おすすめ度順!2017年に読んだ本のリスト【目標:61/100】

スポンサーリンク

2017年に読んだ本をひたすら紹介します。

ビジネス書よりは、小説やエッセイが多めです。今年の目標は100冊の本を読むこと!では早速いきましょう!

おすすめ度:★★★★★ (13冊)

本日はお日柄もよく 0118読破

小説好きの友達に勧められたスピーチライターの本。ボロ泣きしすぎて意味わからなかった。小説史上、一番泣いた。確実に。

社会人大学人見知り学部 卒業見込 0128読破

オードリーの若林さんのエッセイ。すげぇ良かった。若林さんのひねくれたネガティブな生活が自分そっくりで共感。

沈黙のWebライティング 0128読破

久しぶりにウェブ関連の本を読んだら、すげー面白かった。今までに読んだ中でダントツ。ブロガーは絶対読むべき。

生きる僕ら 0203読破

『本日は、お日柄もよく』でハマった原田マハさん。こちらは引きこもりが社会参加していくお話。こっちもやばい。泣けすぎ。

暗幕のゲルニカ 0222読破

こちらも原田マハさんの美術小説。2017年の本屋大賞にノミネートされています。『楽園のカンヴァス』はルソーがテーマでしたが、今作はピカソが中心です!

蜂蜜と遠雷 0228読破

2016年下期の直木賞受賞作にして、2017年の本屋大賞候補作。恩田陸さんの最高傑作と言って過言でない小説です。ピアノコンクールを舞台に若者が切磋琢磨していきます。

ずっとやりたかったことを、やりなさい 0709読破

感銘を受けた本。3ヶ月間かけて、じっくり読み込みました。この本のおかげで多少人生が好転して気がします。僕はアートだ。人生に迷っている人は読んで欲しい。

コンビニ人間 0807突破

とにかくビビりまくった小説。衝撃受けました。

何が「異常」で何が普通なのか。コンビニを舞台に人間の嫌な部分をじわじわ感じる小説でした。

マチネの終わりに 0825読破

大好きなオードリー若林さんがオススメしてた小説。ドロドロした恋愛小説だけど、どこかこれが本物の愛なんじゃないかと思わせてくれる作品。

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 1012読破

有名編集者の箕輪さんが携わった作品が読みたくて買いました。

若者の働くモチベーションが「意味合い」になってきてるという指摘が腑に落ちた。

総理の夫 First Gentleman 1128読破

今年は完全に原田マハさんの年でした。スゲェ読んだなぁ。

この作品は日本初の女性総理大臣の「ファーストジェントルマン」を描いた作品。泣けた。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする 1208読破

ようやく読みました。2018年はこれだな。やること絞って、ぐいぐい成長していきます。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 1216読破

オードリー若林さんの新作エッセイ。数日のキューバ旅行だけど、おもろいエッセイ本が1冊書けちゃうってすごいなぁ…。

おすすめ度:★★★★☆(22冊)

人生がときめく片付けの魔法 0109読破

有名すぎる片付け本。ミニマリストは必読かなと思って読んだ。大半はこんまりさんのエッセイだけど、「自分らしさを見つけるために片付ける」ってのはやっぱいいと思った。

また同じ夢を見ていた 0110読破

小学生の女の子が人生のターニングポイントを乗り越えていく話。幸せについて考えさせられる。住野よるさん最高!

はじめての人のための3000円投資生活 0117読破

友達がおすすめしてた投資の本。これを読んで投資信託を買った。行動できた。

自分を操る超集中力 0211読破

メンタリストDaiGoさんの自己啓発本を初めて読んだ。理論があるからすごく響いた。

楽園のカンヴァス 0216読破

原田マハさんの美術小説。マハさん自身、美術キュレーターの経験があるということで、事実に基づいた本格的なストーリーになっています。ルソーの世界に引き込まれる!

人を操る禁断の文章術 0313読破

メンタリストでお馴染みのDaiGoさんの文章本。ブロガーの間で評判が高かったので買っていたのですが、ものすごくわかりやすくてすぐに実践できる内容でした!

「好き」を「お金」に変える心理学 0331読破

DaiGoさんの本のわかりやすさに感動して、3冊目を買ってしまいました。好きをお金に変える。僕の永遠のテーマです。やはりわかりやすい…。何度も読み返しています。

か「」く「」し「」ご「」と「 0330読破

大好きな作家、住野よるさんの新著。いやー面白かった。思春期を思い出して、ホクホクしながら読み進めました。素敵だなぁ。

ご本出しておきますね 0616読破

小説家とオードリー若林。僕の大好きな人がかけあわってテレビ番組の書籍版。最高に面白い。小説家と漫才師の頭の中がわかって、めちゃくちゃ面白い。最高。

響~小説家になる方法~  0412読破

漫画です。全巻読みました。天性の才能を持った高校生の響が、文学界を賑わせていきます。小説好きにはたまらない漫画です。

キネマの神様 0517読破

大好きな作家、原田マハさんの作品。家族と映画をテーマに、ほっこりとしたストーリーが展開されていきます。ブログが絡んできたりして、興味津々に食いつきました。

旅屋おかえり 0513 読破

こちらも原田マハさんの作品。原田マハさんの作品では珍しく、アートが絡まずに「旅」を綴る小説となっています。大勢の仲間に支えられて苦難を乗り越える姿に感動!

あなたは誰かの大切な人 0715読破

大好きな作家、原田マハさんの短編集。泣きました。原田マハさんの小説には、人の愛が溢れていて大好き。

星が一つ欲しいとの祈り 0717読破

これまた原田マハさんの短編集。今年に入ってから、原田マハさんばっかり読んでいる気がする。ハマりにハマっているし、作品がたくさんあるから本当に嬉しい。泣いた。

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! 0911読破

旅の真っ最中に読んだ本。なるほど、こんな視点で旅をする人もいるんだなぁと参考になりました。

世界一訪れたい日本のつくりかた 0924読破

旅をしてるのもあるし、日本の観光に携わりたいのもあって、観光論のお勉強に少し取り組みました。日本も可能性はまだまだあるな!

未来の働き方を考えよう 人生はニ回、生きられる 1002読破

ちきりんさんの本。やっぱこの人のキャリア論はこれからの時代を射ている気がする。

自分のやりたいことが明確になれば、人生が楽になるは本当に真だよなあ。

さいはての彼女 1130読破

今年読みまくった原田マハさんの短編集作品。いやーおもろかったー。もうマハさんの作品はいくらでも読めるわ。

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 1203読破

橘玲さんの本初めて読んだけど、結構面白かったなぁ。自分は自然と行くべきとこに向かうよってあたりが綺麗だった。

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン 1210読破

自己理解に一役買った本。僕は文字で情報を得て表現するのが得意ってことを確信できました。

風のマジム 1213読破

原田マハさん何冊読んでんだって感じですけど、これも良かったー。泣けたー。普通のOLが地酒を作るお話です。

失恋バスは謎だらけ 1214読破

旅している間にずっと読みたかった本。ファンで全冊読んでる森沢明夫さんの新著。うん、安定して面白い。

おすすめ度:★★★☆☆(20冊)

東京湾ぷかぷか探検隊 0103読破

大好きな小説家、森沢明夫さんのエッセイ。東京湾での大人の遊び方が詰め込まれてます。やっぱ遊ばないとダメだなと思った。

ねこ背は治る! 0107読破

ねこ背を治したくて読んだ。体の重心がズレてるからねこ背になるってのが衝撃だった。

星の王子さま 0109読破

名作は読んでおこうと思って読んだ。王子様が星を旅します。日本の小説とは違って、絵本に近い感じがした。読みやすい。

世界一ふざけた夢の叶え方 0124読破

これまた好きな作家さんのひすいこたろうさんの自己啓発本。夢を叶えるには仲間が大事!って話だった。仲間欲しい…。どこ。

羊と鋼の森 0212読破

2016年の本屋大賞1位。ピアノ調律師のお話。静かで繊細なお話だった。

コーヒーが冷めないうちに 0213読破

2017年の本屋大賞にノミネート中。タイムスリップできちゃう喫茶店の話。ベタで泣けた。

桜風堂ものがたり 0306読破

2017年の本屋大賞に大賞候補作です。書店員の仕事について熱く描かれていて面白かったです。こりゃ本屋大賞に選びたくなるわ。

ホテルローヤル 0316読破

北海道の廃れたラブホテルを舞台にした短編集。終始、冷めた目線で淡々と語られる性愛の様子が虚しさをそそりました。

夜行 0305読破

こちらも本屋大賞候補作。候補作を全部読もうと張り切っていました。夜行はドロドロとしていて、不気味な雰囲気の漂う作品です。森見登美彦の世界観が恐ろしい…。

罪の声 0309読破

日本で実際に起こった「グリコ森永事件」をモデルに、もしも時効後に真相が解明されたら…という設定でストーリーが進みます。事件記者の活躍にハラハラします…。

大人がマジで遊べば、それが仕事になる。

尊敬する大人の一人、高橋歩さんの新著。良くも悪くもいつも通り、鋭い言葉で心を揺さぶってくれました。もっと頑張ろう!

『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術三田流マンガ論

『ドラゴン桜』や『インベスターZ』などの著者の三田紀房さんの仕事本。すごい。彼は漫画家だけではなく、ビジネスマンとしても一流なのが伝わって来る作品でした。

まにまに

こちらは大好きな作家の西加奈子さんのエッセイ集。オードリーのラジオで西加奈子さんの人柄に触れてから、作品だけでなくエッセイも読みたい衝動が走りました。

普通の大阪のお姉さんでした。

クラインの壺

友人に勧められて読んだ本。表の世界と裏の世界を体感してしまう主人公のお話。なんだかものすごく怖くなった。

岡本太郎 0810読破

この本で衝撃を受けたのが「幸せ」は死から一番遠くて、現状維持を求める状態。そんな幸せは俺はいらないと言う言葉。

自分の中のモヤモヤがあるからこそ頑張れる。

ボクたちはみんな大人になれなかった 0811読破

ツイッタラーの燃え殻さんの小説。ほぼノンフィクションだと思うんだけど、静かに川が流れるような文体でした。

運命の恋をかなえるスタンダール 0812読破

「LOVE理論」でお馴染みの水野敬也さんによる、最新の恋愛本。女性が主人公だからちょっと入りにくかったかなー。

いたずらをされると好きになるってのは、マジでそれだなーって思った。

明日クビになっても大丈夫!  0924読破

日本随一のウェブライターのヨッピーさんの著書。意識が高いわけでもなく、低いわけでもない層にあてた本です。

時をかけるゆとり (文春文庫) 0930読破

朝井リョウさんのエッセイ集です。現代の若者を斜めから見下ろす彼の視点を知りたかったけど、結構普通の人だったかんじ笑。

知的戦闘力を高める 独学の技法 1219読破

自分が全然普通だと思ってることが、実は強みなんだなぁーって知れた。まぁそれ以外はあんまり印象に残ってない。

おすすめ度:★★☆☆☆(6冊)

本を書きたい人のための文書の基礎技術 0108読破

文章極めたくて読んだ。 まぁ、よくある感じ。

物語が書けないあなたへ 0115読破

物語が書きたいあなたなので読んだ。いやーこれ良かった。小説の書き方少し理解。

ワンダフル・ワールド 0318読破

父に進められて読んでみたけど、いまいちパッとしなかった本。もう少し大人になってから読まないと共感できないのかな。

待つFX 0713読破

FXのデイトレ戦略についてわかりやすく書かれている本。自分の手法とは全然違った方法を使っていて、勉強になった。でも、このやり方でやるのはすげぇ難しいなぁ。

祐介

クリープハイプのボーカル、尾崎世界観さんの著作。クリープハイプのどこか虚しい音楽の世界観がどのように出来上がったのかが、痛いほどわかる本。究極の人見知り。

ボッコちゃん 0914読破

ショートショートという新しいジャンルがどんなものか知りたくて読みました。やっぱちょっと苦手。

 

2017年は61冊しか読めませんでした。

うーん、読書不足なんだかモヤモヤ。

留学やら旅やらで、インドア時間がなかなか足りなかった感じ。

来年はもっとたくさん本読みたいな。