スペイン語求人に強い転職サイト・エージェント3選【年収1,000万可】

やっほう!スペイン語話者のテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「スペイン語求人に強い転職サイト・エージェント」をシェアします。

スペイン語力を活かして仕事したいけど、どの転職サイトを使えばいいかな?
だいたいの給料とか、必要なスペイン語資格も把握しておきたいな…

このあたり情報共有しますね。

 

スペイン語は現在需要がどんどん増えている、可能性に満ち溢れた言語です。

▼成長著しい中南米での日系企業や、国内でも観光関係で求人が増えていますね。

日本人がスペイン語を勉強するメリットと需要【第二外国語を強みに】

2018.08.02

 

僕は現在、スペイン語を仕事にするべく、猛烈に短期留学をしてスキルを高めている真っ最中です。

将来的に仕事に使いたくて、勉強しながらスペイン語求人を調べてるんですが、どうも情報が少なくて困ってるんですよね。

多分、この記事を見てくれてる方の中にも、似たような人が多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はスペイン語求人に強い転職サイト・エージェントを3つに絞って紹介します。

後半で、気になる給料やDELE等の資格面にも触れていきますので、参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

スペイン語求人に強い転職サイト・エージェント3選

Report 3183779 1280

結論からいうと、以下3社に登録しておくのが良さそうです。

  • DUDA:国内最大級の転職サイト。常時80〜100ほどの幅広いスペイン語求人あり。
  • リクナビNEXT:リクルート運営の国内最大級サイト。スペイン語関連企業からのアプローチ多数。
  • Switch.:求人数は多くないですが、Facebookで会員登録するだけで案件で届くのが魅力。

スペイン語求人は需要が増えているのは事実ですが、英語や中国に比べて、まだまだ母数が多くありません。

…しかし、同時にスペイン語人材が大変貴重なのも事実です。

大手サイトに登録しつつ、専門家からのスカウトを待ってみるのが正しい戦略かと思います。

注意点:必ずレジュメでスペイン語に触れる

求人を探す際の注意点として、サイト内で単に「スペイン語」で検索して、その中から転職先を探すことはお勧めしません!

…というのも、スペイン語求人は「今すぐ人材が必要!」というより、「世界にマーケットを広げたいな…」という潜在的需要が多いんですね。

ベターな方法は、プロフィールの職歴やスキルの欄に「スペイン語を活かした仕事がしたい!」と触れておくことです。

これを行うことで、求人募集に「スペイン語」と記載がない、多数のグローバル企業からスカウトが入ります。

DELE,スペイン語検定は必要なのか?

結論からいうと、スペイン語能力を証明する資格はあった方がいいです。

最低でもDELEならB1、スペイン語検定なら3級程度はあるといいですね。

  • DELE試験概要 >> 国際的にスキルを証明したい人向け
  • スペイン語検定 >>日系企業にスキルを証明したい人向け

ただ、資格がないと就職できないわけではありません。

本質は「役に立てる人材かどうか」なので、会話や海外経験でスキルを証明したり、学習の意思を示せれば問題ないかと。

実際に、僕の語学学校に通っていた方は資格なしに、メキシコの日系企業に転職を決めていました。

 

スペイン語資格を持っていないからといって、資格取得のために転職を遅らせるのは本末転倒です。

まずは転職活動に動き出して、本当に資格が必要なのか確認してからでも遅くないですね。

スペイン語の学習法は?

…とはいえ、明らかにスキルが足りないなら、スペイン語力の向上に全力を注ぎましょう。

国内ではスペイン語学習の選択肢が少なく、会話実践の機会も限られるので、短期語学留学をおすすめします。

 

僕はスペインとグアテマラで留学経験がありますが、短期集中で学習するならグアテマラ一択です。メリットは以下の通り。

  • 費用が安く済む
  • マンツーマンレッスンを受けられる
  • ホームステイができるので、毎日スペイン語漬けになれる

個人的には、スペインやメキシコに比べてアクティビティが少なく、つい遊んでしまうことがないのも利点です。

アクセスの悪さや首都グアテマラシティの治安の問題もあるので、この辺りはご自身の予算と相談ですね。

グアテマラのスペイン語留学がおすすめな理由【学校・都市選び解説】

2018.07.29

初心者がスペイン語を独学マスターするための3ステップ【最速3ヶ月】

2018.08.04

スポンサーリンク

スペイン語求人の給料相場は?

モチベーションに大いに関わる部分かと思いますので、スペイン語求人の給料相場を調べてみました。

今回はスペイン語求人が最も多く検索表示されました「DUDA」を参考にします。

 

まず単純に「スペイン語」のキーワードで求人を検索してみます。

スクリーンショット 2018 08 17 17 39 33

80件と表示されました(2018年8月17日時点)。

 

続いて、日本人の平均年収より高い「年収500万円以上」で絞って見ます。

スクリーンショット 2018 08 17 17 40 01

80件中69件の求人が当てはまりました。やはりスペイン語求人は給料がいいですね…。

 

続いて、「年収800万円以上」はどうでしょう?

スクリーンショット 2018 08 17 17 43 54

80件中24件とのこと…。全体の3割ほどは800万円を超える可能性があるようです。

 

最後に「年収1,000万円以上」も見ておきます。

スクリーンショット 2018 08 17 17 44 08

さすがに減ってしまいましにはが、それでも4件の求人がありました。

ちなみにこちらは上場企業のHIT○CHIや、CA○IOが入ってる感じです…。夢あるなぁ。

まずは行動するのが大事

昨今は変化の激しいグローバル社会です。

スペイン語需要の波に乗るなら、「まずは会社を辞めて…」とか「スペイン語力を磨いて…」と言っている暇はありません。

現に「中国が来る!」と噂されていたのも束の間、1番うま味がある時期はとっくに過ぎてしまいましたよね…。

アジアの優秀なワーカーも押し寄せていますし、いつまでも「スペイン語ができる日本人」の強みが保証されるわけでもないです。

 

スペイン語に限らず、より良い仕事は行動が早い人に回っていきます。

仕事しながら、勉強しながらの転職活動は大変ですが、まずは転職サイトに登録して、スカウトを待つだけなら負担は少ないはずです。

どのサイトも5分程度でエントリーできるので、この機会に行動に移してみましょう。

  • DUDA:国内最大級の転職サイト。常時80〜100ほどの幅広いスペイン語求人あり。
  • リクナビNEXT:リクルート運営の国内最大級サイト。スペイン語関連企業からのアプローチ多数。
  • Switch.:求人数は多くないですが、Facebookで会員登録するだけで案件で届くのが魅力。

 

【格安】バレンシアでスペイン語留学!1ヶ月の費用と成果をまとめる

2017.11.28

グアテマラのスペイン語留学がおすすめな理由【学校・都市選び解説】

2018.07.29

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!