【メキシコ】プエルトバジャルタのコワーキングが優雅なり【リゾートノマド】

スポンサーリンク
宿を安くする方法

やっほう!おもしろハンターのテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「メキシコのコワーキングスペース事情」を共有します。

 

突然ですが、日本人にとってのメキシコって、

麻薬とかギャングとか治安めちゃくちゃ悪そう…

みたいなイメージが大きいですよね。僕も初めてメキシコに来る前はそうでした。

 

でも、実際来てみると、ここは天国です。

暖かいし、人は陽気で楽しいし、物価も安い。ノマドワーカーに必要な環境が揃い踏みです。

僕が滞在しているプエルトバジャルタは、観光リゾートで治安も抜群。東南アジアのリゾートよりも安全な気がするなぁ。

 

さて、今回は僕が滞在中の作業場として使っている、コワーキングスペース「Vallarta CoWork」を紹介します。

リゾートノマドってどんな生活なのか、ぜひ参考にしてみてください。

メキシコ・プエルトバジャルタとは?

肝心のコワーキングスペース紹介の前に、まずはプエルトバジャルタについて紹介します。

プエルトバジャルタは、メキシコの西海岸に位置する観光リゾートです。

メキシコの有名リゾート「カンクン」と比べると、田舎のリゾートって感じになります。

北米やメキシコ国内からの観光客が多くて、アジア人も全くいません(入国から10日ほどで、アジア人を一人も見かけてない)。

 

写真で簡単に様子を紹介します。

▼海外沿いのメインの通り。ナイトクラブやレストランやお土産やさんがずらり。毎日賑わってます。

DSC 0071

▼海外沿いがズラーっとビーチになって、泳いだりサーフィンしてる人がたくさん。

DSC 0070

▼メキシコと言えばタコス。美味しすぎて毎日食べてます笑。4つで250円くらい。

IMG 4945

▼メキシコお姉さん。美人で陽気で暑いから露出度高め。そりゃ苦手なお酒も飲んじゃいますね。

IMG 4998

ちなみに1つ理解していただきたいのが、僕は富豪じゃなくて、月収20万〜30万程度の24歳の零細フリーランスってことです。

物価が猛烈に安いので、リゾートに1ヶ月滞在することも実現しちゃうんですね。

メキシコ・プエルトバジャルタのコワーキングの様子

プエルトバジャルタには北米のノマドワーカーが集まっていて、コワーキングスペースがいくつかあります。

僕は中心地区の「VallartaCoWork」と契約しまして、滞在中は毎日ここで作業してます。

 

ざっとVallarta CoWorkの様子を紹介しますね。

▼外観です。2階がコワーキングになってます。

IMG 4969

▼内観です。ソファー席、テーブル席、個人ブースなどがあります。

DSC 0196

▼大きい窓があって開放感抜群です。目の前にビーチがあります。

DSC 0194

▼通話用の個室ブースです。防音対策がバッチリ。

DSC 0197

▼テラスも自由に使えまして、時には外で風を感じながら作業もできます。ハンモックもあります。

DSC 0191

▼キッチン周りです。ランチをここで作って食べてる人もいますね。水・お湯とコーヒーは無料です。

DSC 0198

▼ペットの連れ込みが自由になっているので、利用者の方が小さい犬を連れて来てます。作業してたらちょいちょい足舐められます。

DSC 0150

▼ランチは海岸通りのレストランへ。波の音を感じながら、テラスランチ。優雅です。

DSC 0148

VallartaWorkの諸情報

ノマドワーカー向けの諸情報です。

作業環境について

WiFiは良好。プエルトバジャルタのWiFiは、コワーキングスペースに限らずどこも早いですね。

スクリーンショット 2018 06 03 14 40 40 1

電源は各席についています。メキシコのコンセントは日本と同じタイプです。

それと忘れちゃいけないエアコンもしっかり完備!エアコンないと暑くてやってらんないですからね。

 

利用者は北米のフリーランスだらけ。

挨拶程度で特にコミュニケーションするでもなく、淡々と仕事してます。

19時くらいには皆さん帰りますけど、僕は22時くらいまで一人で作業してます。

料金について

料金(税抜)は以下のようになってます。

  • 1day:220ペソ→約1250円
  • 1week:900ペソ→約5150円(1日あたり736円)
  • 15days:1800ペソ→約10300円(1日あたり 687円)
  • 1month:2200ペソ→約12500円(1日あたり400円)

マンスリープランから一気にお得になるので、僕はマンスリーで契約しました。

各プランに契約すると、建物の鍵(アプリ)が提供されるので、365日24時間スペースを利用できます。

契約の流れ

VallartaWorkの利用にあたっては、まずは公式HPから1日無料体験を申し込むと良いです。

1日無料で使って見て、気に入ったら各プランに正式にフォームより申し込み、公式HPよりPaypalで支払いしましょう。

スペースを訪れたら、スペイン語と英語が話せるスタッフが対応してくれます。

メキシコのリゾートノマド楽しいよ!

メキシコは日本から地理的にも遠く、危険なイメージもあります。

さらにはスペイン語の国なので、コミュニケーションで難しい面もあるかもしません。

 

ただ、暖かい気候!安い生活費!病み付きタコス!明るい人柄!などなど、ものすごく解放的で楽しい環境があるのも事実です。

日本人ノマドワーカーには、タイやドイツが人気な気がしますけど、ぜひメキシコも検討してみてください。

一回来てみると、病み付きになってなかなか帰りたくなくなりますよ。

バリ島中心部のコワーキング「Legian」を使い倒した感想をまとめる

2018.02.16

【2018年版】台北のコワーキングを5箇所巡ったので、おすすめ順に紹介する【内観,料金あり】

2018.05.09

【利用料無料】ソウル・シンチョンのコワーキング「Rehobth」に行ってきた!

2018.05.16

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!