「さわやか」のハンバーグが食べたくて、北海道から静岡まで行って来た。

スポンサーリンク

日本一周13日目。

僕はこの旅を始めるにあたって「静岡だけは何があっても行く!」と決めておりました。

いや「静岡に行くついでに日本一周しようかな」くらいに思ってます。

なぜそこまで静岡に執着するのか。

そこに「さわやか」があるからです。

炭焼きレストランさわやかとは?

「さわやか」は静岡にしかない、ローカルなハンバーグチェーン店です。

言っちゃえば、普通にファミレスです。

とにかく美味いってことを除けば。

さわやかを知ったきっかけはこの記事。

作者の山本さほさんの情熱にやられました。

僕は北海道の十勝限定のカレー店「インデアン」に執着心を持ってるんですけど、何か共通点を感じたんですよね。

こうなったら、静岡に行くしかない!

さわやか 御殿場インター店へ。

ということで、はるばる北海道からさわやか御殿場インター店にやって来ました。

「常に並ぶ」って情報を聞いて、開店前に来たんですけど、それでも30人待ち。平日の昼間にです!何じゃそりゃ!

▼順番表に名前を書いて待ちます。1人の人から5人グループまでいます。

▼開店前の店内はバタバタ。店員さん多め。

開店後、約10分で席に通してくれました。

早速、名物のげんこつハンバーグを注文!

静岡県民のさくらんさんは「げんこつハンバーグを食べないなんてさわやかに来る意味なし!」って言ってます。じゃぁ食べる!!

げんこつハンバーグとご対面!

注文から待つこと、10分ほど…。

ジュー。

ジュー。

ジュー。

ついにご対面です。

げんこつハンバーグがドカーーーン!!

来ました。げんこつハンバーグ。

席に来た時は丸かったんですけど、店員さんが半分に切って、ジューっと焼いてくれます。

▼ジモコロの動画を拝借。

肉汁がバッチバッチになるので、紙を持って防御しなくてはいけません。

攻撃を受け止めたら、ようやくハンバーグを堪能できます。うっひょー。

おー中身がけっこう赤い。

しかし、諸先輩のアドバイスのおかげで、なんの心配もなくかぶりつけます。レアで食べるのがさわやかの醍醐味なんです。

よーし食べるぞー。

パクっ。

もぐもぐ。

f:id:omosiroxyz:20170119171313j:plain

うまっ。

とにかくうまい。人生No.1バーグだこれ。

外側はしっかりと固めに焼かれてるけど、内側はレアでやわらかいいい。

肉汁がじわーっと口に広がるう。その肉汁はケンタッキー的なべっとり感がなくて、あっさりジューシーいい。

あーこりゃたまらんわ。

なんでこんなに美味しいんだろう…。

f:id:omosiroxyz:20161230192907g:plain

おいしさの秘密を教えてあげよう。

f:id:omosiroxyz:20170119170628j:plain

だ、誰だ!

f:id:omosiroxyz:20170119170650j:plain

どーもー。牛でーす。

f:id:omosiroxyz:20170119170628j:plain

牛かー。

f:id:omosiroxyz:20170119170650j:plain

さわやかは備長炭を使って強火で焼き上げるから「表面」はこんがり、「中身」は肉汁がギュウっと詰まってるよ!

牛だけにね!

f:id:omosiroxyz:20170119170628j:plain

「焼き加減いかがですか?」ってモー烈に声をかけてくれる、店員さんの配慮も美味しさを支えてるのかも。

牛だけにね!

f:id:omosiroxyz:20170119170650j:plain

しかもお肉は牛100%なんだ!

f:id:omosiroxyz:20170119170628j:plain

牛だけだね!!

早速、食べたくなって来た。

この記事を書いてる現在、僕は既に旅を終えて北海道に戻ってるんですけど…

あーまた食べたい。

食べたい衝動がすごい。ふらっと「さわやか」を食べれる静岡県民に嫉妬しまくりです。

静岡に行く機会のある方…いや、美味しいハンバーグを食べたいすべての方は、今すぐ静岡を目指そう!マジでうまいから!

▼御殿場インター店はこちら。さわやかは静岡県内に幅広く展開してます!