インドは辛いよ!僕が経験したストレスを10個書く

スポンサーリンク

インドに来て2週間が経ちました。ここまでの感想を一言で言うならば、

めちゃくちゃ過酷です。

いやーしんどい。インド経験者は必ず何かしら苦労を経験しているので、覚悟はしてたんですけど、やっぱしんどい。

記事では、インド滞在中に僕が体験した試練・ストレスをまとめます。今後も増えそう。

1.ビザ取得が大変

そもそも入国する前から大変。

僕は2ヶ月間滞在できるe-VISAを取得したんですけど、これがめちゃくちゃ大変で1時間以上かかりました。写真撮ったり、パスポートをスキャンしたり、入力項目も多い…。

入国前になかなか心が折れます。

2.飛行機欠航

「やっとのことでインドに行ける!」…と思いきや、飛行機が欠航しました。インドの航空会社は欠航率がなかなか高いです。

僕は早朝5時まで空港で待たされた上、直通便から乗り換え便に変更…。体調最悪のままにインドに入国しました。

3.Wi-Fiがない

インド生活が始まってから絶望したのが、Wi-Fi環境があまり整っていないことです。

初日に泊まった宿、その近所のカフェのWi-Fiは壊れていました。街中でもWi-Fiスポットは少ないし、電波は不安定、頻繁に停電もします。

ノマドワーカーには過酷な環境です。

4.狂犬病の蔓延

インドは、狂犬病(致死率ほぼ100%)で亡くなる方が世界で一番多い国です。

路上には野良犬がたくさんいて、万が一、感染した犬に噛まれてしまうと命の危険にさらされます。その状況下で、イカつい目をした犬が、普通にこちらに向かってきます。

もうマジで逃げます。

犬から本気でダッシュ逃亡したのは、小学生以来だなぁ。

5.激辛なインド料理

アジアの料理はどこも辛いことが多いですが、インド料理は突出して辛いです。スパイスを駆使して芸術的に辛さを作り出します。

問題は、どこで何食べても辛いってこと。辛いもの以外食べないのかこの国!!マクドナルドも、ピザ屋も、8割のメニューが辛い。

あぁ、和食とか食べたい。

6.ハードな下痢と高熱

香辛料で消化不良になった頃、そいつはやって来ます。

インド名物の下痢ピッピさんですね。

インドの下痢は、インフルエンザ並かそれ以上に辛いです。39度以上の高熱と、トイレから出られない重度の下痢症状に2,3日苦しめられます。いやぁ本当にきつかった…。

7.ゴミだらけ

インドの人はゴミをそこら中に捨てるし、そこら中で立ち小便します。住宅街から駅前まで、どこに行っても臭いが強烈。それなのに裸足で歩き回っている人ばかり…。

上の写真は駅前なんですけど、もはやゴミ捨て場みたいになっていて、そこに牛と野良犬と大量のハエが集まってます。衛生状況最悪です。そりゃひどい下痢になるわ。

8.牛だらけ

f:id:omosiroxyz:20170711000414j:plain

インドは牛さんだらけです。

街中をのっしのっし歩いてます。しかも、道に貫禄のあるウンコをぶりぶりと落とします。尻尾をぶんぶん振って狭い道を歩きます。道路の真ん中で休憩したりもします。

どの牛さんも立派な角が生えているので、ビクビクしながらすれ違う毎日です。

9.詐欺、客引き

f:id:omosiroxyz:20170711013823j:plain

インド名物といえば、しつこい客引きです。繁華街や観光地に行くと、タクシードライバーやドラッグ関連の客引きが大勢います。

しかもインドの客引きは、無視しても諦めずに粘着してきます。特に北インドの観光地は、プロの詐欺師が集まるので要注意です!

10.お金のストレス

お金のストレスもたくさんあります。

まず驚いたのが、空港の両替所のレートの悪さ。僕が入国した際のレートは1ルピー1.73円。つまり、1万円で5800ルピーくらいになるはずなんですけど…

f:id:omosiroxyz:20170711004026j:plain

実際にもらえたのは、たった4800ルピーでした。

手数料諸々を考えても1000ルピー(約1700円)も差額あるんかい。ウッヒョー。

他にも、500ルピー札(約850円)以上のお金は釣り銭不足で使いにくいです。お釣りはざっくりで、コイン単位は省略されちゃいます。日本の感覚でいると不便で仕方がないです。

最後に…

色々書きましたけど、

だからこそインドは楽しんですよね。

ストレスはたまるけれど、日本の価値観がぶっ壊れて、新しい発見ばかりです。

ただ下痢だけは本当に大変なので、ストレスを溜めすぎないように。美味しいチャイでも飲んで、心をしっかり落ち着けましょう。