、イライラが止まりません。

ブログ記事を書いて保存ボタンを押したらWiFiが切れちゃって、記事が書き直しになったことは一度や二度じゃないですね。

日本との時差がきつい

Dorobou jikanのコピー

海外でノマドワークとすると言っても、ほとんどの仕事は日本時間が基準です。

アジアならまだしも、欧米に行くと、時差の影響で深夜早朝の作業が当たり前になっちゃいますね。

深夜のミーティングは当たり前、寝ている間にトラブルが発生することもあって、溜まったもんじゃないです。

自由に過ごせると思ったら、時差のせいで睡眠不足になるのが海外ノマドあるあるです。

食中毒になりがち

Sick syokuchuudokuのコピー

衛生環境バッチリなご飯に慣れ親しんだ僕らにとって、体が海外のご飯を拒絶することは多々あります。

僕はインドとキルギスでノマドワーク中に食中毒にやられて、下痢と高熱に数日苦しまされました。

 

この間、もちろん仕事なんてできたもんじゃありません。

ただでさえフリーランスだから助けてくれる人がいないのに、のんきに食中毒なってる場合じゃないです。

うるさくて眠れない

Suimin ibiki 1 のコピー

締め切りに追われている時なんかは、夜も宿泊先で仕事をしなくちゃいけません。

…が、安宿周辺はナイトクラブが深夜営業していて、ずんちゃかうるせーくて眠れないってことがあるあるです。

ちょっと良い値段する宿を取ったと思ったら、次は酔っ払いおじさんのイビキがうるさいみたいなこともありますね。

早いところ収入倍増させて、ホテル暮らしできるようにならないとな…。

欠航・廃線するし辞めたい

Snow airplane 1 のコピー

海外を旅しながら旅をしていると、予期せぬ飛行機の欠航や、電車の廃線にぶち当たるケースが出てきます。

ハプニングに遭うと、それだけ1日潰れますし、精神的な疲労も半端ないです。

仕事の締め切りの余裕がないときに、これやられると一巻の終わりですね。

寂しいから辞めたい

Pose taiiku suwari back manのコピー

SNSを見てると、同級生が結婚したり、会社の仲間やフリーランス同士でわいわいやってる様子が目に入ります。

そんな中僕は、遠く離れた外国の地で、言葉も通じない人たちに囲まれて、パソコンをカタカタいじる日々です。

ふと自分を俯瞰すると、切なさこみ上げますよね。

それでも海外ノマドを辞められない

はっきり言って、海外ノマドワークは仕事する上で、デメリットしかないです。

ブログネタには困らないですけど、生産性悪すぎるので、プラマイがマイですね。

 

それでも辞められないのは、なんだかんだ「不便が好き」だからかな。

同じくドイツでフリーランスとして活動する高田ゲンキさんのツイートを引用します。

 

海外で働くのは不便でデメリットばかりだけど、だからこそ「常に成長している」という安心感があるのかもしれません。

会社で働くのとは、また違ったストレスでいっぱいの毎日ですが、僕はなんだかんだ嫌いじゃないです。

 

慣れ親しんだ環境でのびのび働くか、慣れない環境に必死に食らいつくか…。

僕は後者を選びました。

クソWiFiと向き合いながら、もう少し旅しながら働いてみます。

 

▼僕が旅を続ける理由をもう少し掘り下げました。

なぜ旅をするのか?僕が旅生活を2年続ける理由をまとめる

2018.06.28

▼旅をしながらやってる仕事や海外ノマドワーカーのなり方を解説しています。

最短で海外ノマドワーカーになる方法まとめ【仕事の種類と節約術】

2018.06.21

海外ノマド生活1年突破!30カ国巡った収支・おすすめの国をまとめる。

2017.12.21

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!