【あるある10選】インドは面白いってより、衝撃ばっかりでした…。

スポンサーリンク
f:id:omosiroxyz:20170731230329j:plain

ナマステ〜。テツヤマモトです。

インドを出て、ネパールにやって来ました。インドは大変なこともたくさんだらけだったけど、なんだかんだで楽しく過ごせた気がします。…でも、しばらく来たくないな笑

今回はインド滞在中に体感した衝撃体験をまとめます。さすがは世界中の旅人が訪れる人気国。毎日びっくりしてばっかりでした…。

1.ローカル床屋さん

滞在中にローカルな床屋で髪を切りました。

髪型はわりと無難になったんですけど、髪切られた後に変なクリームを顔面に塗られて30分以上、放置されました…。

多分何かしら肌に効用があったんでしょうけど、真相は謎。すげぇリツイートされた。

2.B級テーマパーク

僕が滞在したバンガロールにある「FUN WORLD」って遊園地に遊びに行きました。

園内で僕を待ち受けていたのは、高速回転する観覧車、マッチョが回ってくるアトラクション、シュールなモニュメント…。どれもこれも異様な雰囲気がムンムンでした。

▼遊園地をレポートした様子は「マカラボ」さんで記事を書かせてもらいました。

3.どこかしこにいる牛

インドといえばです。路地を歩けば牛がいるし、道路の真ん中にも牛がいます。貫禄のあるうんこもします。

しかも尻尾ブンブン振り回して狭い道を歩くので、尻尾が体に当たりまくりです。ぐわー。

f:id:omosiroxyz:20170731214807j:plain

ちなみにヒンドゥー教では牛は神様です。…のわりに残飯を食べさせたり、邪魔なら蹴飛ばしたりと扱いが雑です。なにそれ。

4.荷物は頭の上

インド人は重たいものを頭の上に乗せて運びます。バランス感覚すげー。

特にびっくりしたのは、土木関係の仕事をしている人たち。手が届くギリギリの範囲までレンガを頭の上に積みまくります。もはや大道芸の域でしょこれ。

5.ベジタリアン表記

インドはベジタリアンが多い国なので、至る所でベジタリアン表記を見かけます。だけど、

歯磨き粉にベジタリアン表記あるのは意味不明でした。

歯磨き粉を食べる人なんて、小学生の時の僕くらいだと思ってましたけど、インドには結構いるのかもしれませんね。

6.セクシーマネキン

多言はしません。ええ。

でもマネキンをそこまで厳密につくるなら、下着つけてあげればいいのにね。

僕はこの服の購入を検討するため、じっくりマネキン眺めました。買いませんでした。

7.イェスでも首を振る

インド人に質問すると、返答が「イェス」であっても首を振るアクションをします

下の動画で”yes”と”no”の違いを説明してくれてるんですけど、

いや、わからん笑

これはインドで生活する中で、毎日苦しめられました。いやだから、どっちなの!!って。

8.「辛さ控えめ」が激辛

インドのレストランで何か注文をすると、「スパイシー?」と辛さの度合いを聞いてくれます。僕はインド料理の辛さについていけないので、いつも「リトル」と言います。

インド人の店員さんは例のごとく、首を振るアクションをするわけです。

そうして出てきたカレーは、いつも決まって激辛です。何度辛さ控えめを念押ししても激辛です。辛いもの以外ないのこの国!

9.落書きが秀逸

インドでは至る所で、アーティスティックな落書きを見かけました。

中でも感動したのがこれ。なんでだろう。ものすごく惹きつけられる。世界観がすごい。

10.カバディが熱い

インドでは、日本では馴染みのないスポーツが人気です。テレビでは決まって、クリケットやカバディの試合が中継されてます。

特にカバディにはびっくりしました。

日本ではネタスポーツと思われているカバディですけど、いやー本場のカバディすごすぎ。これはもうチーム型の格闘技!ラグビーに近い雰囲気を感じ取りました。

▼カバディのスポーツ漫画を読んでたんで、興味だけは持ってました…。

王道でマイナー?漫画「灼熱カバディ」が面白くてオススメ!

まとめ

インドは日本人にとって、なかなかハードな国です。衛生面、安全面、食や文化への対応などハードルは意外と高いです。

でも大変だからこそ、発見が多くて毎日感動します!

インドは今まさに、途上国から成り上ろうとしています。良い面も悪い面もありますけど、この勢いは体感する価値ありです!

20代のうちにインドを訪ねられて良かった!!でももう来たくない!!疲れた!!