ミニマリストが実践する「情報」の断捨離術

スポンサーリンク

情報感度を磨く

現代はテレビがあって、スマホがあって、パソコンがあって、街にはたくさんの広告が溢れてて、黙ってても情報がインプットされる時代です。

その中には、もちろん必要な情報もあるけど、

9割は「雑音」です。

つまり、情報収集を工夫をしない限り、雑音に紛れた1割の良い情報を見つけるのは物凄く難しいです。

 

では、どうやって1割の良い情報を取り入れるのか。

その答えの1つが「情報の断捨離」です。

いかに自分にとって必要のない情報をカットできるかが大事なんです。

 

冒頭のツイートでも書きましたけど、最近では「仮想通貨」にいかに早く気付けたかどうかで、大きな格差が若者の間でも生まれました。

無料で大量の情報にアクセスできる時代だからこそ、いかに情報強者になるかが、現代を生き抜く鍵なんです。

情報の断捨離具体例

無料の大量情報の中から、価値ある情報をいかに取り入れるか。

ミニマリストの僕が実践する、具体的な情報の断捨離術を以下で紹介します。

フォローを減らす

SNSやウェブ情報を意図的に絞るため、「フォロー数」を絞るのはオススメです。

僕はTwitterのフォローを30人まで絞ってます。

ほぼ毎日フォロー調整をしてて、少ないときは一桁です。

スクリーンショット 2018 01 29 20 13 38

僕の情報収集はTwitterが7〜8割なので、常に良い情報を取り込むために工夫してるんですね。

30人くらいだと、全員のツイートを全部チェックできるので、濃い情報収集ができますよ。

Twitterだけでなく、Feedly等でチェックするウェブサイトやブログを減らすのもオススメですね。

テレビ見ない

テレビは見なくて良いかと。

テレビは典型的な「マス」に向けられた情報発信です。

 

日本のテレビを見てる「マス」って、ようは主婦層や中高年です。

言っちゃ悪いですけど、若者世代がこの層と同じ情報収集してる場合じゃありません。

今の時代に、テレビのニュースで何か新しいことを知るようじゃ遅すぎです。

アプリ・SNSを絞る

今の若い世代の情報収集は、主にSNSとニュースのアプリだと思います。

もちろんたくさんのサービスを使うほど、様々なジャンルの情報を手に入れられます。

だけど、SNSやアプリ1つにとっても、関心のある情報を濃密に仕入れられるサービスを使いましょう。

 

僕はSNSはTwitterとFacebookしか使ってません。

Facebookはブログ共有に使ってるだけなので、SNS運用はTwitterに絞ってます。

Twitterはフォローを絞れば、超優秀な情報収集ツールになるので、めちゃくちゃ活用すると良いですよ!

 

ちなみに、Instagramは辞めました。別にインスタ映えする必要ないから。

ニュースアプリは情報が多すぎるので、最近はYahooニュースしか見ません。世間話について行くレベルなら十分です。

情報感度を磨く

情報の断捨離を進めて、自分の情報感度を磨きましょう。

芸能界の不倫ニュースとか、相撲界のゴタゴタとかマジでどうでも良いんです。

情報の感度を上げることで、誰よりも早く流行り・ブームに気づきしょう。

そして自分の関心分野においては、常に第一線にいつづけましょう。

 

僕は仮想通貨の盛り上がりを見て、情報強者が勝つ時代が来ている事を確信しています。

仮想通貨の情報は数年前からネット上に転がっていたんです。

あなたはどの段階でこのブームを予感できましたか?

 

ミニマム思考は物の断捨離だけでなく、情報の断捨離にも共通する考え方です。

余計な情報をカットして、自分にとって本当に価値のある情報だけを取む人が損をせずに済みます。

 

【保存版】ミニマリストの全持ち物リスト!リュック1つで海外生活ができるよ

2018.01.20

ミニマリストを志して部屋を大改革してみた。やったこと、心境の変化は?

2017.03.25

結局、ミニマリストになるメリットってなに?デメリットはないの?

2016.10.12