初めての海外旅行に「台湾」をおすすめしたい理由をまとめる【親日でお手軽!】

スポンサーリンク
宿を安くする方法

やっほう、海外デビューは22歳のテツヤマモト(@okapo192)です。

僕はこれまで世界バックパッカーとして33カ国を巡ってきました。

最近聞かれるのが「初めての海外に行くとしたらどこの国がいいですか?」という質問です。

これ、ずばり「台湾」です!

IMG 9975

というのも台湾旅行は、日本人にとってとにかく「ハードルが低い」んです。

今回はなぜ初めての海外旅行に台湾をオススメしたい理由をまとめます。

①治安が良い

台湾は日本に負けず劣らず治安の良い国です。

強いていうなら、路上生活者が日本より多いですけど、危ない目に会う事もなければ、緊張する場面もありません。

夜市の文化が盛んなこともあり、遅い時間になっても女性一人で歩いている風景も普通に見かけます。

 

▼世界の安全な都市ランキング2017で「台北」が第3位に選ばれています(東京は16位)。

参考:http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201704250003.aspx

②日本語表記が多い

台湾1日目 50

台湾は日本人観光客がとても多いので、街の至る所で日本語表記を見かけます。

観光地は日本語のサポートを受けられることも多いです。

飲食店に行った際にも、日本語メニューがありますし、そうでなくても漢字なので野菜か肉かはわかります笑

中国語や英語が苦手でも、ある程度不便なく旅できるのが台湾なんです。

③親日国である

台湾はとても親日の国です。

どこに行っても「日本人」と言うだけで、好意的に見てくれるので変に緊張する必要ないです。

日本に旅行経験がある人もとても多いので、日本人の性質について良く理解してくれてるみたいですね。

少し長めに滞在するのであれば、仲の良い友達もすぐにできますよ!

【人見知りOK】台湾で現地の異性と超簡単に出会う3つの方法【短期滞在可】

2018.05.11

台北デートで淡水へ!台湾女子と1日限りのロマンスを味わってきた。

2017.05.01

④ビザ無し入国ができる

IMG 4021

海外旅行をする際は「ビザ」と呼ばれる入国査証、ないし入国・出国税を徴収国が多くあります。

しかし、台湾と日本は無査証協定を結んでいるので、パスポートさえあれば簡単に入国できるんです!(90日以内の滞在に限り)

例えば、フィリピンは出国税を徴収されてしまいますし、バックパッカーに人気のインドはビザの取得が超めんどくさいです。

よく分からない手続きに不安になるくらいなら、ビザ申請の必要の無い国に渡航するのが一番です。

⑤物価が安い

台湾は日本よりも物価が安い国の1つです。

メントスは約65円、ペットボトルのコーラは約70円。イメージとしては日本の2〜30%引きの価格で物が売られているイメージです。

ホテルやレストランも安く感じることが多いので、少し贅沢をしても国内旅行よりお得感があるかもしれません。

⑥フライトが短時間

台湾は物理的に日本と距離が近いです。

東京からだとフライト時間はたったの4時間になります。

LCCも多く出ているので、往復1万円〜2万円でチケットを取れることも多く、気分でふらりと旅行することも可能なんです。

⑦時差が1時間しかない

台湾と日本の間には、時差が1時間しかありません。

ヨーロッパやアメリカまで飛んでしまうと、日本の朝が夜だったりするので、友人知人と連絡が取りづらく、不安になることもあるかも?

初海外ならば、距離的にも時差的にも、日本をある程度近くに感じていられる環境をおすすめします。

⑧食べ物が日本人に合う

IMG 9945 1

台湾の料理は日本人好みのものが多く、食生活に困ることはありません。

台湾でお腹を壊した…という人も聞いたことがないので、日本人に合わないということはないはずです。

僕はインドとキルギスで、食べ物が合わずに盛大にお腹を壊しました。あの時は辛かったなぁ。

レストランなり、夜市の屋台なり、美味しい台湾フードをたくさん食べてくださいね。

【写真あり】台北旅行で食べるべき、お手軽台湾グルメ20品

2016.11.12

⑨空港から中心部へのアクセスが良い

IMG 9995 1

初めて海外の地に降り立った時に、最初に困るのが空港から街中へのアクセスです。

台北では、2017年に桃園空港から台北駅への高速鉄道が開通しました。

日本のJRや地下鉄と同じ要領で、券売機でチケットを買えば、簡単に乗車して40分程度で台北中心部にたどり着けます。

流しのタクシーを捕まえるだとか、バスのxxx番を捕まえるだとか、途上国的なミッションが発生しないので楽です笑

⑩顔が似てる

同じアジアなので、台湾人の顔つきは日本人にとても似ています。

なので自分が台湾にいても、異物感を感じないというか、変に緊張する必要がないんですよね。

ヨーロッパやアメリカは当たり前のように西洋人だらけですし、うわーアジア人だぜー的な冷笑目線が少なくないです。

その点、台湾は現地に溶け込めるので、気を張る必要が全くありませんよ!

おまけ:お得に台湾を旅行する方法

最後におまけとして、お得に台湾に滞在する方法を共有します!

台湾での滞在先ホテルを利用する際には、予約サイトの「Booking.com」からの予約するとお得です。

なんと現在、宿泊料が2000円引きになるキャンペーンなんですね!

スクリーンショット 2018 05 12 23 51 19

キャンペーン中の今だけ、当ブログからの予約で使えるお得なクーポンです。

タダでさえ安い台湾旅行をさらにお得に旅しちゃってください!

 

【人見知りOK】台湾で現地の異性と超簡単に出会う3つの方法【短期滞在可】

2018.05.11

台湾旅行前に必要な準備、知っておきたい基礎知識まとめ

2016.11.14

【台湾】1人旅でも楽しい!台北周辺のおすすめ観光スポット10選

2016.11.13

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!