サウスピーク日本語禁止校が画期的すぎた【1ヶ月でTOEIC130点増】

やっほう!海外ノマドワーカーのテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「サウスピーク日本語禁止校に、英語留学した感想」を共有します。

セブ島には英語学校がいっぱいあるけど、どこに入学するのが良いですか!
ただ遊ぶだけじゃなくて、ちゃんと英語で成果出したいです!

この辺りの疑問に答えます。

 

結論から言うと、英語の学習成果にこだわるなら、セブ島の英語学校「サウスピーク」に通うのがベストです!

中でも、英語成果を強いられる日本語禁止校は、厳しい環境ですが、英語力がぐんぐん伸びますよ。

 

僕はセブ島に2回の英語留学経験があります。

一度目は韓国系学校、二度目は今回通った日系のサウスピーク「日本語禁止校」です。

ベタ褒めしてしまうと、サウスピークの方が2倍〜3倍は成果が出るかなと印象を受けましたね…。

 

はっきり言って、サウスピークは「海外の友達を作りたい!」とか「セブ島のリゾート生活を満喫したい!」って人には不向きです。

ただ、何としても短期間で英語力を高めたいと言う人には、これ以上ない環境が揃っているかと思います。

今回は僕が1ヶ月間、サウスピーク日本語校に通った感想をまとめていきます。

セブ島での英語留学先を決めるにあたり、リアルな情報を提供できれば嬉しいです。

記事末でも紹介しますが、当ブログの紹介でサウスピークに入学すると、入学費用が5,000円割引されます。

お得に留学したい方はテツヤマモトのTwitter(@okapo192)まで連絡をいただけたら、限定割引コードを共有できますよ。

スポンサーリンク

サウスピーク日本語禁止校とは?

f:id:omosiroxyz:20170603213559j:plain

サウスピークはフィリピン・セブにある語学学校です。

日本人専用の英語留学が可能で、宣伝文句は「3ヶ月の留学でTOEICが平均200点以上上がる」ですね。

校舎はセブに3つ。初級〜中級者向けのオリジナル校、中級〜上級者向けの日本語禁止校、学習環境重視のプレミアム校舎があります。

僕は日本語禁止校に1ヶ月通っていました。

英語学習の成果は?

まず、一番大事な学習成果について。

僕は留学中にTOEIC試験を受けなかったので成果を数値では示せません。

ただ、英語力の大幅な向上を実感しています!!

 

一番実感している変化は発音です。

サウスピークには、日本ではなかなかお目にかかれない発音専門の授業があります。

▼独自の発音テストを実施してくれまして、数値的に自分の英語発音の改善を理解できます。

 

発音が改善したおかげで、一気に会話が楽しくなりました。

リスニングができるようになるし、ネイティブっぽく話せてる気がして、調子に乗れます笑

ネイティブの子とお話するにも抵抗がなくなりましたね。

日本人は知らない!英語の発音基礎を学んで衝撃を受けている。

2017.05.20

アプリで知り合ったフィリピーナとデートしてみた。

2017.05.16

 

日本語禁止校舎ではフィリピン人の先生との授業はもちろん、ランチ中も部屋の中でも、常に英語です。日本人同士なのに英語です。

何をするにも英語で伝えないといけないので、そりゃ会話力伸びますよね。

追記:2017年8月

後日受けたTORICで一気に点数が上がりました…。

いやー数値での結果も出て嬉しい!

スポンサーリンク

2.生徒について

1ヶ月で成果を感じられた要因は、カリキュラムや講師の質もあるけど、共に学んだ生徒さんの影響が大きいです。

日本語禁止校には30〜40人の生徒が通っているんですが、誰もが英語学習に本気で向き合っていました。

入学前に「生徒の1日平均学習時間は10時間です!」と言われて、「流石に盛りすぎ」と思ってたけど、マジでみんな10時間やってました。

 

▼僕と同時期に通っていたRyodaiさんは、1日15時間勉強してました。バケモノでした。

参考:1日密着!たった1ヶ月でTOEIC660点から820点に上げたRyodaiさん、「ストイックに15時間勉強」の1日に迫る。

 

校舎の中では日本語が話せないこともあって、生徒の間にはピリッとした良い緊張感がありました。

みんな本気でTOEICの勉強してるので、テスト結果が返ってきた動画は感動ものです。

3.講師について

フィリピン留学は「安いけど、講師の質が低い!なまりが強い!」っていう噂がありますよね。

実際のところ、アメリカのネイティブに近い、滑らかなアメリカ英語でお話してくれますよ。

なまりのこと言い出したら、イギリスとアメリカとオーストラリアの英語は、それぞれなまっちゃうことになるのでキリがないです…。

 

フィリピン人の先生にとって、英語は日本人と同じ第二言語です。

だからこそ、英語のわかりにくい部分や、どのように学習するのがベストなのかを、マンツーマンで丁寧に教えてくれます。

この辺りはむしろ、ネイティブの先生より上手なんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

4.校舎環境について

勉強以外の部分。施設環境について生活面、学習環境面からレビューします。

①建物

まず、建物はそこそこ古めでした。

綺麗とは言えないけれど、屋内は日本人でも満足な清潔感を保ってます。

▼立地はこちら。セブの中心で、徒歩5分圏内にコンビニ、マック、カフェ、飲み屋、スーパー、両替所…なんでも揃ってました。

②お部屋

こちらがお部屋。僕は男3人部屋でした。

広々としてて、各々の学習机があります。

少し予算に余裕がある人は、個室を用意してもらったり、近隣のホテルから通うこともできるようです。

お部屋にはWiFiが届かないのが少し難点ですね…(勉強に集中できる笑)。

 

部屋のトイレとシャワーはこんな感じ。

シャワーはお湯は出るけど、水圧は弱め。トイレットペーパーは流せません。

僕は3人部屋なので問題ありませんでしたが、6人部屋の方々はトイレやシャワーの順番待ちが大変って言ってました。

③学習部屋

次に勉強の環境。勉強できるスペースは部屋以外にも何箇所かありまして、僕は6階のスペースがお気に入りでした。

▼6階の共用スペース。みんな音読しがち。

▼授業で使う小部屋は空いていれば使える!

勉強に集中できる環境は最高でした。

良くも悪くも近くで英文を音読している生徒さんの声が聞こえるので刺激になります。

 

一点、授業が6階で行われて、ダイニングが1階にあるのはわりと大変です…。

まぁおかげで勉強してばかりでも運動不足にはなりにくいのかもしれませんね笑

④食事

食事はフィリピン料理を日本人に合う味付けにして提供されます。

▼ダイニングスペース。勉強にも使えます。

▼ある日のランチ。バランス良さげ。

ご飯は「めちゃくちゃ美味い!」と言えませんが、バランスの良い食事が毎日提供されていました。

日本では見かけない料理もちょくちょく出てくるので、なんとなく海外留学感がありますね。

ご飯が合わない対策として、ふりかけを持参している生徒が多かったです。

5.休日のようす

月〜木曜日は朝から晩まで勉強。2日に1回は気晴らしでコンビニに行きましたけど、それ以外はずっと学校にこもってました。

だからこそ、金曜日に行われる卒業生とのお別れ会や土日の外出は楽しかったです。

 

▼お別れ会のようす。金曜日だけは日本語で飲み食い語りまくります。

f:id:omosiroxyz:20170603210807j:plain

▼音楽を学んでいる子供たちと遊んだり、スラム街を訪ねる事もできました。

▼リゾートを楽しみにオランゴ島にも!!

日本語禁止校の生徒さんはやたら勤勉なので、土日でも構わず勉強する人と外出する人は半分ずつです。

必死に勉強する中で、たまに遊ぶからこそ、思い切り仲良くなれる感じありますね。

スポンサーリンク

まとめ

繰り返しますが、「リゾート満喫したい!」「海外の友達したい!」「アバンチュールしたい!」って人には、サウスピークは向かないです。

本気で英語やってる人がいないので、遊びに来た感じだと一気に浮いてしまうと思います。

 

ただ、本気で英語をやりたい人にとっては、これ以上素晴らしい環境はないですね。

実際に僕もTOEICの点数が一気に上がりましたし、海外で働くにあたり支障のない会話力も身につきました。

「英語は話せて当たり前!」と言われますけど、実際は日本人でしっかりと英語が使える人はかなり少ないです。

サウスピークで短期集中で英語力を高めれば、そのあとの自分の人生にとって大きな大きな財産になりますよ。

 

入学に興味がある人がいましたら、このブログからの限定割引コードを共有できますので、下記お問合せフォームより連絡いただければと思います。

もし、Twitterアカウントをお持ちでしたら、テツヤマモト(@okapo192)へのDMでも受付可能です。

ただでさえリーズナブルなセブ留学ですが、さらに5,000円の割引を受けられるので、ぜひ活用するといいですよ!

英語力を独学で伸ばす!無理なく続けられる具体的な勉強方法まとめ

2017.06.05

最短で海外ノマドワーカーになる方法まとめ【仕事とスキル,節約術】

2018.06.21

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!