UdemyでWordPress制作を学べるおすすめコース4つ【全部買った】

スポンサーリンク
宿を安くする方法

やっほう!フリーエンジニアのテツヤマモト(@okapo192)です。

今回は「WordPressで学べるUdemyのおすすめ講座」を共有します。

Progateは一通りやったけど、次は何をすればいいんだろう?
WordPress制作を勉強するためにゼロから学べる教材はないかしら?

こんな疑問を解決できれば嬉しいです。

 

昨今、スキルアップでプログラミングを勉強する人が増えてきました。

僕もそのうちの一人で、プログラミングを始めたのはつい半年前のこと。

現在はWordPress制作を中心に、フリーエンジニアとして仕事をしています。

WordPress制作で月10万円稼ぐための最速勉強法【未経験から3ヶ月】

2018.05.30

 

さて、僕が最速3ヶ月でエンジニアになれたのは、的確な教材を選択して、無駄なく勉強できた要因がとても大きいです。

初心者で何もわからない僕を導いてくれた、先輩フリーランスに感謝ですね…。

 

今回は僕が取り組んできたプログラミング学習のうち、「Udemy」の動画教材を紹介します。

Progateやドットインストールなど無料教材のあとは、レベルを上げてこちらに進むといいですよ!

Udemyとは?

Udemyは、動画形式で専門家の講義を受けられる、世界最大級のオンライン学習サービスになります。

正直なところ、初めて聞いた…っていう人もいるかもしれません。

それもそのはず、日本版は2015年にベネッセと提携して、ようやくオープンしたところなんですね。

 

最近では、日本語教材も増えてきて、かなり盛り上がってきている印象を受けます。

▼僕自身、Udemyが大好きで、プログラミングや語学の教材に3万円近く費やしてます笑

プログラミング教材としては、Youtubeやドットインストールなど、無料で学べる動画サイトもあります。

ただどうしても、無料教材では実務で使うマニアックな部分を網羅できませんし、広告も挟まって集中力切れますよね。

Udemyでは、実務に近い内容をスムーズに学べるので、時間を忘れてのめりこめますよ。

WordPressが学べるUdemyの講座

Udemyには、「WordPress」を扱った教材が多々あります。

ただ、Udemyはアマチュア講師でも教材を販売できるため、クオリティはまちまちだったりします汗

今回は僕が実際に試した教材の中から、初心者〜中級者のWordPressに最適な教材を紹介しますね。

①Wordpressの基礎と、独自デザイン講座:Progateの次はこれ

こちら、僕の一押し講座です。

講座時間は4時間弱で、僕はセール期間に10ドルで買えました。本1冊分ですね。

 

コンテンツは、WordPressの基礎からエディターや仮想サーバーなど、必要環境の調整からスタート。

ゼロからオリジナルテーマを作りつつ、PHPファイルの編集をじっくり学べる仕様です。

つまり、この教材をこなせば、一通りのWordPress制作が可能になるわけです。

 

開発環境の整備や、WordPressやBootstrapの使い方は、Progateやドットインストールでは学べない部分です。

HTML/CSSの基礎がある人向けになりますが、WordPress制作への第一歩にはこちら最適でしょう。

 

②フルスタック・Webエンジニア講座:アプリやWEBサービスも気になるならこれ

こちらは、Udemy日本語版でトップクラスの売り上げを誇る講座です。

講座時間は全部で驚きの17.5時間で、こちらもセール期間に10ドルで買えました。破格すぎです。

 

コンテンツは「フルスタック」というだけに、ウェブ系言語を網羅して学べます。

APIやPythonの基礎も学べるので、ウェブ分野を中心としつつ、アプリやウェブサービス開発にも興味がある人には最適です。

 

活用方法としては、Progateなど無料講座の補完・復習として使うのがおすすめです。

WordPressやBootstrapなど、実務では使うのに、Progateでは扱っていない部分もカバーできます。

基礎が定着しているのか不安が残る人は、こちらで基礎固めを再度行いましょう。

 

③WordPress Theme Development with Bootstrap:稼ぐエンジニアになりたいならこれ

こちらは本家アメリカを含め、Udemy全体でもトップクラスに売れているWordPress教材です。

講義時間は12時間で、僕は45ドルくらいで買いました(今はセールで900円でした涙)。

全編英語になりますが、エンジニアを目指すなら英語教材には慣れておい方がいいですよ。

 

コンテンツは「少ない時間で効率よく稼ぐ」を最大のテーマに、「Bootstrap」の活用を詳しく学びます。

プログラミング基礎を抑え、WordPressでサイトを作れる中級者向けの内容になりますね。

このコースには、いかに短時間でコードを書いていくか、スムーズにサイトを構築するか、あらゆるテクニックが凝縮されてます。

 

この講座を終えれば、何日もかけて作っていたサイトが、数日で作れるようになります。

僕はブラッド先生にプログラミングの概念を変えられました。

 

④WordPress制作管理マスターコース:超初心者向け

「そもそもWordPressって何?」「ブログもHPも自分で作ったことがない!」って人はこちら。

価格は平均20ドルくらいで売っていて、僕はセールで10ドルで買いました。

 

こちらは、WordPressのインストールやサーバーやドメインの構築まで、初心者が最初につまづく部分を細かく解説してくれます。

この講座で、今さら人に聞けないWordPressの基礎中の基礎は大方学べるわけですね。

逆にいうと、自分で一度でもブログを作った経験がある人は必要なさそうです。

 

Udemyの教材を安く買うコツ

Udemyの価格はユーザーの特性によって、値段がけっこう変動します。

ログインしていたり、1つも講座を購入していないと安くなったり…。

何気無く買うと、後日半額以下で売られていてがっかりすることも。

ただ安く買うコツをいくつか見つけたので紹介しますね。

①まとめて買う

各講座の概要下に「他の講座と合わせて買う」があるのですが、なぜかこちらが定価より安いです。

人気講座を2つ合わせて買うと、人気講座1つを買うよりも安いんです!爆

お分かりでしょうか…。WordPress制作管理マスターコースの単品価格は20.99ドルです。しかし「文系でもわかる〜」と一緒に買うと、19.98ドルになります。謎仕様です笑

仕様が謎ですが、こちら使わない手はないです。

②2000円前後なら買う

Udemyは常時セール価格で売っているのが普通で、時折、大きなセールがやってくるイメージです。

価格変動がなかなか難しいのですが、個人的には2000円以内で買えるならば、それは狙い目です。

2000円以内なら、専門書1冊買うくらいですし、ためらいなくポチっちゃいましょう。

 

 

ちなみに、この記事書いている時点では、新規ユーザー向けのキャンペーン価格が適用されています。

全ての講座が900円くらいで買えるびっくりセールなので、ぜひサイト見に行ってみてください。

 

 

【レビュー】Udemy(ユーデミー)を使い倒す活用法【強みを作ろう】

2018.06.18

Udemyの人気講座を安く買う方法4つ【実はセールだけじゃない】

2018.06.15

WEBサイト制作の仕事の流れ(受注から納品まで)を解説する【フリーエンジニア向け】

2018.06.04

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!