ドラマ版『火花』の感想!虚しさが爆発して漫才シーンで号泣した。

スポンサーリンク

『火花』のドラマ版を一気に観た。

号泣した。もう、びっくりした。

 

僕は小説が好きで『火花』も読んだ。

『火花』は原作も評価が分かれがち。

でも、僕は又吉さんの世界観が好きだ。

 

だから、映像化して欲しくなかった。

 

大好きな小説が映像化されると、大概がつまらなくなっちゃう。

話題作りにイケメン俳優や話題の女優を起用するし、そもそも小説1冊を数時間に収めるのに無理がある。

自分が頭の中に作り上げてた物語の世界があったのに、映像化されると「なんか違うなぁ」と興ざめしちゃう。

 

その分、火花がすごかった。

原作の世界が忠実に、いやむしろ、映像の強みを惜しみなく発揮してた。

個人的には、原作以上に心にグッとくるものがあった。

Netflixオリジナル『火花』

スクリーンショット 2017 08 25 11 10 52

『火花』ドラマ版は2016年に映像配信サービスのNetflixで公開が始まった。

僕は先日Netflixを始めたばかりで、「まずは火花かなー」と全10話分を観た。

 

火花はそりゃかもう静かだ。原作も静かだけど、ドラマ版も静か。

淡々と売れない芸人の葛藤の物語が進んでいくだけ。

 

この作品は2017年2月〜4月にかけて、NHKでも放送されていたそうだ。

でも、評判は散々だったそうで。

うーん、確かにこのドラマをお茶の間で見てもつまんないと思う。

眠れない夜に、スマホやPC画面で見るのがちょうどいい。やっぱりNetflixの作品だなぁと思った。

 

▼予告編はこちら。

キャストの渋さ

『火花』のキャストは渋い。

主人公の徳永を林遣都さん、先輩芸人の神谷を波岡一喜さんが演じる。

物語の多くの部分をこの二人が占めているのだけれど、正直そこまで話題性のある俳優さんじゃない。

どこかで見たことがある…のだけれど、「この人が出るなら見る!」ということは無さそう。

だけど、この二人の演技がすごい。もう鳥肌ものだった。

特に8話で銀髪になった神谷に徳永が悪態を付くシーンなんて最高だった(予告編にも出てるシーン)。

震えながら声を出して神谷に意見する徳永、それを涙を浮かべて受け止める神谷…。

こんなに人の虚しさと寂しさを表現できる俳優がいるのかと思った。泣けた。

贅沢な時間の使い方

『火花』は時間の使い方が贅沢だ。

1話が1時間弱で構成されてて、全10話で完結。全部繋げれば、9時間を超える作品になるだろう。

火花の原作をゆっくり読んだとしても、3時間〜4時間くらいで読めると思うんだけど、ドラマはその倍以上の時間を使ってつくられたわけだ。

つまりは原作では数行の文章で表現されてたシーンが、惜しみなく数分間を使って表現されるってこと。

作中では、終始BGMもなしに、演者をじっくりと映し出すシーンがたくさんある。

いわゆる「長回し」という手法が使われていて、コマ回しが少なく、1つ1つのシーンの時間が長い。

この手法だからこそ、キャラクターの心の虚しさや東京の街の静けさがじわじわ伝わってくるんだ。

漫才シーンで号泣

最終10話の漫才シーンは号泣だった。

火花のすごいとこは、漫才シーンをカットせずフルでやってしまうこと。

贅沢に時間を使えるってのもあるけれど、素人には表現できない漫才の世界をリアルに演じるのが素敵だった。

 

火花は原作もそうだけど、静かに淡々とストーリーが進む中で、胸の中に何かがこみ上げるというか、蓄積されていく感覚を覚える。

その溜まったものが10話の漫才シーンで一気に放出されるんだ。

あぁ、良かった。気持ちよく泣けた。

火花は伝説になるのか

僕は売れない芸人とか、売れないバンドマンとか、世間に上手く迎合できなくてもがいている男が好きだ。

自分の信念を曲げられずに、かといって世間に認められることを諦めきれずに、もがいている男が好きだ。

そんな人たちにしか出せないような、セクシーさがあって、惹きつけられるものがあるんだよなぁ。

 

火花を演じる全ての演者、作品そのものにそれを感じた。

主題歌となっているOKAMOTO’SのBROTHERも良い味出してる。なんだろう、この虚しい感じ。

2017年の秋には映画版『火花』も公開されるらしい。

でも正直期待してない。菅田将暉くんが主演って時点で期待してない。

菅田将暉くんのイメージが強すぎて、作品に集中できないと思う。ドラマを超えられないと思う。

 

火花のドラマ版は、Netflixというクローズドな場所で公開されて、じわじわと話題になった。

けれども、なんかこう爆発的人気が出たりとか、後世に名を残す…というレベルではないのかもしれない。

でもこの作品は僕の心にいつまでも残り続けると思う。

話題になる作品と、感動する作品はまた違うということを、この作品自体が言い表している気がする。

 

良いドラマを見れて、僕は幸せだ。

 

 

海外ドラマ・映画で英語学習するなら、Netflix以外にありえない!

2017.07.16

夢を追う若者は見るべき!映画セッションを鑑賞した感想は?(ネタバレなし)

2015.10.01

思い切り泣きたい時に!森沢明夫のおすすめ小説10冊をマニアが選ぶ。

2017.02.05