京都のゲストハウス「しづや」がクオリティが高すぎ!!

スポンサーリンク

日本一周中のテツヤマモトです。

旅の途中、京都で泊まったゲストハウス「しづや」さんに感動したのご紹介します。

急遽京都に泊まることになって、チェックインの数時間前に予約したんですけど、あまりにもクオリティ高くて驚きました。

京都のゲストハウス「しづやKYOTO」

f:id:omosiroxyz:20170111130016j:plain

今回僕が泊まったのは京都のゲストハウス「しづや」さん。2016年4月にオープンした新しくてキレイな宿です。

京都駅から徒歩10分程度で立地は最高。僕は当日割引?の適用で2000円で泊まれて、コスパも最高です。

あまりに安すぎて、「なんかお化けとかいるんじゃね?」と不安になりました笑

公式HPからコンセプトを引用します。

-帰ってきたい場所-

旅人同士の絆を持ちつつも個が守られたレイアウト

ふかふかのタオル、心和むアート、寝心地のいいベッド…

ちょっとイイねがお出迎え。

http://www.shizuya-kyoto.com/about

宿泊者の交流を促しつつも、プライベートを大事に。設備やアメニティも安宿だからと妥協せず、高品質にこだわっているようです。

施設内の様子(写真付き)

ドミトリールーム

今回は男女混合4人ドミトリーに宿泊。ロッカーや加湿器・エアコンが備わっていて、お香で良い匂いがします。心遣いが嬉しいです。

ベットはふかふか…ではありませんでしたが、ベットメイキングの必要がなく(ゲストハウスは基本自分でシーツ敷くんで)、タオル・バスタオルも無料で貸し出しです。

コンセントやライトも枕元に。カーテンもあって、プライベートも確保されています。

キッチン・水回り

まずはキッチン周り。

器から調理道具、冷蔵庫をしっかり完備。気軽に自炊できそうです。

飲み物は紅茶・緑茶・コーヒーがフリー。朝、出発前にコーヒーが飲めて優雅です。

次にお風呂や洗面台など。

シャワーも使えますが、驚いたのは浴槽に無料で入れること。さらに、入浴剤が数種類用意されています。いやーすごい。

入浴剤があるゲストハウスって初だな笑。もちろんシャンプやーボディソープもあります。

お次は洗面所です。

こちらもまた化粧水やメイク落とし、綿棒…。かゆいところに手が届く、細かなアメニティが常備されていました。

洗濯は有料です。

お金を投入したら自動でやってくれます。

極め付けはトイレ。

f:id:omosiroxyz:20170111125829g:plain

扉を開けたら便座オープン!

「いやいや高級ホテルかい!」ってレベル。これ普通なの?最近のゲストハウスはここまでやっちゃうの?

共用リビング

ゲストハウスの醍醐味、共用リビング。

大きなテレビ、広々とした机。

やり残した仕事をやるにも、わいわいとお酒を飲むのにも良い感じ。各部屋の中心に位置してるので、シェアハウスっぽい雰囲気。

自然と人がリビングに集まるのでとても交流が円滑で、宿泊した際はルームメイトさんと楽しくお話しできました。

逆に言うと、お部屋への導線でリビングを通らないといけないので、交流目的ではない方は少し気まずいかもしれません。 

系列の飲食店がすぐ隣に!

さらに嬉しいのはゲストハウスのすぐ隣に、本格的な飲食店が開かれていること。

今回は時間の都合で入れませんでしたけど、美味しいカレーがいただけるようで…。

次回は必ず!

f:id:omosiroxyz:20170111124240j:plain

参照:http://www.shizuya-kyoto.com/food/

路地裏にあるから迷いやすい!

たくさんゲストハウス訪ねてきましたけど、その中でも指折りクオリティな宿でした。

ただ1点だけ注意。建物が路地裏にあって、少しだけ見つけずらいです。

京都駅方面(西)から歩いて来ましたら、そのまま真っ直ぐ歩いて、細い路地の中の温かい光を探してください。こちらがしづやさん。

f:id:omosiroxyz:20170111124757j:plain

奥に進んで、手前から「はなれ」、「飲食店」、「母屋」となります。受付は「母屋」なので、奥の扉へと進んでいきましょう。

ちなみに僕が宿泊した男女混合ドミトリータイプのお部屋は、「はなれ」のお部屋でした。

f:id:omosiroxyz:20170111130016j:plain

宿としてのクオリティが高く、自然と交流できる工夫がある素敵なゲストハウスでした!

激戦区京都の中でも、コスパ・立地も良くおすすめ。京都を訪ねる際はぜひとも!

▼泊まりたい日にちや最安値を検索はこちらから検索できます!