予約なしのオンライン英会話なら、NativeCamp一択です【Skype不要】

テツヤマモト
やっほう!海外フリーランスのテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「予約なしで使えるオンライン英会話は、どこが良いのか?」を共有します。

 

結論から言っちゃうと、

NativeCamp一択です!

 

そもそも、予約なしで使えるオンライン英会話はとても少ないです。

オンライン英会話最大手の「DMM英会話」や「レアジョブ英会話 」も予約は必須となっていますね…。

そんな業界で風穴を開けているのが、NativeCampなわけです。

 

僕自身、海外で仕事をしているので、英語を使う機会がたくさんあります。

英会話力を身につけるにあたっては、独学・留学も試しましたが、NativeCampに助けられた部分も大きいです。

7日間の無料体験もできますので、まずはどんだけスムーズにレッスンできるのか体験してみると良いですよ!

スポンサーリンク

予約なしで利用できるオンライン英会話は3つ

そもそも、予約なしでレッスンができるオンライン英会話は、NativeCampとCAMBLYの2社しかありません。

予約不要のオンライン英会話 利用料金 メリット デメリット
NativeCamp 月額5,950円 ・回数無制限利用できる
・24時間利用できる
・フィリピン,セルビア人講師が多い
【Cambly(キャンブリー)】 月額24,690円
(毎日30分,毎月更新の場合)
・ネイティブ講師が多い ・24時間利用できる
以前までは、バーチャル英会話教室でもグループ形式のレッスンに予約なしで参加できましたが、現在はサービス停止したようです

比較してみると、違いは一目瞭然ですね…。

CAMBLYはとにかく高いんですが、ネイティブ講師のレッスンが受けられます。

NativeCampは格安でレッスンを受けられるんですが、フィリピン,セルビア人のノンネイティブ講師が中心となります。

テツヤマモト
実際、英語はネイティブに学べば良い!ってことでもないんですけど、こだわりがある人もいると思うので、この辺りは好みですね…。

ちなみにNativeCampにも少数ながらネイティブ講師は在籍していますよ!

「予約なし」を実現するのがNativeCampのこだわりだった

NativeCampはそもそも、忙しい日本人ワーカー向けに、スキマ時間でも英語力を身につけるサービス提供を目指していました。

つまい、「予約なし」「24時間体制」「スカイプ不要」など、とにかくスムーズにレッスンすることにどこよりも力を入れているんです。

従来のように講師の予約が必要だと、レッスンの継続することが難しいですし、精神的にもあたふたしてしまいますからね…。

予約&スカイプレッスンが当たり前だった業界に、イノベーションを起こしたNativeCampはマジですごいです。

 

▼NativeCampでは、予約なしに今すぐレッスンを始められる先生が、「青の○マーク」で表示されます!

スクリーンショット 2018 12 13 13 39 47

NativeCampの他にも凄いところ!

なんかさっきからNativeCampをベタ褒めしすぎじゃない?他のポイントはどうなのよ?なんか微妙なポイントがあるんじゃないの?

ちょっとまぁ確かに、都合が良すぎる気がするんですけど、マジで文句の付けようがないのがNativeCampなんですよね…。

①レッスン教材も充実してる

料金が安くなってる分、他の会社より教材が微妙だったりするんじゃないんですか…?

…なことない!

NativeCampでは、カランメソッド(QQ Englishオンライン英会話 も導入)を主体として、TOEIC対策、旅行英会話、文法基礎学習、発音など…様々なレッスンが用意されています。

英語を聞いて話しながら「使える英語」を身に付けることにしっかり特化されているんですよ!

テツヤマモト
僕はトピックトークレッスン(トピックに合わせてひたすらおしゃべり)が好きで、いつも先生と雑談形式でたくさん会話練習してました。

 

▼NativeCampの教材はこんな感じです(ごく一部)。

②24時間365日、レッスン無制限!

レッスン時間が短かったりとかじゃなくて?

いやいや、NativeCampの凄いところは、予約なしでレッスンできるのに、24時間265日無制限で利用できることっすよ。

平日の真昼間でも、深夜早朝でも、どの時間でも暇さえあればレッスンができちゃうんです。

テツヤマモト
僕は3時間くらいひたすらレッスンやりまくってる日もありました笑

③スカイプさえ不要!

予約なしとは言っても、結局はスカイプを使うからめんどくさいのには変わりないですよね?

否!NativeCampは、独自の通信システムを持っていて、スカイプを使わずに利用できるんです。

▼レッスン画面はこんな感じ!左側に教材、右上に先生との通信・右下にチャットボックスがあります。

 


他のオンライン英会話サービスでは、ログイン→予約する→スカイプを立ち上げる→レッスンと段階を踏む必要があります。

しかし、NativeCampでは、ログイン→レッスンと、一瞬でレッスンを始められるんです。

④しかも安い

そんなに良いサービスなら、流石に料金が他より高いとかそういうことですよね!いやむしろそうであれ!

本当に困ったもんですよね。

だって、NativeCampはここまでサービスが揃ってて、料金も業界最安値なんですもん。

▼ちょっと大手と料金を比較します

NativeCamp DMM英会話 レアジョブ
月額5,950円(回数無制限) 月額5,980円(毎日1回)
月額9,980(毎日2回)
月額5,800円(毎日1回・日常英会話)
月額9,800円(毎日1回・ビジネス英会話)

業界最大手のDMM英会話・レアジョブと比較していても、料金はだいたい同じくらいです。

…が、他社は1日あたりのレッスン回数制限、使用教材制限があるのを考えると、NativeCampが圧倒的にお得ですよ!

テツヤマモト
僕は毎日2回ペースでNativeCampのレッスンしてるので、1回100円くらいでやってることになりますね笑

スポンサーリンク

NativeCampのデメリットは?

ちょっとここまでベタ褒めしすぎた感もあるので、少しNativeCampのデメリットも共有しますね。

①ネイティブ講師が少ない

スクリーンショット 2018 12 13 14 20 00

NativeCampは、名前のわりに英語ネイティブ講師が少ないです。

上のスクショのように、2018年12月時点で208名在籍はしているようですが、レッスンが可能な講師はピークタイムでも10人程度ですね…。

 

加えて、ネイティブ講師はやはり人気が高いので、予約をしない限りレッスンを受けることができません。

どうしてもネイティブと話したいのであれば、値段が張りますけど、DMM英会話【Cambly(キャンブリー)】の利用が良さそうです。

テツヤマモト
ぶっちゃけ僕は、ネイティブにこだわる必要はないんじゃないかなーと思います。英語を使うって、むしろ母語が英語じゃない人との方が多いですからね。

②予約には有料コインが必要

「予約なし」で利用できるのが、NativeCampの強みではあります。

ただ反対に、好きな講師・日時を指定してレッスンをするには、有料コインを使う必要がなります。

一般講師は100コイン(200円分)、ネイティブ講師は500コイン(1000円分)ですね…。

 

決まった時間に決まった先生と、みっちりレッスンしたいなら、DMM英会話レアジョブ英会話 の利用が良さそうです。

残念ながら、NativeCampは空いた時間にささっと英会話をやりたい人向けなので、規則正しくレッスンしたい人には向かないです。

無料期間が1週間ある!

最後です!ここまで読んでいただいて、NativeCampに興味を持った方に朗報があります。

NativeCampには、1週間の無料体験期間が用意されています!

期間中もレッスンは無制限で受けられますし、予約なしで使えるプラットフォームも利用可能です。

 

何はともあれ、まずは無料体験をしてみて、自分に本当に合っているのか試してみると良いのではないでしょうか。

NativeCampの無料体験は、クレジットカードの登録が必須です。

無料体験中の退会申請を忘れてしまうと、自動で課金されてしまうので、こちらだけ注意しましょう。

退会申請の方法などは、FAQページで丁寧に解説してくれています。

 

▼最後までありがとうございました。他にも英語学習法や留学体験について記事を書いています。

ネイティブと話せる格安オンライン英会話は3つだけ【最安2,074円】

2018年12月21日

回数無制限のオンライン英会話なら「NativeCamp」一択です【三社比較】

2017年3月17日

サウスピーク日本語禁止校がキツい&最高でした|1ヶ月でTOEIC130点UP

2019年8月18日

 

▼セブ島での留学体験について、YouTubeでお話ししました。

ABOUT

旅好きWEBマーケター🌏 北大経済▶︎旅行誌編集▶︎フリーライター▶︎世界一周36ヶ国▶︎海外ノマド2年半(ブログとサイト制作) ▶︎旅行系IT企業でWEBマーケ担当 ■副業でブログ(最高月22万PV)とYouTubeとかやってる ■英語とスペイン語が少しできる ■オードリーのオールナイトニッポンのヘビーリスナー ■詳しいプロフィールはこちら