【キューバ】ハバナの治安情報まとめ【安全だが夜道に要注意】

キューバのハバナに行くけど、治安の面とか大丈夫?ちょっと不安だなぁ

結論から言うと、キューバは中南米の国々の中では、とても治安が良い国です。

公的機関からも警告は出ていないので、気軽に旅行できます。

 

僕は2018年10月にキューバの首都ハバナに9日間滞在していました。

この間も特に危険な体験は無かったのですが、若干怖いなと感じる場面や、地元のキューバ人に注意を受けたこともありました。

今回はこれからキューバやハバナを旅する人向けに、公的な治安情報や、僕の実体験を共有していきます。

知っておくべき最低限の知識を押さえた上で、楽しいキューバ旅行を満喫しましょう!

スポンサーリンク

キューバは社会主義国!基本的に治安は良い

DSC 0036

冒頭の通り、キューバは中南米において、比較的治安が良い国です。

その理由として最も大きな要因は、キューバが社会主義国であることが挙げられます。

キューバ自体はとても貧しい国ではあるんですが、貧富の差がとても小さいので、あまり嫉妬心や欲がないんですよね。

 

また、キューバは観光収入が大きな収入源なので、観光客への犯罪は重く取り扱われます。

よって、高いリスクを負って観光客を狙う人は、他国に比べて少ない傾向にあるようですね。

日米の外務省の見解は旅行OK!

治安情報について確認する際は、何よりも先に、公的機関の発表をチェックするようにしましょう。

「SNSで世界一周してる旅人が安全って言ってた!」って情報は、参考程度にした方が良いです。

世界情勢は刻々と変化していますし、事実、数年前まではシリア(現在渡航禁止)だって、旅の人気国だったんですから。

①日本の外務省の見解は安全!

2018年11月時点で、日本の外務省の見解では、キューバは渡航に問題のない国との認識です。

スクリーンショット 2018 11 01 17 56 25

参考:外務省 海外安全ホームページ

首都のハバナだけでなく、キューバ全土において、最低限の注意での旅行が可能との認識ですね。

…ですので、治安がマズそうだから旅行辞めておこうかな?と考える必要は無いです。

②米国の外務省の見解は注意!

次に、キューバにより近い、米国の外務省の旅行情報ページを見てみます。

こちらも強い警告は出ていませんが、レベル2の「普段よりも十分に注意してくださいね」という注意が出てます。

スクリーンショット 2018 11 01 17 58 33

参考:Travel.State.Gav-Cuba

米国の見解としては、とても安全とは言い切れないと言ったところですね。

…とはいえ、米国の治安認識は結構厳しくて、イギリスやドイツなんかもレベル2の注意が出ています。

ヨーロッパと同じくらいの安全意識で、夜道やスリには注意しましょうといったイメージでしょうか。

③日本人への強盗事件が起きている

1つ、日本の外務省が2018年1月に日本人の強盗被害があったことを報告していました。

ハバナの中心部、プラド通り周辺の裏通りを歩いているところを、後ろから首を絞められて荷物を取られたようです。

人通りの少ない裏通り、かつ23時半の夜道ということで、さすがに油断しすぎな感じもしますね…汗

とにかく、夜道はなるべく歩かない、人通りの多い道を選ぶ、荷物を最小限にする…といった注意はどこの国に行くにしても必要です。

スポンサーリンク

キューバ・ハバナに滞在して感じた治安感

ここからは僕が実際に滞在して感じたことを共有しますね。

①夜道は暗くてちょっと怖い

IMG 6817

1つ思ったのは、確かにキューバは安全なんだろうけど、ちょっと夜道は怖いってことですね。

首都のハバナであっても、深夜まで営業しているお店は少ない上に街灯も少ないので、街が真っ暗になるんです。

そこに、タトゥーが入りまくったドレッドヘアの若者が出歩いてるわけで、わかっていてもビビります汗

 

実際、僕はほぼ毎日暗くなった後に出歩いていたんですが、事件事例もあるので、十分な注意は怠らないようにしましょう。

▼深夜23時頃のWi-Fi公園の様子です。この時間でもたくさんの人が集まっていました。

IMG 6800

②物乞い?しつこいおねだり

キューバの街を歩いていると、物乞いと言いますか、おねだりをしてくる人がたくさんいます。

「WiFiのカードくれない?」「タバコくれない?」「ワンコインくれない?」「iPhone触らせてくれない?」などなど…。

悪い人はいないんですが、中にはしつこく付き纏ってくる人もいました。

…まぁ、基本無視で問題はないです。

③お釣り・料金のごまかし

IMG 7003

キューバには、1USドルに値する「CUC」という通貨と、5円弱の価値しかない「CUP」という2つの通貨があります。

こちら外国人観光客には非常にわかりにくいシステムなので、しばしばトラブルの種になるわけです。

よくあるのは、お釣りを誤魔化してきたり、実際は5CUP(約25円)なのに5CUC(約570円)要求されたり…。

キューバの通貨の違い・特徴は、事前知識としておさえておく必要がありますね。

④タクシー運転手が嘘つき

キューバのタクシー運転手には少し注意が必要と感じました。

僕が両替所を探して空港を歩いている際、「両替所は別のターミナルにしか無いぜ!タクシー乗れよ」と言われたんですが、両替所は近くにありました汗

あと「シャトルバスは今は無いからタクシーに乗れよ!」とか言われたんですが、こちらも数分後にバスが来ました。

まったく困ったもんですが、嘘つきドライバーが多いので注意しましょう。

 

▼ハバナの空港から市内への移動費はタクシーを使うと高いです。バスを使う裏技はこちらで紹介してます。

キューバ・ハバナ空港⇆市内の激安バス移動方法【タクシー高すぎ】

2018.10.28

⑤売春婦がめちゃくちゃ多い

こちらは主に男性向け情報ですが、キューバは売春婦がめちゃくちゃ多いです。

特にマレコン周辺を歩いていると、「今夜どう?」と営業してきますし、いきなり腕引っ張ってきたり、スカートめくって見せてきたりとかありました汗

それが目的で来てるなら別ですけど、未成年だったり、病気持ってたり、何かと危ない事例も聞くんで、あまり関わることはオススメしないです…。

地元のキューバ人に聞いたこと

僕はハバナ市内では、Airbnbを利用して、キューバ人の”カサ”(家)に民泊していました。

その際、オーナーにいくつか注意を受けたので、こちらも共有しますね。

①バスの中は荷物に注意しろ!

キューバのバスは1CUP(約5円)で乗れることもあり、言わば、本当に様々な層の方が利用しています。

そして、満員になってぎゅうぎゅうになることが多いです。

パスポートやら財布やらスマホやら、手荷物には十分に気をつけろとのことでした。

②売春婦はなんでも盗むぞ!

前述の通り、ハバナには売春婦がかなりいるんですが、物を盗むケースが結構あるみたいです。

…まぁこれはキューバに限らず、どこの国でもそうですね。

一線超えたビジネスやってるわけで、もうなんでもやってしまう覚悟があるんでしょう。

スポンサーリンク

おまけ:葉巻で体調不良になった

おまけ程度ですけど、キューバに来たら、本場の葉巻を試したい方が多いと思うんですが…

僕、めっちゃ吐いたんで注意です!汗

旅先でトラブルに遭ったり、体調崩したら、本当に気分暗くなりますからね…。

とはいえ、一歩踏み出さないとつまらないのも旅なんですけど。

 

▼最後までありがとうございました。ハバナの観光情報を他にもまとめてます。

【キューバ】ハバナのカサ(民泊)は、Airbnbで予約がおすすめ【安心】

2018.10.29

【キューバ】ハバナの格安WiFi・インターネット利用方法【2018年版】

2018.10.30

 

▼旅をしながら働く、僕のライフスタイルの秘密も無料公開してまっす!

僕が旅しながら稼ぐためにやってる仕事3つ【海外放浪2年目】

2018.06.24

海外ノマドとは?仕事内容や収入・なり方の総まとめ【2年継続中】

2018.07.31

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!