ノマドに使える!台湾発祥の電源&WiFiがあるコーヒーカフェ5選

スポンサーリンク

台北に滞在中のテツヤマモトです。

ノマドワーカーにとって、滞在先の快適なカフェの存在って死活問題ですよね。

台北はとても発展していて、カフェには困りません。スタバもそこら中にあります。でも、せっかくなら台湾発祥のコーヒーカフェチェーンに足を運んでみませんか?

比較的安く、気兼ねなく長居できるのが、地元チェーンの魅力。この記事では台湾発のカフェを5軒紹介します!

①怡客咖啡 Ikari Coffee

まずはイカリコーヒーです。1994年台北発祥のコーヒーチェーンで、市内に数十店舗が点在しています。台湾のスタバみたいなもんです。

コーヒーは、Mサイズ75元(270円)ほど。おしゃれで静かな雰囲気なので、利用者は仕事・休憩中のビジネスマンが多いです。

電源とWi-Fiはもちろん完備。気兼ねなく長居できる便利なカフェです。まさに鉄板!

▼レジカウンターの様子。食べ物もたくさん!

▼アイスコーヒーのサイズ、70元。値段相応の無難な味がします笑。

  • ■価格:普通
  • ■味:普通
  • ■電源&WiFi:おおむね完備
  • ■雰囲気:静かで落ち着いている
  • ■客層:ビジネスマン(休憩、仕事)

②丹堤咖啡 Dante Coffee

お次はダンテコーヒー。台北発祥で、市内に数十店舗あります。地下鉄を降りたら、ダンテかイカリはだいたいあります。

ダンテは低価格路線の店で、コーヒーMサイズが60元(約210円)とイカリより安いです。

客層は、勉強中の学生やおしゃべり中のおばちゃんが多いイメージ。日本でいうドトールかな。ワイワイとした雰囲気の中で作業するのが好きなら、おすすめですよ!

▼アイスコーヒー60元!安い!

▼レジカウンター。英語対応してくれます。

f:id:omosiroxyz:20170412154907j:plain
  • ■価格:普通
  • ■味:普通
  • ■電源&WiFi:おおむね完備
  • ■雰囲気:ガヤガヤとしている
  • ■客層:ファミリー層

③伯朗珈琲 MR.BROWN

お次はミスターブラウン。おじさんマークが目印です。市内数十店舗あります。

今回紹介する店では一番高級感があって、コーヒー1杯80元(約290円)ほどです。日本の上島珈琲とか宮越屋とかのポジションかな。

店舗は広々としてて、ホテルのロビーみたいな雰囲気。商談中のビジネスマンや世間話中の女性が多いイメージ。静かで落ち着いてます。

もともとは缶コーヒーや豆を売っていたようで、お土産コーナーも充実してます。あと、椅子がフカフカです。これ大事。

▼本日のコーヒーが80元!

▼行天宮店の2階より。おしゃれっぽい。

  • ■価格:高め
  • ■味:おいしい!
  • ■電源&WiFi:おおむね完備
  • ■雰囲気:高級感がある
  • ■客層:ビジネスマン(商談)

④85度C(85℃)

85℃は、比較的新しい台湾発祥のコーヒーチェーン。2004年創業ながら、6年間で台湾全域に320店舗を展開する実力派です。

コーヒーだけでなく、リーズナブルなパンやケーキを多く提供しているのが特徴です。

24時間営業している店舗も多く、今回紹介する中で最安の35元からコーヒーが飲めます。それなのに、味に関して国際的な評価を受けているというから驚きです。

深夜まで作業したい時には迷わずここ!

▼あぁ、パンが美味しそう。ってか美味しい。

▼テラス席で食べるケーキ!非常に優雅!

  • ■価格:安い
  • ■味:おいしい!
  • ■電源&WiFi:おおむね完備
  • ■雰囲気:ガヤガヤとしている
  • ■客層:学生、若者

 ⑤cama 現烘咖啡專門店

カマカフェもまた、2004年に創業して数を増やしている新手のカフェ。ムーミンにしか見えない白いキャラクターが目印です。

コーヒーが40元、ソフトドリンクが35元から楽しめるリーズナブルさが特徴。豆からしっかりこだわり抜いていて、コーヒーの味だけで言うと個人的にトップです。

店内は大きめの音楽が流れていて、ガヤガヤとしている印象。おしゃべりをしているビジネスマン風の人が多いです。

カウンターで日本語メニューをもらえるのはここだけ。日本人にも優しいお店です。

▼オレンジとモノクロで統一された店舗。テイクアウト店舗も多くあります。

f:id:omosiroxyz:20170412163349j:plain

▼レジカウンター。お土産の豊富さからコーヒー豆焙煎へのこだわりが見て取れます。

f:id:omosiroxyz:20170412163351j:plain
  • ■価格:安い
  • ■味:とてもおいしい!
  • ■電源&WiFi:おおむね完備
  • ■雰囲気:ガヤガヤとしている
  • ■客層:ビジネスマン風(おしゃべり)

まとめ

台湾にはスタバもたくさんあるんですけど、トールサイズが日本円換算で400円を超えちゃうくらい値段が高いんですよね。

使うなら地元発祥のチェーンがいいです!リーズナブルで長居できますから。

台湾は暖かくて過ごしやすく、夜市などの激安飲食店が多く立ち並んでいます。ノマドには最適!ただし沈没には注意ですよ〜。

▼台湾、海外旅の情報を書いてます!

超格安で海外へ!LCCのセール情報を活用するためのサイト4選
【写真付】台北旅行で食べるべき、伝統的な台湾グルメ15品
台北No.1の絶景!猫空(マオコン)の行き方と楽しみ方