一人旅バックパッカーは英語できない人でも余裕【最低限フレーズ有】

人生で一度でいいから、海外を一人旅してみたいな〜

なんて思っている方はたくさんいるかと思うんですが、どうしても壁になってしまうのが英語力ですよね。

英語が全然できないから、海外に行くのが怖いな…。そもそも話せないのに海外旅行なんてやっぱり無理なのかな?

今回はそんなあなたに一言アドバイス!

ズバリ、

英語は一人旅にそんな必要ないです!

僕自身、初めての海外旅行に行く時は、英語が物凄く苦手で、めちゃくちゃ不安でした。

しかし、いざ足を運んでみれば、意外と問題なかったんですよね…。

 

確かに英語が話せないと、なんだかんだで不便はあります。

特にトラブルに遭遇してしまうのではないかと、不安は拭い切れないかもしれません。

しかし、旅人として抑えるべき、最低限の英語フレーズや予備知識があれば、一人で海外旅行やっていきます。

 

今回は「英語ができない人の一人旅」のノウハウを中心にまとめます。

一人旅を思い切り楽しむためにでも、この記事を読みつつ、少しでも不安を軽減させていただければ嬉しいです。

そもそもバックパッカーがどんな生活をしているのか知りたい人は、別記事「バックパッカー生活ってどんな感じ?【2年旅してる経験を全て書く】」が参考になります!

スポンサーリンク

そもそも英語を使う機会なんてない

冒頭の通り、海外一人旅に英語はほどんど必要ないです。

…というのも、海外旅行をしていて英語を使う機会なんて、思った以上に少ないんです。

よくよく考えれば、日本人のおじいちゃんおばあちゃんがグアムやハワイに行ってるわけですからね。

 

言っちゃうと旅の最中は、こんな場面でしか英語使いません。

  • 入国審査で挨拶
  • レストランで料理を注文
  • 駅やバス停でチケットを買う
  • ホテル・ゲストハウスにチェックインする

全世界でスマホが普及するようになってから、旅をするのが超簡単になりました。

ホテルや航空券はBooking.com agodaなどネット予約サイトがありますし、タクシーはUberやGrabを使えば迎えにきてくれます。

もし英語で話しかけられて答えられなくても、Google翻訳をオフラインで使えるようダウンロードしておけば、その場でなんとか対応できますね。

【全部無料】おすすめiPhoneアプリ15選【海外旅行で困らない】

2018.06.01

 

現地情報だって、ネットで好きなだけ調べられますし、何なら日本人宿に泊まってみてもいいです。

とにかく本当に寂しいくらい英語を使う「必要性」はなくなりました。

英語ができない場合、最低限やるべきこと

…とはいえ、英語が使えないと不便なことはありますし、トラブルに巻き込まれた時にはテンパっちゃいます。

英語が話せる話せないに限らずですが、一人旅初心者が最低限やっておくべきことをまとめますね。

①最低限の英語フレーズを覚えておく

英語を話すべき場面がやってくる度に、翻訳アプリを開いているのも申し訳ないですし、スピード感に欠けますよね…。

最低限として、こちら5フレーズは覚えておくといいですよ。

  • I want to eat this!! (これが食べたい!)
  • I have a reservation for tonight!! (今日の予約があります!)
  • Where is A!! (Aはどこですか!? →Aには、toilet、museum、stationなど)
  • How much is it!! (これはいくらですか??)
  • How can I get to B!! (Bにはどうやって行きますか??)

僕自身、旅の最中にこれらのフレーズくらいしか英語を使ってない気がします。

ちなみに、全部のフレーズに「!」を付けましたが、大事なのは勢いです。

困った風にモジモジしてるくらいなら、日本で見かける中国人になりきって、ハロー!サンキュー!ビューティフル!って言えば、全然OKですね。

 

もし不安なら「指さし会話帳」を持参するといいですよ。

小さくで邪魔にならないですし、最低限の必要フレーズが指差しで使えます。

僕はゲストハウスでアルバイトをしていたことがあるんですが、アジアからのお客さんで日本語版を持ってくる人多かったです。愛くるしい。

②外務省の安全渡航情報には目を通しておく

英語ができるできないに限らず、外務省の海外安全ホームページは必ず渡航前に目を通しておきましょう。

世界情勢は刻々と変化しているので、突然日本人が入国できなくなったり、テロ警戒が強まったりすることもあります。

日本人旅行者が巻き込まれた事件事例なんかも紹介されているので、危機管理のために読んでおくといいです。

 

当たり前ですけど、危険度の高い国・都市には行かないようにしましょうね…。

黄色(レベル1)ならまだしも、オレンジ(レベル2)以上は、一般の旅行者が訪れる場所じゃないです。

まして英語が話せない状態でトラブルに巻き込まれると、パニックになります。

③計画組みや予約を済ませておく

目的やプランを決めずにふらふら放浪するのも楽しいですけど、英語が苦手となるとイレギュラーへの対応が難しくなります。

なので、入国・出国前に、宿泊地や移動方法・チケットの購入など、予約や見通しをしっかり立てておいた方がいいです。

僕は海外経験が無かった頃に、宿を決めずに深夜の台湾に入国して、危うく野宿しかけました(日本人に見つけてどうにかなった)。

スポンサーリンク

英語を勉強すると旅の幅が広がる

今の時代、英語が話せなくとも、旅をすることは簡単です。

しかし同時に、英語が話せることで旅の幅が一気に広がることも事実ですね。

  • 旅先で知り合った外国人・現地の人と遊びにいける
  • マニアックなスポットもためらいなく巡れる
  • 運命的な恋に落ちたり落ちなかったり
  • トラブルに遭いにくい

僕は旅の途中に語学留学を何度かしているんですけど、語学を学ぶたびに、旅が楽しくなる感覚があります。

なんだかんだで、人と出会っておしゃべりするのが、旅の醍醐味ですからね。

 

最後に、旅行のための英語力を短期間で身につける方法を2つ紹介しますね。

①フィリピン留学

僕は2017年5月〜6月にかけて、フィリピンのセブ島に語学留学をしていました。

サウスピークという日本人専用の厳しめな学校に通いまして、毎日英語の夢を見るレベルで自分を追い込みましたね…。

サウスピーク日本語禁止校が画期的すぎた【1ヶ月でTOEIC130点増】

2017.06.03

 

結果的に、スムーズに旅行できる英会話力が身について、ついでにTOEICが150点上がりました。やったー。

ポジショントークなんですが、短期間で一気に英語を身につけるなら、セブ留学、中でもサウスピークが一番です。

元在校生限定の5,000円分の割引クーポンが発行できるので、もし興味あったら問い合わせページかTwitter(@okapo192)に連絡くれたら対応しまっす!

 

▼Gopro Award 2016を受賞し、ゴープロファミリーとして世界一周をした清澤一輝くんも、サウスピークで英語力を磨いてから旅を始めたそうです。

>>トラベルライターとして世界一周をした大学生kazukiさん

②オンライン英会話のトラベル英会話コース

わざわざ留学なんてする時間がないという場合は、オンライン英会話のトラベル英会話コースを活用するのがいいです。

僕は初めての海外旅行前の時期に、ネイティブキャンプ でトラベル英会話を勉強してました。

これでとりあえず海外旅行できるかな…って状態にはなりましたね。

 

▼ネイティブキャンプでは、旅行で使う簡単な英会話をシチュエーションごとに学べます。

スクリーンショット 2018 09 13 18 10 03

ネイティブキャンプのありがたいのは、回数無制限かつ、スマホアプリで英会話レッスンできちゃうことですね。

予定のない土日やちょっとした隙間時間で、一気に英会話を詰め込むことができます。

【回数無制限】オンライン英会話なら「NativeCamp」一択です【三社比較】

2017.03.17

 

▼レッスンの様子がこちら

まとめ

英語が話せなくとも、一人旅をすることは決して難しくありません。

実際、英語が苦手な日本人バックパッカーは結構見かけます(特にアジア圏には多い)。

 

しかし、語学が上達するほどに、海外旅行の楽しさも増えていきます。

個人的には、英語できるようになって、現地の子とデートできるのが最高です爆

 

そして、何よりも大事なのは、限られた時間を大切にすることですね。

英語が話せなくても海外行けるかな?一人旅できるかな?と考えるのが時間の無駄です。

今すぐ英語を勉強するなり、飛行機のチケット買っちゃえば、あとは動くしかないと思いませんか?

 

▼最後までありがとうございました。一人旅のお話を他にも書いてます。

海外一人旅バックパッカーにおすすめの国10選【治安良好で格安】

2018.06.06

一人旅は寂しいけど、心地良すぎて辞められない【孤独対策あり】

2018.09.12

一人旅はつまらない!? 旅の楽しみ方を15個紹介する【旅生活3年目】

2018.09.13

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!