【Aidemy Premium Planの評判】AI未経験からの体験談を本音で書く

やっほう!Aidemy Premium Planを受講中のテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「Aidemy Premium Planの受講体験談」を記事でまとめます。

スクリーンショット 2019 04 05 10 57 41

結論、Aidemy Premium Planは受講の価値ありです。

AIや機械学習の分野は、今後数年間で最も需要が伸びるビジネス分野と言っても過言はありません。

それにカリキュラムにしても、技術サポートにしても、十分にAIエンジニアとして活躍できるレベルまで辿り着けそうです。

参考:人工知能(AI)技術戦略 - 内閣府

 

僕自身は、既にプログラミングを用いて、WEBサイト制作の仕事を行ってきたフリーランスです。

しかし、今後のキャリアを考える上で、若いうちに成長領域に飛び込もうと、未経験のAI・機械学習の勉強をしてます。

現在はAidemyでもう勉強を続けて、徐々に仕事で使えるレベルに近づくのを実感する日々です。

 

プログラミングスクール は、安くても数十万円の買い物になので、この記事が自分が受講するかどうかの判断材料になれば嬉しいです。

テツヤマモト
学習がひと段落したら就活も始める予定なので、実際に転職できるのか?の検証記事は別途書きますね!

スポンサーリンク

Aidemy Premium Planとは?

AIdemyは、株式会社Aidemyが提供する、AI/機械学習/Pythonの分野に特化したプログラミング学習サービスです。

通常プランとプレミアムプランに分かれているんですが、今回取り上げるのは僕が受講しているプレミアムプランになります。

2017年末にサービス開始ということで、まだまだ新しく、勢いのあるスクールですね!

テツヤマモト
簡単に言うと、Progateに近い感じで独学で学ぶのが通常プラン、メンターがついて学習・就活サポートを受けられるのがプレミアムプランです!趣味や教養としてAIを学ぶ場合は除いて、基本的にはプレミアムプランがオススメです。

 

▼CEOによるAidemy Premium Planの紹介動画です。若い社員が多く、フレッシュな雰囲気が伝わりますね!

Aidemy Premium Planの特徴

Aidemy Premium Planには以下のような特徴があります。

  • オンライン完結のスクール(地方在住でも受講可)
  • 一人一人に合わせたオーダーメイドカリキュラム
  • 環境構築不要で、未経験者でもすぐに受講可
  • 現役エンジニアによるコードレビュー転職・学習サポートあり(週2回)
  • [NEW] Retty社への選考パス(最終課題クリア)

AI系のプログラミングスクール は、他にもいくつかあるんですけど、オンライン完結でオーダーメイドカリキュラムを提供しているのはAidemyだけですね…。

僕も受講前にいくつかのスクールを比較したんですけど、自分のペースでガンガン勉強を進めたくて、Aidemyを選択しました。

AI・Python特化のプログラミングスクール4選【未経験から就職可】

2019年3月14日

 

▼Aidemyでは、Progateと同じように環境構築不要で、すぐに学習を始められるのも魅力の1つです!

スクリーンショット 2019 01 22 14 21 47

Aidemy Premium Planの受講生・転職実績

Aidemyの受講生は、どちらかというとプログラミング未経験より、別領域のエンジニアを経験していた方が多いようです。

プログラミング未経験であっても、企業のAI系部署に所属しているなんて人もいるみたいですね。

 

それでも僕のようなAI未経験からの転職成功実績もあるようで、「自分もできるかも!」と勇気が出てきますね!

テツヤマモト
特に「Rettyコース」は、Retty社への書類選考免除が可能なので、Aidemyからの転職者も今後どんどん現れそうです。

▼受講後、AI企業への転職を狙ってみたので、そこで感じたことはこちらの記事でまとめてます!

AI企業に文系未経験で中途入社は可能か?就活して検証してみた。

2019年5月22日

Aidemy Premium Planのメリット

では、ここから実際にAidemy Premium Planを受講して良かった点をまとめます。

受講者視点での意見になりますが、なるべく客観的に評価していきますね。

①現役エンジニアによるサポートはやはり助かる

プレミアムプランの一番の魅力は、現役エンジニアによるサポートにあります。

AIや機械学習の領域は、ネット上にエラーの対処方法や細かいライブラリの解説などが、まだまだ充実していません。

WEBエンジニアをやってるときはググればなんとかなったんですけど、AIや機械学習の分野は情報が乏しすぎてマジで無理ですね…。

 

その分、Aidemyのチャットサポートは助かります。

気になることがあれば、バンバンきいてるんですけど、1時間ほどで解答が返ってくるので嬉しい限りです(夜の時間のみ対応です!)。

スクリーンショット 2019 04 05 11 53 35

他にも、「こんなアプリ作れますかね?」とか「就活のためにどんなポートフォリオあればいいですかね?」と言った幅広い質問に対応してもらえます。

チャットだけでなく、週2回まで通話での対応してもらえるので、初心者でも挫折せずになんとか乗り越えられそうです。

テツヤマモト
断言しますけど、初心者がAIを独学しようとしたら、一瞬で詰みます。

②自分のペースでガンガン勉強できる

こちらは僕がAidemyを選んだ理由でもあるんですけど、Aidemyはオーダーメイドカリキュラムでガツガツ学習を進められます。

教室型のスクールだと、レベル感の違う同級生と同じペースで進めないといけないのが難点ですよね…。

 

僕はプログラミング経験が少しあるのと、毎日5時間は勉強に使えるので、とにかく自分のペースで進めたかったんです。

その点、オーダーメイドカリキュラムで飛び級しまくって勉強できるAidemyの環境は、自分にぴったりでした。

▼こちら僕の学習計画表です。平均5時間ぐらいガツガツと勉強進めてます。

スクリーンショット 2019 04 05 11 59 43

③幅広いジャンルの学習ができる

Aidemyは、AI分野を幅広く学習できます。

データ分析に特化していたり、アプリ制作に特化していたり、スクールも様々あるんですけど、最も網羅的にAIや機械学習を勉強できるのはAidemyです。

▼現在、通常プランだけで31コース(2019年4月時点)が用意されていますし、プレミアムプランはさらに実践的なコースが多数用意されていますよ。

 

僕は画像認識やら自然言語処理やらレコメンドやら…とにかく最初は色々触ってみて、今はデータ分析系が1番好きかなと感じてるところです。

色々なAI分野に触れた上で、AIを扱うどんなエンジニアになるのか?を考えられるのはAidemyの良いところですね。

スポンサーリンク

Aidemy Premium Planのデメリット

次にデメリットについて紹介します。

正直なところ、Aidemyはスタートアップ会社であることもあり、まだまだ荒削りな部分が多いと感じました。

不満が全くないわけではないので、こちらも正直に僕の意見をまとめていきます。

①就職・転職サポートが手薄

1番手痛いのは、肝心の就職・転職サポートが少し手薄であることです。

現役エンジニアにオンライン通話を通して就活相談はできるんですが、就職先の紹介はほぼ行なっていないのが現状ですね。

未経験からの転職実績もまだまだ少ないようで、僕みたいな完全未経験の行動案がはっきりと提案できない雰囲気を感じます汗

 

例えば、競合のAI系スクールでは、未経験からの転職を100%保証するところもあるので、この点は一歩出遅れているのかなと。

一生懸命勉強するのは良いものの、本当に就職できるのか?という不安と戦いながらの学習になりますね…。

とにかく転職に関しては、スクールに頼らず自分で動ける人向きと言えそうです。

テツヤマモト
最近できたRettyコースなんかは、Retty社への紹介が可能なようで、1つ期待できそうな気がしますね!

②教材の質が粗い

幅広い教材を用意してくれているのは嬉しいんですけど、ちょっと教材が粗い印象を受けました。

qiitaで「侍エンジニア塾とAidemyの杜撰さから学ぶべきこと」という記事が出てるんですけど、受講した身からしても否めないです。

…とはいえ「杜撰」は言いすぎで、誤字脱字が目立つとか、ファイルへのパスがズレてるとか、ライブラリのimportを忘れてるとかその程度です。

致命的なミスは無いので、まぁスタートアップならではの「粗さ」ってとこで、僕は許容範囲ですね…。

③孤独とモチベーションとの戦い

最後になりますが、Ai・機械学習のプログラミングは、はっきりいって難しいです。

AIdemyの教材は充実していますし、メンターサポートも付いてますけど、それなりの覚悟が無いと一瞬で挫折します。

 

特に、Aidemyはオンラインでの学習になるので、教室型よりもモチベーションの維持が難しいです。

周りにAIや機械学習を学んでる人なんて、そんなにいないはずですし、メンターの方も毎日声をかけてくれるわけでは無いです。

転職への不安もつきまとうので、しばらく孤独と戦う覚悟が必要かと感じました。

テツヤマモト
僕自身、エラーが解決できないときは、辞めてしまいたいとか普通に思いますね笑

Aidemy Premium Planの評判調査

僕の体験談以外にも、Twitterを中心に様々な意見を集めてみました。

 

まずはAidemy Premium Planを卒業し、成果物をQiitaに投稿していたTakaさん。

画像認識のプログラムを成果物と公開していて、ここまで出来れば仕事をこないていくことができそうですね!

AIの分野の中でも、画像認識は最も需要が高まってきている技術の1つです。

 

こちらもAidemy Premiumを受講した方の意見。

確かに、すぐに疑問点を聞いて解決できる講師の存在はとにかく大きいです。

繰り返しますけど、AIを独学でやろうとしたら一瞬で挫折します。

 

こちらもQiitaに成果物を投稿していた、かざまっちさん。

ディズニーキャラクターの画像認識・分類ってことで、こちらも成果物として十分なクオリティですね!

 

こちらはAIや機械学習分野のインフルエンサー?的な存在のマスクド・アナライズさんのツイート。

確かに安い買い物では無いんですけど、先輩に教わりながら受講を勧められるAidemy Premium Planはやはり学習に適しているようですね。

 

…とまぁ、全体的にポジティブな意見が多かったです。

それにしても成果物をしっかり残すところまで学び切れるのは、1つ大きなアピールポイントになりそう。

画像認識のプログラムでもなんでも、何か1つポートフォリオがあれば、就職・転職もスムーズですね。

テツヤマモト
僕はまだ受講期間が1ヶ月ほど残っているので、この期間でなんとか画像認識と、データ分析の成果物を作り上げます!

スポンサーリンク

Aidemy Premium Planの料金

最後にAidemy Premium Planの料金について触れておきます。

3ヶ月プラン 6ヶ月プラン
料金(税抜) 480,000円 780,000円
メンタリング回数 24回 48回

現在、3ヶ月・6ヶ月プランが設定されていますが、基本的には3ヶ月の短期集中で学習を進めるのがオススメです。

働きながらマイペースに続けたいなら6ヶ月プランもありですが、モチベーションの管理が大変なのと、さすがに途中で惰性になってしまうかと。

 

見て分かる通り、料金は安くはないです。

それでもAIや機械学習系のエンジニアは、今最も稼げる職業の1つなので、将来的な自己投資としては十分に価値があります。

徐々に経験を積めば、年収1,000万円は狙えますし、場合によっても数千万円なんてドリームも見えてきますよ!

テツヤマモト
アメリカで最も稼げる職業の1つが、AIを活用したデータサイエンティストです。この流れは確実に日本にもやってくるでしょうね!

結論:Aidemy Premiumは受講の価値あり

この記事の最終結論として、Aidemy Premiumは受講の価値があると感じました。

不満は多少ありますけど、国内のAIや機械学習人材の育成環境自体があまり整っていないので、ぐちぐち言っても仕方がないです。

それよりも数年後の将来性にかけて、今のうちにAIに挑戦すれば、1人の人材として有利なポジショニングに立てること間違いなしですね。

テツヤマモト
Aidemyには無料相談会があって、その場で自分にはどのコース・カリキュラムが合っているのか?どんなキャリア選択が可能か?を教えてくれるので、こちらだけでもやってみる価値はあるかと!無理な勧誘は無かったですよ〜

2019年6月追記

2019年3月・4月でAidemy Premiumを受講し、同6月にフリーランスから国内IT企業への転職を果たしました。

結果的に、直接的にAIエンジニアにはなりませんでしたが、Aidemyで学んだデータ分析を活かして、WEBマーケターとしてキャリアを前進させられた形です。

今でもPythonやAIを用いた自作のマーケティングツールなどを、仕事半分趣味半分で作ったりして遊んでいます!

 

▼AIエンジニアになるための勉強方法やその過程など、他の記事で解説してます。

AI・Python特化のプログラミングスクール4選【未経験から就職可】

2019年3月14日

PyQでPythonを50時間したけど、学習コスパ高すぎでした【評判良し】

2019年2月8日

ABOUT

旅好きWEBマーケター🌏 北大経済▶︎旅行誌編集▶︎フリーライター▶︎世界一周36ヶ国▶︎海外ノマド2年半(ブログとサイト制作) ▶︎旅行系IT企業でWEBマーケ担当 ■副業でブログ(最高月22万PV)とYouTubeとかやってる ■英語とスペイン語が少しできる ■オードリーのオールナイトニッポンのヘビーリスナー ■詳しいプロフィールはこちら