世界一周の海外旅行保険は「クレカ付帯+ASSETS社」が格安で万全!

これから世界一周を考えているなら、必ず海外旅行保険に加入しましょう。

海外旅行の最中は、感染病やら事故やら持病の悪化やら、あらゆるリスクがあなたを纏います!

海外では数千万円の医療費を請求されることもありますから、必ず補償の手厚い保険に加入するべきです。

 

…とまぁ、こんな感じで旅の危険性を煽ってしまうと、

わっ、心配だ!1番良い旅行保険に入っておかないと!
1年で20万円か…。高いけど、入った方が良いんだから入っておこう!

ってなるんですけど、保険料の支払いで旅の資金がどんどん削られるのは、まさに保険会社の思うままです汗

 

僕は世界一周を含めて、海外を2年ほど放浪していますけど、海外旅行保険は基本的に無料で済んでます。

結果論ですけど、このスタイルで旅を続けてきて、特に問題が発生したことはないです。

 

世界一周前の海外旅行保険は必須です。そこに間違いはないです。

…が、高い保険料を払ってジリ貧になるのは違います。

自分に必要なだけの安心感を確保しつつ、お得に世界一周をする方法をシェアします。

スポンサーリンク

基本はクレジットカード付帯保険でOK

IMG 20181210 181452

はじめに、ズバリ世界一周中の海外旅行保険は、クレジットカード付帯のもので十分です。

僕は楽天プレミアムカードを使ってるんですが、海外旅行保険や空港ラウンジが使えるプライオリティパスももらえるのが海外旅行に重宝してます。

海外旅行保険に関しては、治療費が300万円・賠償費が3000万円・携帯品補償が50万円まで補償されるので、ぶっちゃけこれでほぼ十分です。

無料で作れる姉妹カードの楽天カードでも、治療費が200万円・賠償費が2000万円・携帯品補償が20万円まで補償されますよ!

海外旅行保険の補償で主に見るべきは、上記の通り、治療費・賠償費・携帯品補償の3点です。

死亡補償等が数千万円付いていても、死んでしまっては意味がないですよね(養うべき家族を国に残しているなら別ですが…)。

 

▼世界一周にオススメのクレジットカードはこちらの記事でまとめてます!

世界一周におすすめのクレジットカード5選【無料海外旅行保険あり】

2018.12.19

クレカ付帯の海外旅行保険の弱点

ただクレジットカードの海外旅行保険には、2つほど弱点があります。

  • ①高医療費国では補償額が足りない
  • ②保証期間が出国から3ヶ月まで

①については、特にアメリカが顕著で、数週間ほど入院すると、医療費を数千万円の請求をされる事例もあります。

海外での事故例・請求金額例を見ると(これはちょっと大げさだけど)、300万円オーバーが多いことがわかりますね…。

事故に遭ったり病気に遭う確率は、限りなくゼロに近いんですけど、まぁ事実としてあり得る話ではあります。

 

②について、確かにクレジットカードの保証期間は3ヶ月が多いんですが、複数枚のカードを持っていれば、期間を延長する裏技が使えます。

ようするに「リクルートカード」や「Booking.comカード 」など旅行中に海外旅行保険が起動するカードを旅に持っていけば良いんです。

上2つは年会費無料のカードでも使える方法なので、世界一周旅行者でも簡単に実践できますよ。

クレカの海外旅行保険を3ヶ月以上に延長する裏技【カード2枚紹介】

2018.06.11

日本の健康保険も使える(住民票がある場合)

Photo 1536746224781 ed906eee55b6 1

これはあまり知らない人も多いんですが、日本の国民健康保険は、海外での医療費に関しても適用できます。

健康保険には海外療養費という制度がありまして、海外旅行中の医療費を、日本で同じ治療を受けたと想定して、7割負担してもらえるんです。

一応、デメリットもあります。

  • 住民票を抜くと、健康保険それ自体が適用されない
  • 補償金は帰国後に受け取る(前払いの必要あり)
  • 申請書類を現地に持ち込む必要がある

住所を抜かずに世界一周に出かけるのであれば、旅行前に海外療養費に関する書類を市役所等で受け取るか、病院に行く前にウェブでダウンロードするといいです。

海外療養費制度は、クレジットカードの旅行保険と併用可能です。

例えば、医療費1,000万円の請求を受けた場合、海外療養費制度で7割(700万円)を負担してもらい、残りの300万円をクレジットカードの保険で補償してもらうことも可能です。

キャッシュレス対応が不可能なので、現地でポンっと700万円を前払いできるのか?は難しいんですけど、こんな方法もあることを頭の片隅に置いておくと良いです。

スポンサーリンク

抑えておきたいグローブパートナーの良さ

ってことで、クレジットカードの海外旅行保険と、日本の国民健康保険である程度はカバーできます。

…しかし問題は、アメリカをはじめ、医療費の高い先進国での滞在日数が多い方ですね。

 

これらの方は高医療費国に滞在する期間のみ、グローブパートナーに加入することをオススメします。

グローブパートナースクショ

グローブパートナーは、日本人経営のフランスにある保険代理店です。

特徴は以下の通りです。

  • ☆保険料が月3500円〜8000円と安い
  • ○治療・入院費が100%補償
  • ○出国後もオンライン加入可能
  • ○1日〜1年まで柔軟に契約可能
  • ○緊急時の日本語サポートあり
  • ○世界中の国をカバー
  • △死亡時補償等がない
  • △保険料請求の際、パリに領収書を郵送する必要あり
  • △キャッシュレス対応が入院時のみ
  • ×携帯品補償がない

こちら保険料が他社に比べて格段に安いんですが、治療・入院の補償が手厚く、出国した後に短期間でも加入できるんです。

その分、携帯品補償や死亡補償が無いんですが、この辺りはむしろクレジットカードの保険でも余裕ですね。

 

よって、欧米を巡る期間だけでも短期加入しておけば、えげつない医療費を請求されても対処できます。

オンライン完結で何度も再加入できますし、日本を出国した後でも契約できるのが嬉しいです!

 

▼僕も先日、予定よりも海外滞在期間が長くなってしまった際に、利用させていただきました。

海外旅行保険は出発後も、現地でオンライン加入する方法【2択提示】

2018.08.19

国内の海外旅行保険はあまりオススメしない!

日本国内にも、AIUやら損保ジャパンやら東京海上日動やら、大手海外旅行保険企業がたくさんあります。

…が、どこも保険料がべらぼうに高いですよね…。

確かに日本語対応もスムーズですし、保証の手厚さもピカイチです。

とはいえ、1ヶ月1.5万円〜2万円、1年の世界一周なら20万円ほど払う必要があると言われると、なかなか財布に痛すぎませんか?

 

僕はこの記事の通り、クレジットカードの旅行保険+国保を活用しつつ、欧米諸国に行く時だけグローブパートナーを追加契約してます。

これで何かあっても補償はしっかり受けられますし、保険料自体もかなり安く収めることができますね。

賢い旅人は闇雲に保険加入するのでなく、しっかり吟味して「旅」にお金をかけていきたいところです。

 

▼最後までありがとうございました。世界一周に関する記事を他にもたくさん書いてます!

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!