グアテマラのスペイン語留学がおすすめな理由【学校・都市選び解説】

やっほう!スペイン語の勉強が大好きなテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「スペイン語留学をするならグアテマラがおすすめだよ!」ってお話をしますね。

スペイン語を勉強したいんですけど、留学するならどこがいいんだろう…。
グアテマラの留学が安いらしいけど、実際どんな感じなのか知りたい!

この辺りの疑問を解決していきます。

 

スペイン語は今や英語に次いで、世界的に影響力の強い言語の1つです。

中南米を旅行したり、本場のサッカー観戦したり、美男美女のラティーノと友達になれたり…。

日本人で使いこなせる人が珍しいのもあって、スペイン語留学に興味を持っている人も多いのではないでしょうか?

 

僕も明るくて元気なラテン文化に惹かれて、スペイン語を勉強し始めた日本人の一人です。

これまでにスペイン・メキシコ・グアテマラと3か国の語学学校を巡って、勉強を進めてきています。

まだまだ初心者レベルですが、少しずつネイティブとも会話を楽しめるようになってきました。

 

今回は3か国の学校を巡った中で、グアテマラでのスペイン語留学が一番充実している件について情報まとめます。

実際に留学した体験をもとに書いていくので、参考にしていただけたら嬉しいです。

短期間でがっちりとスペイン語力を伸ばすなら、なんならグアテマラ一択でいいですよ笑

 

▼今回のテーマに関して、YouTubeでもお話ししています。

スポンサーリンク

なぜグアテマラでスペイン語留学?

IMG 5808

まず、なぜグアテマラがスペイン語留学に適しているかをお話ししますね。

…といっても理由は単純で、「格安でマンツーマンのスペイン語レッスンを受けられるから」に尽きます。

また週1万円ほどで、3食付きホームステイができる(個室)のも、大きなメリットですね。

1ヶ月のグアテマラ留学にかかる費用はこちらにまとめてます

参考:グアテマラでのスペイン語留学にかかる費用まとめ【アンティグア編】

 

スペイン語留学をするなら、他にも発祥地のスペインや、話者人口の多いメキシコなんかもありです。

ただ「スペイン語力を短期間で伸ばす」ことにフォーカスするなら、グアテマラ一択ですね。

スペイン語習得は個人差が大きい

スペイン語を勉強するにあたって抑えて欲しいのが、スペイン語習得は飲み込みの早さの個人差がすごく大きい点です。

スペイン語は英語やヨーロッパの言語と似ているので、欧米の学生や英語が得意な日本人は、飲み込みがめちゃ早いんですね。

 

例えば、僕がスペインの語学学校でヨーロピアンだらけクラスに入った時は、授業のスピードが早すぎてついていけませんでした。

逆に英語がさっぱりできないアジア人だらけのクラスに入った時は、授業が遅すぎて眠たすぎました。

以上から、日本人がスペイン語をやるなら、自分のペースで勉強できるマンツーマンレッスンがオススメです。

グアテマラ以外のスペイン語圏の学校では、グループレッスンが基本でして、マンツーマンで受講するとなると、それなりに高額になります。

そもそもグアテマラってどんな国?

IMG 5872

グアテマラは中米に位置する人口1400万人ほどの小さな国です。

もちろんスペイン語は公用語となっていて、国民の60%がスペイン語を話します。

グアテマラには、マヤ族の先住民の方も多くて、スペイン語以外にもたくさんの言語が混在しているようです。

とはいえ、留学に人気の都市では、どこに行ってもスペイン語が通じますし、先生はもちろんネイティブです。

グアテマラでのスペイン語のクセについて

グアテマラで学ぶスペイン語は、基本的にラテンアメリカのスペイン語を基本としています。

二人称複数の「vosotros」を使わなかったり、車は「coche」より「carro」、ジャガイモは「patata」より「papa」が普通です。

 

僕が通っているMAYAでは「スペイン・スペイン語」のテキストで、「ラテンアメリカ・スペイン語」を先生に教えてもらってます。

あまりこだわりがないなら、話者が多い「ラテンアメリカ・スペイン語」を中心に学んで、一応「スペイン・スペイン語」も知っておくのがいいのでは?

グアテマラのスペイン語学校の選び方

IMG 5589

ここからグアテマラのスペイン語学校の選び方を紹介します。

日本語での情報はかなり少なくて大変なんですが、この記事をはじめ、他のブロガーや英語サイトを覗きつつ、ベストな学校を選びましょう。

①語学留学都市は三択

グアテマラは世界的にもスペイン語留学で有名で、各都市にスペイン語学校が散在してます。

留学で人気なのは、以下3都市です。このどれかから選ぶといいですよ。

  • アンティグア:首都に近い世界遺産都市
  • ケツァルテナンゴ(シェラ):グアテマラ第二都市
  • サペドロラグナ:アティトラン湖の畔にある田舎街

ざっくり言うと、大都市が好きならケツァルテナンゴ、大自然と田舎が好きならサンペドロラグナ。

その中間が好きで利便性を求めるならアンティグアかなって感じです。

僕は、首都空港からのアクセス、小さすぎず大きすぎない街感を求めてアンティグアを選択しました。

②語学学校はピンキリ!

グアテマラには各都市、たくさんの語学学校があります。

価格は授業料とホームステイを含めて、週160〜300ドルまでピンキリです。

学校選びは、レビューサイト「Guatemala 365(英語サイト)」が参考になりますね。

 

一案として、旅行スペイン語をマスターしたい旅人は、なるべく安い学校で勉強して、予算は旅費に振ると良さそうですね。

日本人経営の「ATABAL」はかなりお手頃で、授業+ホームステイで週155ドルから入学できます。

ペンション田代さんと合わせて、日本人バックパッカーに人気の学校ですね。

 

逆に、仕事や実生活で使うことを前提にスペイン語を勉強したいなら、少しお金を出して良い学校に行った方がいいです。

グアテマラは教育水準があまり高くなく、しっかりと論理的にスペイン語を教えられる先生はあまり多くないようですね。

僕は知人の紹介で、授業+ホームステイで週225ドルの「Centro Lingüistico Maya」に通ってます。

少し高めの学校ですけど、スペイン語DELEを基準に充実した授業を提供してくれていますよ。

スポンサーリンク

グアテマラ留学生活の流れ

簡単に留学生活を紹介しますね。

僕は働きながらの留学なので勝手が変わっているのですが、1日の流れとして少しでも参考になれば嬉しいです。

平日(月〜金)の様子

24circleのコピー

ホームステイ先のご飯の時間は、家ごとに決まっています。

基本は7時半、13時、18時半かな?僕の家では、家政婦さんが美味しいご飯作ってくれてますよ。

 

授業は8時から12時までの4時間。間に30分の休憩を挟みます。

午後は各自、近所のカフェや自宅で勉強したりのんびり過ごす感じですね。

僕はコワーキング(シェアオフィス)と契約していまして、放課後はそちらで仕事したり勉強したりしてます。

生徒が多い時期には、無料の観光ツアーが組まれていて、コーヒー農園や市内の観光ツアーに出かけることもありますよ。

 

▼ホームステイ先では、広々とした個室に泊まらせてもらってます!

DSC 0190

▼ホームステイ先のある日のランチです。家政婦さんが洋食やグアテマラ料理を作ってくれます!

IMG 5764

土日の様子

24circle 2 のコピー

土日は学校がお休みです。

近隣に観光に行ってもいいですし、カフェで勉強するなり仕事してもいいですね。

僕は相変わらず仕事したり、カフェ入って勉強したりです。ストイックです汗

 

また、日曜日は家政婦さんのお休みでご飯が出ないので、適当なレストランに入って、外食する必要があります。

とはいえアンティグアは観光客向けのおしゃれなレストランが多いので、食生活には全く苦労しませんよ。

ストレス発散したいなら、ナイトクラブが大量にあるんで、パリピしたい人はぜひどうぞ!

 

▼グアテマラのカフェのご飯です。クオリティ高いです。

IMG 5794

▼滞在中はコワーキングスペース「Impact Hub (本ブログレビュー記事)」と契約して、仕事や勉強に使わせてもらってます。

DSC 0021

▼グアテマラのカフェや日本食レストラン情報もありますので、参考にしてくださいませ〜。

アンティグアの日本食なら「KABUKI」がリーズナブルで美味しいです!

2018.09.17

【5店厳選】アンティグアのカフェで本場のコーヒー巡り【グアテマラ】

2018.08.08

グアテマラ留学の成果

ところで、

結局スペイン語はしゃべれるようになるの?

ってのがみなさん、気になるポイントですよね。

結論、留学1ヶ月の段階では、簡単な質問は答えられる、ちょっと話せるレベルにはなれるかなって感じです。

授業スピードは個人差ありますが、僕は1ヶ月で現在形、線過去、点過去、前置詞、未来形あたりをやりました。

 

▼こちら留学3週目の段階です。

▼留学11週終了後の様子はこちら


肌感としては、英語がある程度できるのであれば、1ヶ月で単語で会話できる、3ヶ月で日常会話ができる状態になれそうです。

ビザが90日間有効なのもあって、3ヶ月みっちり勉強するのがおすすめですね。

>追記:留学終了後の成果は別記事「グアテマラ留学のベストな期間は3ヶ月です!留学した成果をまとめる」に書きました。

スポンサーリンク

グアテマラ留学のQ&A(治安, ビザ, 英語, 費用)

ここからは細かいQ&Aに答えていきますね。

こちらで何か不安が解消されない点があったら、Twitterアカウント(@okapo192)まで連絡いただければ追記できます。

グアテマラの治安は大丈夫?

グアテマラシティを除いて、語学留学が盛んなエリアは比較的平和です。

(グアテマラシティは、グアテマラ人ですらマジでヤバイって言ってます汗)

特にアンティグアは世界遺産の観光都市なので、観光警察も多く、夜も普通に出歩けるレベルです。

とは言っても、麻薬が出回ってたり、ホームレスが多かったりするので、日本よりは注意が必要ですね。

グアテマラの治安感はこちらを参考にしてください。

参考:グアテマラ空港からアンティグアへの移動方法【治安感や入国情報あり】

グアテマラ留学するのにビザは必要?

基本的に、観光ビザで問題ありません。

日本人は90日以内の滞在が認められているので、短期であれば、ビザは必要ないですね。

もし90日以上滞在したいなら、移民局に申請、もしくはメキシコ等にビザランする必要がありそうです。

グアテマラのビザについては詳しくこちらで解説してます。

参考:【2018年版】グアテマラ留学は観光ビザでできる?延長はどうする?

グアテマラ留学に英語力は必要?

グアテマラには北米やヨーロッパからの留学生が多く、テキストが英語のものが使われていることが多いです。

先生も少し英語がわかるので、「英語でxxxよ!」と解説されることもあり、英語できるに越したことはないですね。

とはいえ、授業はオールスペイン語が普通ですし、マンツーマンなので英語ができなくても問題はないです。

もしどうしても手続き面で不満があるなら、日本人が経営の「ATABAL」に行くといいですね。

グアテマラ留学は1ヶ月どのくらいかかる?

グアテマラでのスペイン語留学は、月12万円程度でできると考えていいです。

安い学校を選ぶなら、月10万円以下でも可能かと思います。

とはいえ、予算と相談して自分にあった学校、滞在先を選びましょう。

1ヶ月のグアテマラ留学にかかった費用をまとめています。

参考:グアテマラでのスペイン語留学にかかる費用まとめ【アンティグア編】

まとめ

まとめますと、グアテマラでの留学生活はかなり充実していて大満足です!

アクセスが良くないのが難点ですけど、格安のマンツーマン&三食付きホームステイは、これ以上ない勉強環境ですね。

スペインやメキシコと比べても、ここまでみっちり勉強できるのは、グアテマラにしかないものじゃないかな。

 

スペイン語を話せる日本人は、まだまだ貴重な存在です。

中南米の経済発展や、日本のインバウンド需要が増える中で、今後のスペイン語の存在感も増していきます。

自分の新たな強みを作るためにも、短期間、がっちりとグアテマラ留学してみませんか?

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!