AI・Python特化のプログラミングスクール4選【未経験から就職可】

AI・Pythonに特化したプログラミングスクール ってどこがあるの?未経験でもエンジニアになれますか?

AIやPythonは、今最も将来性があると言われるプログラミング分野の1つです。

現時点で国内・国外共に、給料が最も高いエンジニアもこの分野ですし、2030年に30万人の人材不足が見込まれていますね…。

 

この記事を書いている僕自身(@okapo192)、そんな状況にチャンスを感じてAI・Pythonの勉強を始めることにしました。

WEB制作くらいは経験があるんですが、プログラミングほぼ未経験状態なので、まずは体系的に学べるスクールを探すことに…。

しかし、AI・Pythonは新しい分野なのもあって、情報が少なくて大変なんですよね。

 

現在はなんとかプログラミングスクールを選びまして、今回紹介するうちの1社にて猛烈に勉強を進めているところです。

ってことでこの記事では、僕がプログラミングスクールを探す過程や、タイプ別のおすすめスクールを紹介しますね!

テツヤマモト
AI・Python系のスクールは、探せば10社以上は国内にあると思います。ただ今回は僕がマジで入るか検討した4社に絞って紹介しますよ!

スポンサーリンク

AI・Python系のプログラミングスクールの選び方

AIやPython系のプログラミングスクールを選ぶ際には、以下の点に十分注意した方がいいです。

  • ①AI・Pythonに「特化」したスクールであるか?
  • ②未経験からの就職・転職の成功事例があるか?
  • 予算はいくらか?補助金が使えるか?

少し詳しく解説しますね。

①AI・Pythonに「特化」したスクールであるか?

大手のプログラミングスクールでもAIやPython系のコースを用意していることは多いんですが、こちらはあまりおすすめしません…。

ただでさえAI・Pythonを扱うエンジニアは、国内の人口が少ないですし、就職・転職の受け皿も整っていないのが現状です。

しっかり現役エンジニアを雇っていたり、充実した就職・転職サポートを受けるためにも、特化型のスクールを選ぶ方がいいですよ。

テツヤマモト
趣味や教養として学びたいなら、オンライン完結の大手の格安講座を受けてもいいかもですね…

②未経験からの就職・転職の成功事例があるか?

各スクールの公式ページをじっくり読んだり、無料体験・無料カウンセリングなどで、就職・転職の成功事例は必ず尋ねましょう。

就職・転職の成功事例と一言で言っても、エンジニア未経験、元々PythonエンジニアからAIエンジニアなど、パターンは多々あります。

安い買い物ではないですし、自分に似たような状況から、しっかり成果が出している人がいるのか確認が必要ですね。

テツヤマモト
僕自身、PythonやAIは完全未経験。無料面談では、未経験からの事例を事細かに確認していましたね…。

③予算はいくらか?補助金が使えるか?

予算も忘れちゃいけないですね…。

AIやPythonの分野は、まだまだ新興市場ということもあり、他のスクールに比べてなかなか受講料が高いです。

この記事で取り上げるスクールも、10万円〜70万円とピンキリなので、この辺りは予算と相談して吟味してみてください。

 

ちなみに、スクールによっては厚労省の給付金が最大56万円受け取れます。

高めの料金を見て諦める前に、給付金が適用できるか確認するといいですよ!

厚労省の給付金制度は、ハローワークの教育訓練給付金のページを確認してください。

AI系のプログラミングスクール は、専門実践教育訓練給付金に指定されていることが多く、最大で56万円/年の給付が受けられます。

雇用保険の適用年数などの条件もありますが、知っておけばかなりお得になる制度です。

テツヤマモト
国がAI人材を育てることに給付金を出してる事実。これはAIエンジニアの将来性が約束されているようなものでは?

AI・Pythonに特化したプログラミングスクール4選

では、AI・Python特化のプログラミングスクールを4社に絞って紹介します。

僕自身がAIエンジニアを目指してスクールを探していたので、これらはめちゃくちゃ気合い入れて情報収集した結果です。

これらのスクールであれば、未経験からでもAIエンジニアとして就職可能と自信を持ってオススメできますよ!

①Aidemy:オンライン+オーダーメイド

D0y5lnoVsAAPS97

Aidemyは、2017年から受講開始したとても新しいプログラミングスクール です。

ホリエモンチャンネルにCEOが出演したりと、今最も勢いのあるAI特化スクール といって過言は無さそうですね。

結論、僕は今回紹介するスクールの中から、最終的にAidemyの受講を決めました。

Aidemyのメリット

  • オンラインで学習を進められる
  • オーダーメイドカリキュラムを作ってもらえる
  • 予算が手頃

Aidemyを選択した決め手となったのは、「オンライン+オーダーメイドカリキュラム」を採用している点です。

僕は学習時間が大量に確保できることもあって(1日5〜7時間)、自分のペースでガンガン進められるスクールが選びたかったんですよね…。

 

価格は2ヶ月プランで30万円ほど。今回紹介するスクールの中では、まぁ手頃な方です(お財布痛いけど)。

AIエンジニアは高給狙えるので、将来の自分に投資ですね…。

Aidemyのデメリット

  • モチベーションが保ちにくい
  • 就職・転職先の紹介制度はない
  • 厚労省の給付金が使えない

デメリットとしては、モチベーションを保つのが難しい点かなと感じました。

教室型のスクールとは違って、一緒に学ぶ生徒はいないですし、講師の方と直接会うことができません。

スカイプでお話しはできるんですけど、学習自体はなかなか孤独との戦いになるイメージですね…。

 

就職・転職に関しても、現役エンジニアからアドバイスをもらえるのはありがたいんですが、斡旋や紹介は行なっていません。

スクールに依存せずに、自力でなんとか就職・転職活動をやっていける人向きですね。

Aidemyはこんな人にオススメ!

Aidemyは「自分のペースでガンガン学びたい!」と、モチベーションに溢れている人には最も推します。

逆に、就職・転職や、リアルの学習サポートを求めたい人には向かないかな…。

無料カウンセリングも受けられるので、実際の就職・転職事例だけでも聞いてみると良いかもしれません。

テツヤマモト
Aidemyは若いエンジニアが多いですし、無理な勧誘もなかったので、とても好感を持ちました!

 

▼Aidemy Premium Planについては個別でレビュー記事も仕上げました!

【Aidemy Premium Planの評判】AI未経験からの体験談を本音で書く

2019年4月5日

②AIジョブカレ:就職・転職紹介が充実

スクリーンショット 2019 03 14 15 18 34

AI ジョブカレは、就職・転職サポートがものすごく充実したAI特化スクールです。

現状、月2人のペースでAiエンジニアを輩出している、実績No.1スクールと言えそうです。

テツヤマモト
AIジョブカレは、前述のAidemyと最後まで悩みましたね…

AIジョブカレのメリット

  • 就職・転職サポートが圧倒的
  • コスパが最高(受講料が0円になる場合あり)
  • 厚労省の給付金認定スクール

AIジョブカレの最大のメリットは、就職・転職サポートが圧倒的に手厚いことです。

条件付きですが、転職100%保証のAIジョブカレ PROプランも用意されていまして、これはもう確実にAIエンジニアになれるんですね…。

しかもAIジョブカレからの紹介で転職成功だと、受講料が0円という…笑

おいしすぎる気もしますけど、国からも認められている信頼性の高いスクールですよ!

AIジョブカレのデメリット

  • 教室型なので地方在住者にはツラい
  • 受講者に条件が設けられている

デメリットは、教室型のスクールなので、基本的に東京在住者ではないと受講が難しい点です。

一応、ビデオ受講も可能なんですが、人脈やモチベーションなど、教室型のメリットが消えるのはあまりオススメしません…。

また、転職が100%保障となるPROプランの場合、プログラミング経験1年以上、35歳以下、半年以内の転職意思といった制限がかかってしまいます。

AIジョブカレはこんな人にオススメ

AIジョブカレは「AIエンジニアに確実になりたい!」という人には、最もオススメしたいですね。

何といっても、転職100%保証と、受講料免除の制度がありますので…。

テツヤマモト
AIジョブカレは無料面談の際に、実際の転職紹介可能な企業を教えてもらえますよ!

③DIVE INTO CODE:未経験就職の実績豊富

Ogp dicのコピー

DIVE INTO CODEは、実務に特化したAI学習に強いプログラミングスクールです。

4ヶ月・600時間以上かけて学べるスクールなので、食らいつけば必ず即戦力になれること間違いなしでしょう。

DIVE INTO CODEのメリット

  • 実務を想定した即戦力カリキュラム
  • 専属アドバイザーによる就職サポート
  • 厚労省の給付金認定スクール

DIVE INTO CODEの最大のメリットは、実務を想定した即戦力を目指せるカリキュラムにあります。

600時間以上かけて学ぶことが前提となっていたり、コース後半では実務形式のプロジェクトを進めたりと、なかなか歯ごたえがありそうです…。

受講生の中から、データ分析コンペで有名なKaggleの入賞者を輩出しているのも印象的でした。

就職サポート・実績も充実しているようで、特に34歳プログラミング未経験からAIエンジニアになった高橋さんの成功体験には勇気をもらえました。

テツヤマモト
未経験でもAIエンジニアになるリアルな体験談があると、かなり勇気が出てきますね…

DIVE INTO CODEのデメリット

  • 費用が100万円と激高い…(給付金は使える)
  • 教室型なので地方在住者にはツラい

なかなかストイックで環境も良さそうなんですが、とにかく高いのが傷ですね…。

4ヶ月の機械学習コースは入学金・授業料合わせて、約100万円かかります。

厚労省の給付金を適用できるんですが、それでも50万円以上は負担する必要がありそうです。

テツヤマモト
教室型で地方在住者には辛いのもあって、僕の候補からは残念ながら外してしまいました…

DIVE INTO CODEはこんな人にオススメ

DIVE INTO CODEは「厳しい環境に身を置いて即戦力を目指したい!」という人にオススメですね。

長めに設定されたコース期間内でみっちり学べる人なら、未経験からでも確実に即戦力になれます。

テツヤマモト
DIVE INTO CODEは無料カウンセリングはもちろん、無料体験授業も用意されているので、受講前に必ず出席してみることをお勧めします!

③データミックス:データサイエンティストに特化

Datamix ogpのコピー

データミックスは、AIやPythonを扱う職種の中でも、データサイエンティストに特化したプログラミングスクールです。

上記スクールに比べて、プログラミングスキルだけでなく、ビジネススキルを包括的に学べるのが特徴的ですね。

データミックスのメリット

  • データサイエンティストに特化
  • 少人数で議論して成長できる環境
  • 厚労省の給付金認定スクール

データミックスの最大のメリットは、データサイエンティスト育成に特化していることです。

AIやPythonを扱う仕事といっても、AIアプリ系のエンジニアと、ビジネス系のデータサイエンティストに大きく分かれてきます。

後者を目指すのであれば、実務に近い形で議論を進めながら学習に取り組める、データミックスは強みがありますね。

テツヤマモト
データサイエンティストは、21世紀における最もセクシーな職業として、アメリカで今最も稼げる職種の1つですね!

データミックスのデメリット

  • 費用が70万円と高い…。(給付金を使うことは可能)
  • 教室型なので地方在住者にはツラい
  • 関連分野の経験者向け

データミックスのデメリットは、③のDIVE INTO CODEと同じく、受講料の高さと地方在住者には辛いことが挙げられます。

厚労省の給付金は適用できるので、条件をクリアすれば、自己負担金は20万円ほどまで減らすこともできそうですが。

 

もう一点、データミックスの受講生は、ビジネスコンサルやデータ分析等の職種についている人が多いようです。

完全未経験というよりは、AIやPythonを使って、自分のキャリアを引き伸ばしたい…という人向けでしょうか。

「受講生の声」の欄を見ても、全員が何かしらの関連領域に勤めている方ですね…。

スクリーンショット 2019 03 14 11 58 16

データミックスはこんな人にオススメ

データミックスは「既に関連職種に就いていて、AIでキャリアを一気に加速したい!」という人にオススメです。

データサイエンティストを目指すのであれば、国内唯一の環境が揃っているのではないでしょうか。

テツヤマモト
データミックスは、都内で無料説明会が開かれているので、こちら参加してみることから始めると良いかと!

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介したAI・Pythonに特化したプログラミングスクール をまとめます。

スクール名 特徴 料金(概算)
Aidemy ■オンライン受講に強い
■オーダーメイドカリキュラム
30万円
(2ヶ月プラン)
AI ジョブカレ ■就職100%保障プランあり
■AIジョブカレ紹介の転職で受講料0円
10万円
(給付金最大約7万円)
(転職成功で0円)
DIVE INTO CODE ■実務に特化したカリキュラム
■完全未経験からの就職実績多数
100万円
(給付金最大56万円)
データミックス ■データサイエンティスト育成に特化
■関連分野の経験者向け
70万円
(給付金最大約49万円)

こちら4社検討しまして、自分が完全未経験であることや、学習時間を多く使えることを考慮して、Aidemyを選択しました。

この辺りは自分の状況を照らし合わせることが必要ですが、上記4社から選べば間違いは無いでしょう。

 

ご存知の通り、国内ではAI系ビジネスの分野で、人生育成・ビジネス活用ともに海外に大きく出遅れています。

2030年には30万人の人材が不足するとも言われていて、AIや機械学習分野の将来性は言うまでもないでしょう。

 

なんだか難しそうで、取っ付きにくそうなイメージのあるAIや機械学習ですが、だからこそチャンスがあるのも事実。

以降10年、何か新しいことに挑戦したいのであれば、AIを選択することに間違いは無いですよ。

テツヤマモト
…と僕自身、マジで信じてるので未経験からAIエンジニアを目指すことにしました。

 

▼最後までありがとうございました。プログラミングで稼ぐノウハウをまとめてます。

AIエンジニアに未経験で転職する方法を徹底調査した【結論:可能】

2019年2月13日

PyQでPythonを50時間したけど、学習コスパ高すぎでした【評判良し】

2019年2月8日

Pythonの初心者向け学習サイト5つと、0からの勉強プラン【無料あり】

2019年1月22日

ABOUT

旅好きWEBマーケター🌏 北大経済▶︎旅行誌編集▶︎フリーライター▶︎世界一周36ヶ国▶︎海外ノマド2年半(ブログとサイト制作) ▶︎旅行系IT企業でWEBマーケ担当 ■副業でブログ(最高月22万PV)とYouTubeとかやってる ■英語とスペイン語が少しできる ■オードリーのオールナイトニッポンのヘビーリスナー ■詳しいプロフィールはこちら