日本に似てるぞ!キルギスに滞在した感想まとめ #ノマド記録

スポンサーリンク
宿を安くする方法

ズドラーストビッチェ!テツヤマモトです。

僕は今、カザフスタンに来ています。8月15日〜23日まで、キルギスにいたんですけど、まともに記事書かずに出国してしまいました。あじゃぱ。

というのも、この期間はブログとは別の仕事があったり、慣れないキルギス飯で食中毒になったりと、ちょっとバタバタしちゃってたんですね…。

 

ともあれ、キルギスに9日滞在したんですけど、すげぇ過ごしやすかったです!

キルギスって日本にいたらなかなか耳にする機会ないですよね。どんな国なのかなーってなんとなく感じ取ってもらえれば幸いでっす!

1.キルギスって?

そもそもキルギスってどこだよって話から。場所はここです。中国やカザフスタンに接しています。

キルギスは中央アジアに位置する、人口600万人ほどの小さな国です。元々は旧ソ連に構成されていて、1991年に独立国家となりました。

言葉は基本的にキルギス語で、公用語としてロシア語も話されてます。英語を話せる人がかなり少ないので、日本人旅行者にはハードが結構高めです。

2.インドからキルギスへ入国

キルギスは隣接した国から陸路で入国することも可能ですが、僕はインドから飛行機で入国しました。

デリー→ビシュケク間にペガサスエアが飛んでいて、航空券は2万円弱でした。もうちょい安く取りたいなぁ。

ちなみに日本のパスポートであれば、キルギスにはビザ無しで入国できます。

 

▼ビシュケク空港でーす。タクシードライバーが結構しつこく勧誘してきます。

IMG 1656

▼空港から市内へは、出口すぐ右のバス乗り場にあるマルシュールトカ(380番)で向かいます。料金は40ソム(約70円)でした。

IMG 1657

3.ビシュケクのゲストハウス

ビシュケクには「さくらゲストハウス」「南旅館」といった有名な日本人宿があります。

僕は一人になるのが大好きなので、普通のバックパッカー宿の「フレンズ ゲスト ハウス & ホステルズ」に8泊しました。完全にアタリなゲストハウスでした。

▼Friend’s Guest Houseは、開放的なお庭が特徴のゲストハウスです!

FullSizeRender 8

▼オーナーのニュリック!一緒に卓球したり、食中毒になった時、助けてもらったりしました…。スパシーバ!

IMG 1776

▼フレンズゲストハウスについて詳しくはこちらから検索!

4.キルギスのご飯

キルギスでは、近所のスーパーで惣菜買って食べたり、ケバブ食べたり、伝統料理食べたりしました。

▼オシュバザールの近くにあるケバブ屋さん。マジでうまい!

FullSizeRender 7

▼キルギスの伝統的な麺料理のラグマン!うどんっぽいけど、食感が固め。

スクリーンショット 2017 08 24 10 51 25

▼中央アジアの伝統料理マントゥ!水餃子っぽいやつ。キルギスでは羊肉や牛肉を使うので、ちょっと臭みが強め。

DSC 0312

いやーキルギスの料理は本当に美味しいなぁ。よーし後は、ボルシチ(ロシアの伝統スープ)も食べてみようかな!!

DSC 0314

ってことで、このボルシチ食べたら食中毒になりました…。


なんかこう、ボルシチを食べてからずっとムカムカしてたんですけど、夜中にゲロゲローっと吐いてしまって、次の日は微熱・下痢に悩まされました。

薬局で薬を買って飲んだら、2日目で完全に治りました。やっぱり食中毒になった時は、現地の薬を頼るっていうのが一番早いですね。

 

同じ宿に何人か同じような食中毒にやられてる旅人がいました。料理は別々なので、何らかのかスパイスとか調味料でやられてるっぽいです。注意!

5.キルギスの街並み

キルギスはめっちゃ綺麗です!

特にインドからやってきた僕にとっては「ここは日本かな?」って思うくらい綺麗に感じました。マイナーな国だと思ってなめてました。

▼ビシュケクは都会なんですけど、建物は低くて緑が多め。そのせいか花粉症?の鼻炎に悩まされました…。

IMG 1775 IMG 1783

▼建物はロシアっぽくて、ちょっとヨーロッパな雰囲気があります。道路はほとんど2車線以上あって広いです。

IMG 1774

ビシュケク市内はポカポカ陽気で、お散歩しているだけで気持ちの良い町でした。ゴミもほとんどない。

それと、日本人は珍しいのか、僕が外を出歩いているとチラチラと見られます。恥ずかしいなぁ。

6.キルギス人

キルギス人は結構日本人に似てます。

日本人に青い瞳を足したり、ブロンドヘアーになったり、ちょっとロシアンな雰囲気が入る感じです。

つまり、女性がやたらかわいいです。


近所のケバブ屋さんの女の子が本当に可愛くて、滞在中5回も通って、その子の働きっぷりを眺めてました。

最終日に「セルフィー!」とお願いして見たんですけど、あっさり断られたのはショックでしたね…。

でも、素っ気なかったウェイトレスちゃんが、「やだもーん!」と照れてる様子が可愛かったので僕は満足です。

言葉の壁は少し大きいようで、商店やレストランの店員さんは全体的に素っ気ない人が多かった気がしました。

7.キルギスでノマド

キルギスには正直、これと言った観光スポットはありません。オシュバザールくらいかな?

▼オシュバザールは美味しい食べ物や激安洋服が売ってるバザールです!

IMG 1777

キルギスに来ている旅人は、インドアでのんびりとした人が多いです。僕も宿やカフェにこもって、ノマドしてました。

ビシュケクは、ノマドワーカーの滞在先としてはかなり好印象でした!!

というのも、ビシュケク市内のレストランやカフェは、Wi-Fiが付いている場所が多く、スピードも良好なんです!

それではもまだまだベトナムにはかなわないかなぁ。あそこは最高だわ。

ビシュケクでオススメのノマドカフェは、市内に何店舗がある「Adriano Coffee」か「Sierra Coffee」です。

▼コーヒーショップの店員さんは英語もしゃべれます!偏差値高めです!

IMG 1785

8.ビシュケクからアルマトイ

9日間のビシュケク滞在を終えた後は、カザフスタンのアルマトイに陸路で移動しました。

アルマトイまでは250kmくらいあるんですけど、国境越えのマルシュルートカに乗れば、たった400ソム(約650円)で移動できます。安いねぇ。

▼アルマトイに向かう途中の休憩所。山すげぇ。

DSC 0001

日本のパスポートであれば、カザフスタンもまたビザ無しでこれます。5日以上の滞在だと、外国人登録が必要なので注意!

バス降り場から市内中心部までは、Uberで移動しました。kumiさんの記事がマジで役に立つわぁ。ありがたや。

http://jp.kumi-log.com/kyrgyzstan/from-bishkek-to-almaty/

9.キルギスに滞在した感想

キルギスでは超のんびりとした9日間を過ごしました!

最初は言葉も通じないし、旧ソ連の国も初めてだし、治安も心配だったのですげぇ緊張してました。

でもいざ来てみると、日本に似たような雰囲気を随所に感じられて、なんだか懐かしい気持ちになりました。

 

選んだゲストハウスも正解で、いろんな旅人の話を聞けて楽しかったなぁ。

やっぱりわざわざキルギスまで来る旅人は濃い人が多いです。

改めて、中南米とアフリカは時間を取って周りたいなと思いました!!

 

カザフスタンもがっちり楽しんでいくでーい!

ミニマリストの全持ち物リスト!リュック1つで海外生活ができるよ

2018.01.20

海外ノマド民に、ホーチミンをおすすめしたい8つの理由

2017.03.08

 

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!