フリーハグならぬ、フリーダンソンに挑戦!ダンソンしてくれる人はいた?

やっほう!北海道が生んだエンターテイナーテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「フリーダンソンなるものに挑戦した記録」を共有します。

すみません、何言ってるかよくわかりませーん!

まぁまぁ落ち着いていきましょう。ちゃんと説明します。

 

フリーダンソンとはつまり、フリーハグの「ダンソンバージョン」のことです。

自由にダンソンができるという画期的なストリートパフォーマンスなんですよ!

すみません、やっぱり意味がわかりませーん!

…まぁ無理もないです。

 

こうなったら見てもらった方が早いですね。

つまり、こういうことです!!

今回は素晴らしき無駄なエンターテインメントとして、フリーダンソンを仕掛けてた様子を共有します。

スポンサーリンク

フリーダンソンとは?

改めて、フリーダンソンとはどんな活動なのかもう少し細かく紹介します。

フリーダンソンの概要

  • 僕が馬のコスプレをして、路上に立ちます
  • 道行く人に「ダンソン」してもらいます
  • 「二―ブラ」で捕まえてもらいます

こちらがフリーダンソンの流れになります。

サルでもわかるシンプルな構成になってますね!

「ダンソン」とか「二―ブラ」って何?

そもそもですが、ダンソンはお笑いコンビ「バンビーノ」さんのコントが元ネタとなっています。

キングオブコント2014で若者を中心に大人気になったネタですね。

若者ならば、誰もが目にしたことがあることでしょう。

フリーダンソンをやる場所

フリーダンソン業界では、特に場所の規則は定められていません。

馬と人がいれば、ダンソンが始まる。それは世界共通ですからね。

 

しかし、今回僕は「北海道大学」でフリーダンソンをやることにしました。

なぜなら…

センター試験に向かう受験生を応援したいのです。

ガチガチに緊張で固まった受験生、彼らにダンソンをやってもらうことにより緊張を解きほぐす。

センター試験に万全の調子でのぞめるように、応援のメッセージを僕なりに届けたいのです。

北海道大学でフリーダンソン!

ということで、北海道大学にやってきました。

北大は僕のホームグラウンド、フリーダンソンをやるにはもってこいのスポットです。

 

ちなみに今日の撮影には、お友達の赤井れん君に同行してもらいました。

特に詳細を伝えずに来てもらったのですが、「今日はフリーダンソンをやるよ」と僕が言うと、

彼の顔から感情が消えましたね。

張り切って一眼レフを持ってきてくれた赤井君、本当にありがとう。

スポンサーリンク

スルーされる馬

北海道大学にはセンター試験を明日に控えた受験生が、続々と北大構内の試験会場の下見に訪れています。

さぞ、受験生も驚いたことでしょう。なぜか馬がいるんですから。

それでも僕は元気にフリーダンソンの活動を開始しました。

しかし、フリーダンソンの道は険しいものでした。

誰も相手にしてくれません。

そりゃそうですね。

相手は試験を控えた受験生。

笑ってはくれるものの、そそくさを帰っていきます。

 

終いには、「馬術部の方ですか?」と聞かれました。

僕は馬術部の方ではなくて、ただのブロガーです。

フリーダンソンをしてくれる勇者が現れる

その後もダンソンをしてくれる人はなかなか現れません。

ただ寒い中、馬のコスプレしてるだけです。虚しいです。

 

しかし、そんなときに勇者は現われました。

 

:「え?ダンソンやっていいんですか?」

ダンソンをやってくれそうな受験生が現れました。

そして彼はおもむろにダンソンを始めるのです。

 

:ダンソン!フィーザキ―!トゥーザティーサーザ、コンサ!

 

ダンソン!フィーザキ―!トゥーザティーサーザ、コンサ!ダンソ…

 

:二―ブラアアアアアアああああああああ!!!!

 

僕は無事捕まる事ができました。

本当にありがとう。君は絶対合格する。絶対。

スポンサーリンク

その後たくさんのダンソンいただきました。

ここからはダイジェスト。

本当にたくさんの受験生にダンソンいただきました。

ダンソンしてくれた受験生、スルーせざるを得ないと笑ってくれた受験生、頑張ってくださいって言ってくれた受験生…。

「あとクラーク像はどこですか?」…と、なぜか馬に聞いてきた観光の方、みなさん本当にありがとうございました。

受験生のみんなへ

僕は高校3年生のとき、一人で田舎から北海道大学を受験しに札幌へ。

見知らぬ土地でがちがちに緊張しながら、会場の下見をしていました。

 

そんな僕に声をかけてくれたのが北大アメフト部のお兄さん。

彼は「意外と受かるから、緊張せずに頑張れ!」と僕を励ましてくれた。

結果僕は、無事北大に合格したんですね。

 

僕もそんな先輩のように受験生を自分なりに励ましたかった…。

少しは大人になれたでしょうか。みんな…がんばれよ~。

よーし、みんな!これで君の受験も"ウマ"くいくぞ~

スポンサーリンク

おまけ

こちらはおまけになりますが、ダンソンに飽きたころ、僕は北大構内でソリ遊びをしている子供達にいじられていました。

「偽物ウマ~、偽物ウマ~」と言われながら、偽物ウマもソリしてみました。

 

:今からスベるよ~。ひひ~ん。みんな見てるんだぞ~ひひ~ん。

がんばれ~!がんばれ~偽物ウマ~!

子供達の応援を背に滑り出す偽物ウマ。

 

:ひひ~ん!!!!!!

そして、失敗しました。

受験生のみんな。

僕が君の分まで、ずっこけておきましたよ。

 

▼他にもエンターテインメントな記事を書いてます!

塩顔男子がモテるらしいので、塩を食べてみた

2016.05.22

牛角での1人焼き肉をやってみた感想です【全然恥ずかしくない】

2015.10.01

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!