【利用料無料】ソウル・シンチョンのコワーキング「Rehobth」に行ってきた!

スポンサーリンク

 

やっほう!おもしろハンターのテツヤマモト(@okapo192)です。

韓国に来てます!

韓国は初めてなんですけど、WiFiがクソ早いし、24時間営業のカフェが多かったりして、とってもノマドワークしやすいです。

 

今回は先日訪ねたシンチョンのコワーキング「Rehoboth G Campus」さんを紹介します。

利用料無料で駅近!なかなか便利なオフィスでした。

Rehoboth G Campusの概要・アクセス

IMG 4712

Rehoboth G Campus(以下Rehoboth)は、韓国のオフィス運営会社Rehoboth Business Incubatorが若手起業家向けに運営するコワーキングです。

利用するには無料会員登録と、併設のカフェでワンドリンク注文するだけ!

月額費用やスペース利用料がかからない、超画期的なシステムで運営されてるスペースなんですね。

 

場所はシンチョン駅から南方面の坂を登って徒歩5分ほどです。

向かえにSUBWAYがあります。

シンチョン・ホンデなど、ソウルの若者の街のど真ん中。とても活気があるエリアです。

▼Rehoboth内に併設のカフェ。コーヒーは1杯400円ほどで、韓国の一般的なカフェと同程度です。軽食も扱ってました。

IMG 4714

▼こちら公式サイトから無料会員登録できます。表記は英語なので外国人でも問題ありません。

スクリーンショット 2018 05 15 11 26 59

Rehobothを使ってみた感想

IMG 4713

当日は事前に会員登録を済ませてお邪魔してみました。

受付のお姉さん(英語ペラペラ)に「ジャパニーズフリーランスだよー」と伝えて、会員情報を教えます。

簡単に施設を教えてもらって、「じゃワンドリンクお願いね!」ってことで、飲み物を買って作業してました。

 

5時間ほど利用しましたが、施設内のWiFiはサクサクでした。

電源は延長コードをレンタルして、壁際から拾ってくる感じです。

一度ドリンクを買えば、1日利用可能なので、お昼にランチに出かけたり、外で一服するのも問題ないありません。

 

僕が行った日は、おそらく僕と同世代の20代前半の人が多い印象を受けました。

日本でコワーキングを使う層って、アラサーが多いイメージなんですけど、韓国はめちゃくちゃ若いなーって感じです。

1日中気兼ねなく使えるスペースとしておすすめ!

個人的には、韓国は24時間営業のカフェがあったり、スタバが広くてWi-Fiの制限がなかったりするので、カフェ作業でも十分に快適です。

しかし、午前中働いてランチでかけたいとか、さすがに5時間以上カフェに居座るのは申し訳ない…という人はこちら利用するのが良いかもしれません。

 

江南エリアにGoogleが作った無料コワーキング「Campus」もあるようなので、こちらも合わせておすすめですね!

参考:ソウルにあるGoogleのコワーキングスペース”CAMPUS”利用レビュー【韓国ノマド】(ノマドワーカーTENさんの記事)

 

  • [Rehoboth G Campus]
  • 営業時間:Mon-Fri 9:00-21:00, Sat 10:00-20:00
  • 料金:利用料無料、併設カフェでワンドリンク注文で1日利用可能
  • 定休日:日曜日、イベント利用日(公式サイトのスケジュールで要確認!)
  • 備考:公式サイトより無料会員登録が必要
  • 公式サイト:https://www.rehobothgcampus.com/

 

【2018年版】台北のコワーキングを5箇所巡ったので、おすすめ順に紹介する【内観,料金あり】

2018.05.09

バリ島中心部のコワーキング「Legian」を使い倒した感想をまとめる

2018.02.16

海外ノマド生活1年突破!30カ国巡った収支・おすすめの国をまとめる。

2017.12.21