メキシコの物価や生活費って?? リゾートに1ヶ月滞在して調べてみた。

スポンサーリンク
宿を安くする方法

やっほう!メキシコ滞在中のテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「メキシコの1ヶ月の滞在にかかる生活費」を共有します。

メキシコは物価が安いって聞いたけど、それって本当なの?
1ヶ月くらいリゾートでのんびりしたいけど、どのくらいで生活できますか?

この辺りの疑問に答えていきます!

 

僕は2018年5月〜6月にかけて、1ヶ月間、メキシコのプエルトバジャルタに滞在しました。

日本人には知名度が少ないですが、北米からの旅行者を中心に、じわじわと人気を高めているビーチリゾートです。

DSC 0276

ズバリ今月の生活費でかかったのは、66000円です。

仕事の関係でお高めな宿やレストランにも行ったので、実際は5万円以下の滞在も可能かと思われます!

海外のリゾート都市に、月5万円で生活できるって、なんだか夢がありませんか?

 

今回の記事では、1ヶ月の滞在中にかかった生活費やメキシコの物価感を共有していきます。

日本から離れたメキシコですが、いかに滞在のハードルが低いかを体感していただけると嬉しいです。

記事の中で登場するメキシコペソの日本円換算は、2018年6月平均の1ペソ=5.5円で計算します。

メキシコでの滞在費は?

メキシコ・プエルトバジャルタでは、主にドミトリーのゲストハウスで生活していました。

リゾートと言いつつも、街の中心部に若者向けの格安宿がたくさんあります。

スクリーンショット 2018 06 25 15 08 44

▼どのホステルも立地が最高です。ダウンタウンの中心部にありつつ、屋上からオーシャンビューを独り占めですね。

DSC 0552

僕が一番長く滞在(12泊)したHostal Centralは、1泊220ペソ(1210円)でした。月36300円ですね。

光熱費WIFIが込みなので、日本で家を借りるより格段に安いです。

 

しかし、海外で1ヶ月以上の中長期滞在をする際には、さらに宿泊費を安くする裏技があります。

Airbnbの月割(28泊以上で適用)を利用するんですね。

▼プエルトバジャルタのスーパーホスト宿で、個室を月21,635円で利用可能な民泊先を見つけました。55%の月割引が効きます。

スクリーンショット 2018 06 25 14 39 36

立地が住宅街になってしまうものの、価格重視なら、月21,635円で滞在可能ですね。

プエルトバジャルタでの食費は?

食費は毎日外食しても25000円程度あれば、十分に過ごせそうです。

メキシコで生活するならば、美味しいメキシコ料理を食べるのが一番です!

日本人にとっての米的存在のタコスは、1つ12〜16ペソ(66〜88円)で食べられます。

 

▼滞在中に食べた地元民が行列を作るタコスやさん。1つ14ペソ(77円)でこのボリュームです。

▼おしゃれなレストランで食べると、チップを含めて160ペソ(880円)ほどですね。

 

ちなみにお馴染みチェーン店の物価感はこんな感じでした。

  • マックのビックマック:48ペソ(264円)
  • バーガーキングのワッパーセット:61ペソ(336円)
  • サブウェイの照り焼きサンド:59ペソ(325円)

プエルトバジャルタは、観光客向けのお高めなレストランが多いので、困ったらチェーン店入ってれば、安くお腹いっぱいになります笑

 

滞在中は、主に朝にゲストハウスのパンケーキ(無料)、昼にタコス(300円)、夜は週5でチェーン店(300円)に週2でレストラン(800円)って感じです。

大まかに計算すると、朝(0*30)+昼(300*30)+夜(300*22+800*8)=22000円ですね。

おやつや飲み物を含めても、25000円あれば十分です。

先日現地で生活している日本人の方にお会いしましたが、自炊すると月1万円もかからないそうです。

メキシコのスーパーで食料品を買うと、日本価格の半額〜7割程度に感じるほど、べらぼうに安いです。

その他かかった費用

娯楽

息抜きしたいときは、ビーチのバーでカクテル飲んだり、カフェで本読んだりしてましたね。

DSC 0292

ビーチのバーはカクテル1杯100ペソ(550円)、スタバの本日のコーヒー(トール)は33ペソ(182円)でした。

それぞれ週に1回ずつ行ったとして、(550+182)*4=2928円です。

 

▼お酒好きな人はスーパーでビール買うといいです。コロナビールが1本あたり60円くらいで売られてます爆

IMG 4966

生活用品

洗濯はランドリーに行って、3キロまで50ペソ(275円)でした。

週に1回洗濯をしに行って1100円ですね。

あとはシャンプー30ペソ(165円)で買いました。それくらいかなぁ。

交通費

プエルトバジャルタは、小さな町で魅力も徒歩圏内に詰まっているので、交通費は特にかかりませんでした。

空港から市内へは、バスで100円ほど、Uberで500円くらいです。

まとめ

以上ざっくりまとめますと、

  • 滞在費:36000円
  • 食費:25000円
  • その他:5000円
  • 合計:66000円

これくらいあれば優雅に過ごせましたよ!

 

節約モードで行くとするならば、

  • 滞在費(Airbnb月割活用):22000円
  • 食費(自炊活用):15000円
  • その他:5000円
  • 合計:42000円

このくらいでも滞在可能かと思います。

 

遠く離れた海外リゾートで1ヶ月暮らすって、どうも現実味が沸かないかもしれません。

しかし、実際に数字で見てみるとどうでしょう。

意外と手が届きそうじゃないですか?笑

 

日本のパスポートを持っていれば、ビザの申請なしに6ヶ月以内のメキシコ滞在が可能です。

プエルトバジャルタでのんびり過ごす時間は、とても優雅で極楽ですよ!

【メキシコ】プエルトバジャルタのコワーキングが優雅なり【リゾートノマド】

2018.06.05

最短で海外ノマドワーカーになる方法まとめ【仕事の種類と節約術】

2018.06.21

【治安良好】海外一人旅におすすめの国10選【全部自分で行った】

2018.06.06

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!