金色のガッシュベル!!のウマゴンのラストシーンが泣ける。

スポンサーリンク

健全な日本男児の僕は、人並みに漫画を読んできました。中学生の時は毎週ジャンプ買ってたなぁ。今でもワンピースは立ち読みします。

たしなむ程度でありつつ、しっかり漫画を読んで来た僕。そんな僕が社会人になった今でも忘れられない泣ける漫画のシーンがあります。

それが金色のガッシュ!!32巻のウマゴンの”最後”のシーンなんですね。

今日はこれについて熱く語ります…。

金色のガッシュ!!とは?

金色のガッシュ!!は日曜朝のアニメでやってたので、知名度は高いはず。

アニメOP主題歌の「カサブタ」を聞くと懐かしさに悶絶する方は、僕と同じ世代ですね!

金色のガッシュ!!は魔界の王様を決めるバトルロワイヤルのお話です。

魔界では1000年に一度、王様を決めるために100人の魔物の子供が1人になるまで戦うんですね。それをなぜか人間界で…しかも人間とパートナーを組んでやるという迷惑なお話です。

アニメ放送では漫画の28巻くらい、ゼオンとの戦いまでが描かれましたが、漫画本編は33巻まで続きます。つまりアニメにはなっていない壮絶な戦いが残されているんです。

ガッシュベルとウマゴン

主人公のガッシュベルは「優しい王様」を目指しています。

「魔物が戦って王様を決めるのはどうかしてる!」って考えです。なので、本来はライバルである魔物の子と友達になりながら戦いを進めます。

中でも、序盤から良きパートナーとして、一緒に戦う相棒的な存在がウマゴンです。

ウマゴンは馬の魔物です。

ガッシュは魔界にいた頃の記憶を消されているんですが、ウマゴンとガッシュは魔界にいた頃から仲良しでした。戦いが始まって人間界に来ても仲良し。

戦闘力が戦いのガッシュと、機動力のあるウマゴンは戦いを進める上でも良きパートナーとなります。

ウマゴンの最後

ウマゴンは最終巻である33巻目前、32巻で魔物の戦いから離脱します。

ガッシュの最後の敵であるクリア・ノートとの戦いで痛手を負い、魔界に帰っちゃうんです。

そのシーンが僕が今まで読んだ漫画の中で最も泣けるシーンで、今でも心に残ってるシーンなんですね。

 

こちらの動画を見て頂ければ、だいたい把握できます。あーもう泣ける。

いやーいいよなぁ。

ウマゴンが魔界に帰ってしまう前の回想シーンが大好きなんですよね。

ウマゴンは大好きなお父さんが背中に他の魔物を乗せているのを見て、嫌な気持ちになってたんです。お父さんより背中に乗っているやつが偉そう!って。

お父さんは「直に分かる。お父さんの誇りが…お父さんの幸せが…。」とつぶくんですね。

 

そして、ガッシュと共に最終決戦に臨むウマゴンは、ようやくお父さんの言葉の意味に気付くんですね。

お父さんの誇りと幸せに。

素晴らしい人を背中に乗せていること。

その人を乗せて早く走れる自分の足への誇り。

王様になれなくても

助けたいと思える人を自分が助けられたら

それは王様になるよりも幸せ。

ガッシュは無事最終決戦に勝利し、魔界の王様となります。ウマゴンは王様にはなれませんでした。しかし確かに「幸せ」にはなれたのではないでしょうか。

王様になるよりも幸せなこと。それは助けたいと思う人を助けられること。

あーこれを書きながら、またホロリとしてきました。良い言葉だなぁ、良いシーンだなぁ。

ワンピースのどんなシーンよりも、スラムダンクのどんなシーンよりも僕はこの場面が大好きです。

王様になるよりも幸せなこと

僕はいつも、ウマゴンと自分を重ね合わせています。

僕は王様(現実世界でいう社長とかキャプテンとかリーダーとか)になる気概はあんまりないです。部活でキャプテンやったりもしましたけど、なんか違う。

僕は自分が本当に尊敬する人を助けたい。

これが生涯をかけてやりたいこと。今のところ、ウマゴンの様に自分の誇りになる能力は見つけられていません。本当に助けたい人にも出会えてません。

でも両方、手にすることになるでしょう。

 

漫画から生き方を学べることが多々あります。自己啓発本とかより心に響くんだよなぁ。

ガッシュベルは32巻は僕の宝物です。

ウマゴンになりたい。

漫画「キングダム」が面白い!!その魅力をわかりやすくまとめる

2017.04.10

無料で読めるWEB漫画!『ファイアパンチ』があまりにも衝撃的だった。

2017.04.09

王道でマイナー?漫画「灼熱カバディ」が面白くてオススメ!

2017.01.30