ルアンパバーンから昆明にバス移動したよ!料金・予約方法、注意点など

スポンサーリンク

やっほっほ、テツヤマモト(@okapo192)です。

昨日、ラオスのルアンパバーンから中国の昆明までバス移動しました。

このバスは寝台で24時間かかるハードなルートですが、バックパッカーに人気のルートでもあります!

日本語情報も少ないようなので、ざっと予約方法・乗車の様子・国境情報についてまとめます。

ルアンパバーンから昆明への移動方法

ルアンパバーンから昆明への移動は大きく2通りあります。

①飛行機

時間が惜しい人は飛行機で行くのが1番ですね。

時期によりますが、安くて1万4000円台で取れるようです。

▼skascannerで検索してみました!

スクリーンショット 2017 12 07 14 09 34

②バス

今回は1日1本出ているバスで昆明に向かいます。

片道7000円以上と安くはないけど、他に無いから仕方がないかな。

何より東南アジアから中国に抜けるのやってみたかったんです笑

バスの予約方法

バスはオンライン予約はできないので、ルアンパバーン滞在先のスタッフに予約してもらうのが基本です。

ルアンパバーンの宿はどこも旅行代理店を兼ねているので、スムーズに予約してくれますよ!

今回の料金はバス乗り場へのピックアップ込みで、550000キープ(約7500円)でした。まぁこんなもんかな。

ルアンパバーンから昆明にバス移動してみた!

ってことで、ここからバス移動の様子を紹介していきます。

当日は乗客や運転手に英語はほぼ通じないので、流れを把握しておくといいですよ!

6:00 宿へのピックアップ

当時は5時に起きて身支度を済ませました。

6時に宿までトゥクトゥクにピックアップが来て、南バスターミナルまで送ってくれます。

▼6時は真っ暗。ピックアップお願いして良かったー。

IMG 3842

▼乗り場は南バスターミナルの東側です。少し道を入った所にあります。

IMG 3844

▼売店が空いていました。お菓子と飲み物を買っときます。

IMG 7106

7:00 チケットを交換、バスに乗車

出発の7時前になると、窓口がオープンします。

こちらで予約証をチケットに交換してもらいます。

IMG 3854

席は指定席ですね。

料金の部分に500000キープ(約6800円)と書いてあるので、直接予約するとこの値段っぽいです。

 

乗車前には、何やら乗客名簿?に名前を書かないといけないようで記入します。

パスポート番号や国籍・名前等の簡単なものでした。

ってことで、バスに乗車!!!

IMG 3861 2

車中を簡単に紹介しておきますね。

▼席は3列の寝台です。真っ平らではなくて、若干リクライニングになってます。

IMG 3857 2

▼身長168cmの僕で、ギリギリ足を伸ばせるくらい。前の席に足ついちゃいます。横幅も結構ギリギリかなぁ。

IMG 3860 2

▼僕はプライベートな席でしたが、後ろの座席は完全につながっていました。ここやだなー。

IMG 3858

バス内にトイレはついていません。お腹壊したらおしまいだな。

あとバスの中は埃っぽくて臭かったです笑

7:05〜 出発

ほぼ定刻で出発です。

乗客は僕以外が全員中国人で賑やかです。

イヤホン無しで映画を見る人、電話する人、友達と喋る人。うーん自由だー。

 

あと出発してすぐに気づいたのは、揺れがすごいってことです。

バス自体が古いのと、ラオスの峠道が良くないのでかなり揺れます。

乗り物酔いする人は、薬や非常用の袋は必須かなー。

9:30 休憩①

1回目の休憩。ラオスの小さな村にて。

トイレは1000キープで、近くに売店があったりしました。

11:30 休憩②

2回目の休憩。サイ群のバスターミナルにて。

こちらの休憩はちょっと長めでランチを兼ねていました。

▼中国の皆さんを真似て麺料理食べました(15000キープ)。

IMG 0070

こちらの休憩所のトイレは2000キープ。売店もちょこちょこあります。

あと、フリーWiFiがありました!

13:00:まさかのトラック横転

13時頃、突然バスが止まりました。

どうやら峠の途中でトラックが横転してしまって、道を塞いでいたようです。めっちゃバナナ溢れてました。

IMG 3868 2

道の3分2くらいがふさがっていたんですが、スレスレでバスが通れました。

峠道はやっぱり危ないですね…。あー怖い怖い。

15:00 国境到着

出発から8時間ほど、国境に到着です。

バス酔い寸前だったので、ここまでずっと寝てました…。

国境についたら、自分の荷物を持ってイミグレの建物に入っていきます。

IMG 0960

ラオスの出国に関しては、パスポートを見せて終わりです。

中国の方は出国税?を払わないと行けないようですが、日本人は免除されているみたいですね。

 

ラオス側のイミグレを出たら、バスに乗り込まず、数100m離れた中国側の建物に徒歩で向かいます。

IMG 1532

中国側では、アライバルカードに諸情報を記入後、パスポートを提出して少し質問されました。

中国は初めてか?目的地はどこか?滞在日数は何日か?の3点ですね。

ひどく鈍った英語でしたが、なんとか回答。中国に入国です。

中国において、日本人は観光目的であれば、15日以内の無査証入国が認められています!

 

建物を出ると、両替おじさんに話しかけられました。

50000キープ(約650円)しかなかったので、両替してもらうと、23元(約400円)になりました。ひどいなレート笑

 

その後、周辺に停車して40分ほどお昼休憩。早めの晩御飯も兼ねているようです。

僕はおじさんに両替してもらったお金で、12元のハンバーガー食べました。うまし!

IMG 3873 2

20:00,22:30 パスポートチェック

中国に入ってからは、爆睡でした。

夜も更けてきたし、ラオスに比べて道がなだらかなので寝やすいです。

 

あと、20時頃と22時半頃に、車内に警察?の人が入ってきてパスポートチェックがありました。自治州が関係あるのかな?

中国語で何か聞かれて困ってたら、スルーしてパスポート返してくれました。なんだったんだ…。

1:30 休憩③

中国の国境を出てからは、パスポートチェックで止まるものの、トイレ休憩はありませんでした(熟睡してただけかも)。

深夜1時半にようやく道の駅みたいな場所で休憩です。トイレは無料。

IMG 3875

この休憩がなぜかものすごーく長くて、3時間ほど続きました。なんだったんだろう…。

同じ場所に何台もバスが止まっていたので、5時くらいにならないと道が開かない…とかなのかな?

6:00 休憩④

再出発から1時間半後くらいで4回目の休憩。

こちらは10分くらいです。

7:30 昆明到着

ようやく昆明に到着!

到着場所はメトロの「南部汽车站」のそばでした。

▼降りた瞬間に、タクシードライバーに一気に囲まれます。アジアはどこもこれだなー。

IMG 3877 2

そのままメトロに乗って、北部にある宿に向かいましたとさ!

まとめ

ってことで、今回のバス旅まとめ!

  • 所要時間:約24時間
  • 費用:550000キープ(ピックアップ込み、宿で予約)
  • 乗り場:ルアンパバーン南バスターミナル
  • 降り場:昆明南バスターミナル(メトロ「南部汽车站」そば)
  • その他:休憩4回ほど、寝台3列、トイレ無し
  • 注意:①ラオス側の上下左右の揺れがすごい。②乗客がオール中国人なので、説明もオール中国語。

 

今回、張り切って本を3冊買ってたんですけど、揺れがすごくて全然読めませんでした。

何かしようとするとすぐ酔うと思うんで、基本は寝まくるしかないですね笑

バックパッカーらしいハードなバス旅でした!

 

ビエンチャンからルアンパバーンへ夜行バス移動!予約方法や料金は?

2017.12.05

バンコクのゴーゴーバーに行ったら、トラウマができた話

2017.03.24

バンコクのニューハーフショー「カリプソ」に感動!予約方法やアクセスまとめ

2017.02.23