【スペイン】マラガでのノマド生活・コワーキングが充実だった話

やっほう!ここまで36カ国で海外ノマドワークを実践してます、テツヤマモト(@okapo192)です。

今回は先日実践していたスペインのマラガでのノマド生活体験の情報をシェアします。

スペインでノマドしてみたいけど、どのあたりがおすすめでしょうか?
マラガのコワーキングいっぱいあるけど、どこを使うのが良いですか?

めちゃニッチな層向けになりますが、少なからず、気になってくれる人がいたら嬉しいなぁ。

 

そもそも僕がマラガに興味を持ったのは、ドイツ在住の日本人フリーランスwasabiさんの記事を読んだのがきっかけです。

…で、実際にノマド生活して見たわけですけど、結論、まぁまぁ良い快適に過ごせました。

ヨーロッパだけあって物価が高いのはしょうがないとして、コワーキングやら綺麗なビーチやら充実度は高そうですよ!

記事では、3軒巡ってきたコワーキングの情報を中心にシェアしていきあすね。

スポンサーリンク

マラガはノマドワークに適した街でした。

IMG 7195

マラガはスペイン南部アンダルシア州の中規模都市です。

人口は57万人ほどで、日本でいうと、兵庫県の姫路市と同じくらいでしょうか。

地中海に面した観光都市でして、ビーチ・港・駅・繁華街が、徒歩圏にコンパクトに集まっているのが特徴です。

気候面では、僕が訪ねた11月でも20度ほどありますし、デパートに市場に空港に、必要なインフラはなんでも揃ってる印象でした。

治安面でも、夜歩いでも問題は全くありませんでした。ただ、スペインは失業率が高いこともあり、ヨーロッパの中でもダントツでホームレスが多い気がします。

 

▼マラガの1番のポイントは、なんといってもビーチです!さすがに11月は海水浴はできませんでしたけど、それでも海がとっても綺麗で癒されました。

▼海沿いのオープンカフェで優雅にご飯やコーヒーを楽しむ姿が素敵でした。

マラガの物価はどんな感じ?

今回は短期滞在なので、ドミトリー型のホステルに宿泊していました。

選んだのは中心部にある「Chillinn' Hostel Malaga 」です(ここめっちゃ綺麗だったのでおすすめ)。

158129566

料金は1泊1,750円くらいで、スペインにしては良心的です。日本人旅行者も多かったですよ。

 

食事面では、レストランやカフェ・バーはいくらでもあるものの、外食すると日本よりそこそこ高いのが難点でした。

逆に、スーパーや市場で食料品を揃えて自炊すれば、日本よりもかなり安く収まります。

IMG 7152

…ってことで、短期滞在となるとコスパが悪いですが、数ヶ月の滞在を前提に、キッチンのある部屋を借りれば、とてもお得に過ごせますね。

僕が同じくスペインのバレンシアに住んだ経験とも照らし合わせて、概算、家賃・食費で5〜6万円ほどで暮らせそうです。

マラガにはノマドワーカーが多い?

マラガには、ヨーロッパを中心にノマドワーカーが集まっています。

前述の通り、コンパクトな街並み・綺麗なビーチ・暖かい気候など、ノマドワーカーが求める要素は揃っているんですね。

あと、空港が電車で10分ちょっとで行けるのが最高でした。これデカい。

 

ちなみに、コワーキングスペースは街中にゴロゴロ集まってます。

スクリーンショット 2018 11 09 16 27 21

Google Mapに登録されているスペースだけでも17箇所ありました。

こちらにスペイン人だけでなく、ヨーロッパ中のノマドフリーランスが集まってます。

マラガのコワーキングスペースを3箇所巡ってみた

今回は「coworker」というWEBサイトを利用して、マラガのコワーキングを無料トライアルしてみました。

滞在中に3箇所のコワーキングを巡りまして、結論、①のThe Living Roomスペースが良さそうです。

①デキるフリーランスが多そうな「The Living Room」

IMG 7128 1

個人的には、マラガにもう一度くるなら、ここと契約したいなと感じました。

The Living Roomはマラガに二軒展開するコワーキングで、アットホームかつインターナショナルな雰囲気が特徴的です。

 

特筆すべきは、加入者の8割が外国籍であること、それとWi-Fiが超爆速なことですかね。

何よりも直感的に「ここのメンバーの一員になりたいな」と感じました。

月額2.6万円かかるのが、ちょいキツイですが、デキるワーカーが多そうで刺激になります。

僕は1日無料体験で参加しただけでしたけど、ワーカーの皆さんがみんな話しかけて楽しかったです。

>>The Living Roomの公式ページはこちら

②作業関係がとても良い「Innovation Campus Malaga」

IMG 7139 1

Innovation Campus Malagaは、中心部から少し西に外れたコワーキングです。

こちらはフリーランス向けのデスクもありつつ、小規模企業のオフィスも構えられていますね。

 

特筆すべきは、細かいんですが、椅子と机がとても快適でした。これはデカい!

IMG 7144

デスクワークで腰がやられてる僕ですが、このフカフカの椅子とちょうど良い机は最高でした…。買いたい。

こちらも通常利用は月額2.6万円ほどです。早朝や深夜など、格安のプランも用意されているのでチェック!

>>Innovation Campus Malagaの公式サイトはこちら

③静かに淡々と作業するなら「Metropolitan Design Lab」

IMG 7157 1

Metropolitan Design Labは、マラガ市街のド真ん中、市場のすぐ近くのビルにあるコワーキングです。

イベントスペースとして盛り上がっているようで、僕が行った日も、難しそうな講義してました。

 

ただ個人的には、ちょっとこじんまりとしすぎてイマイチでした。

カフェみたいに若干の話し声や雑音があったほうが集中できるんですよね…。

…とはいえ、静かな空間で淡々と作業したい人には向いてるかもしれません。

料金は、今回紹介する中では格安の月額1.8万円ほどでした!

>>Metropolitan Design Labの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

ヨーロッパでノマドするならアリ!

結論、ヨーロッパでノマドするならマラガは良い選択肢ですよ。

特に南国気質の雰囲気が好きな人には、ヨーロッパの拠点としてマラガはありかなと感じました。

 

…ただ、コスパを重視するなら、どうしても東南アジア・中米・東欧の国には勝てないですね…。

僕個人としては、東南アジアや中米をメインとしつつ、たまーにマラガあたりを拠点に、ヨーロッパノマドを楽しむ未来を想像してます。

20代のうちにノマドワーカーとして成果を出して、マラガに拠点を作りたいです!

 

▼旅をしながら働く、僕のライフスタイルの秘密も無料公開してまっす!

僕が旅しながら稼ぐためにやってる仕事3つ【海外放浪2年目】

2018.06.24

海外ノマドとは?仕事内容や収入・なり方の総まとめ【2年継続中】

2018.07.31

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!