【鉄道廃線】ベオグラードからティミショアラに、ヒッチハイク移動しました!

スポンサーリンク

やっほっほ。テツヤマモトです。

現在、東欧を旅してます。今はルーマニアのティミショアラに滞在中です。

2日前、セルビアのベオグラードから陸路でやってきたのですが、いやーこれがなかなか手こずりました。

ななんと、鉄道が廃線してたんです!!

やられました。セルビアの見知らぬ田舎町に取り残されて、ちょっとした絶望を味わったのは良い思い出です。

最終的に、自力でヒッチハイクして目的地にたどり着きます。あーなんとかなったー。

ベオグラードからティミショアラへの移動方法

従来、ベオグラードからティミショアラへの移動方法は、鉄道とバスの2パターンありました。

鉄道は、ベオグラードから国境付近のブルシャツまで行き、ティミショアラ行きに乗り換える方法。

もう一つはツアー会社のミニバスを利用する方法。「GEA tours」という会社が運営していて、価格は片道15ユーロです。

 

旅慣れした人は、カーシェアの「BlaBlaCar」を使うのもあります。これだと片道8〜13ユーロでいけます。

▼BlaBlaCarを使う様子はこちら!

破格の15ユーロ!BlaBlaCarでソフィアからベオグラードに移動してみた!

2017.09.09

僕はこれらの方法を検討して、1000円弱で行ける鉄道を選択したんです。

しかし、これが失敗でした。

ネット上の情報だけを加味して行った結果、電車の廃線にぶつかっちゃったんですね。きびしー。

ベオグラードからブルシャツへ移動!

僕は電車が廃線になっているとも知らず、朝一の電車で、国境付近の田舎町「ブルシャツ」を目指しました

▼ブルシャツ行きの電車はメインの駅ではなく、隣の小さな駅から出発です。始発7時34分の便に乗りました。

IMG 2282

▼電車の中はかなり快適。片道466ディナールでした(500円くらい)。

IMG 2284

▼ 1時間半くらいで、ブルシャツに着きました。何もないです。

IMG 2288

ブルシャツ駅周辺は何もありません。

さっさとチケットでも買ってのんびりしようと思って、チケット売り場のおばさんに「ティミショアラ!」と声をかけます。

するとおばさん(英語話せない)は、「×」のハンドサインをして、「タクシー!」と言います。

嫌な予感がしました。

念のため、他の駅員にも聞きます。

「ノーバス!ノートレイン!オンリータクシー!」

まじか。僕は状況を掴みました。

ブルシャツからティミショアラ行きの鉄道は、なんと2017年8月1日を持って廃線になったようです。

マジかよーーーー。

 

▼後日、ティミショアラの宿にはこんな張り紙がありました!

IMG 4001

ブルシャツの街で情報収集!

僕は現実を受け入れられなくて、街をさまよって情報収集しました。

ホテルに入ってスタッフに聞いてみたりしたんですが、やっぱりバスも電車もなくて、タクシーで行くしかないみたいです。

仕方なくタクシーのお兄さんに値段を聞いたら、「ティミショアラ!?遠いわ!」と言われる始末…。

 

ティミショアラまでは国境をまたいで70キロ、ベオグラードに引き返すにしても80キロ…。

引き返して、バスでティミショアラに向かうべきか…。それとも…。

 

で、僕は悩んだ挙句、

ヒッチハイクすることにしたんですね。

ブルシャツからティミショアラまでヒッチハイク!

僕は幸い、学生時代にヒッチハイクしまくってたプロヒッチハイカーです。

海外でもやり方は変わらないだろうし、余裕でいけると思ったんですね。

 

ってことで、郊外まで徒歩で移動して、何もない広い道で親指を立てます。

10分経過、、、、

20分経過、、、、

30分経過、、、、

Huj

あれー止まってくれないなー

おかしい…。日本でヒッチハイクするときは、15分もやっていれば止まってくれるものでした。

確かに今回は目的地を書いた紙すらもない、親指一本の勝負ってことはありますけど、さすがに厳しいなぁ。

それでも諦めずに続けます。

 

40分経過、、、、

50分経過、、、、

 

セルビアのドライバーはみんな僕に反応しれくれます。むしろ、無視する人はいません。

でも、どのドライバーも笑って走り去ります。止まってー

やっぱ見知らぬアジア人を車に乗せるのは難易度が高いのかなぁ。まして国境を渡るわけですからね。

1時間経ったらさすがに諦めて、またタクシードライバーに交渉しようかなって思ってました。

 

51分経過、、、、

52分経過、、、、

53分経過、、、、

54分経過、、、、

 

そのときでした。

チャオ!国境まで行くけど乗る?

ようやく救いの神が現れました。

乗せてくれたのは、セルビア人のペジャさん。国境付近のレストランで働いているそうです。

国境付近までとは言っても、そこはブルシャツから13キロほど離れた場所。うーん、大きな進歩!ありがとう!

セルビアとルーマニアの国境

ってことで、ペジャさんのおかげで国境までこれました。

IMG 8291

国境は当たり前のように、車で通過する人ばかりです。

ポリスに「いや、なんで徒歩なんだよwwwww」って笑われました。

電車もバスもねぇからだろボケーーーー!!!ヒッチハイクするしかねーだろーー!!!

 

僕は日陰もないイミグレ前で、車の列に並んで待ちます。

30分ずつくらい待って、ようやく国境を通過。ルーマニアに入国です。

ヒッチハイク2回目

さて、ルーマニアに入国しました。

IMG 3205

予想はしてたんですけど、ルーマニア側も、バス・タクシーは皆無です。

しょうがないので再度ヒッチハイクです。

 

1台目、、、、

 

…が、止まりました。

そりゃ荒野のど真ん中を徒歩で歩いている人がいたら、同情して止まってくれます。

IMG 1840 2

今回乗せてくれたのは、トラック運転手のエイドリアンさん。

セルビアまで荷物を運んだ帰り道みたいです。

英語がかなり片言でしたが、「チャオ!トヨタ!ニッサン!」みたいな会話します。良い人です。

 

エイドリアンさんも目的地がティミショアラだったので、僕は運良く一発でティミショアラにこれました。

終始、トラックの中に流れるラテンなミュージックでノリノリでした。言葉が通じないけど楽しい。

 

▼なんとか到着したティミショアラの街並み。普通に来るより綺麗に感じました。

IMG 2371

海外ヒッチハイクをした感想

今回、海外では初めてヒッチハイクをしてみたんですけど、やってみたらどうにでもなりました。

親指立てたらヒッチハイクってのは、世界共通言語ですね。

ちなみに僕がヒッチハイクするときのコツはこちらです。

  • 街中ではなく、郊外でやる
  • 20〜30キロ先の地名を書く
  • 15分やってダメなら作戦変更
  • 楽しそうにやる

今回気づいたのは、ヒッチハイクで国境を越えるのはきついってこと。

だから「国境まで」と「国境から」で分ける必要がありそうです。

まぁ親指方式でやるならどちらにせよ意味ないですけど。

まとめ:ベオグラードからティミショアラに行くなら

とまぁつらつら書きましたが、結論、ベオグラードからティミショアラに行くなら、ツアー会社のミニバス利用がオススメです笑

旅慣れしてる人は「BlaBlaCar」を使っても良いし、バイタリティある人はヒッチハイクもありです!!

ツアー会社については、ベオグラード発なのか、ティミショアラ発なのかで会社が異なります。

僕は使っていないのでなんとも言えませんが参考までに。宿のスタッフさんに確認してください!

また今回の経験を通して、ネットの情報が頼りにならないと痛感しました。

この記事もいずれ古い情報となります。

現地情報の確認が必須ですよ〜!ご注意を!

 

破格の15ユーロ!BlaBlaCarでソフィアからベオグラードに移動してみた!

2017.09.09

【2017年版】イスタンブールからソフィアへの夜行バスの予約・移動方法

2017.09.06