キューバの物価は激安!買った物の価格まとめ【通貨の両替情報も】

キューバは物価がエゲツない安い国の1つです。

国民が数千円の給料で生活していることもあって、日本人が観光で行くと、物価の安さに衝撃を受けるかと…。

キューバの物価ってどんな感じなの?旅行に行くけど、どれくらいお金を使うのか把握したいな…
激安でサンドウィッチやアイスが食べられるって本当?

今回の記事では、この辺りの疑問に関して、2018年10月に実際にキューバを訪ねてきた経験をシェアします。

僕ば9日間、首都ハバナの比較的ローカルエリアで現地生活をしてたので、現地の人の物価感をつかむことができました。

 

購入した物・サービスの価格をリスト化して紹介するので、キューバ渡航前の人はぜひメモを!

観光客価格のお店で満足するだけでなく、ローカルなお店も経験するのがオススメです。

スポンサーリンク

キューバの通貨・両替事情

IMG 7003

早速、物価事情を紹介する前に、キューバには2つの通貨があることを知っておく必要があります。

長くなるので、説明は省略しますが、複雑な歴史事情が影響しているようです。

  • CUC (兌換ペソ):1CUC=1USドル(約115円)。外貨と交換ができる。主に外国人が使う
  • CUP(人民ペソ):1CUP=1/24CUC(約5円)。主に現地キューバ人使う。

観光客が主に使うのは、CUCと呼ばれる兌換ペソになります。

ATMでお金を引き出したり、両替所で円やUSドルを両替するときも、まずはCUCをゲットする形になります。

ただCUPも持ってお くと、現地で生活する上でとても便利なので、両替所でCUCを手に入れたら、その場でいくらかのCUCをCUPに両替することをオススメします。

キューバでのお得な通貨の両替方法

キューバでお金を両替する際は、国営の銀行を利用する形になります。

どこも統一レートなので、街中であれば、どこでも両替しても損得することはありません。

ただ、①空港での両替は若干レートが悪いこと、また、②USドルには手数料が上乗せされることに注意が必要です。

「円やユーロなどの通貨」「街中」で両替するのが最もお得な両替方法になります。

 

▼ハバナ市内の両替所はこちらのマップの深緑の鞄アイコンの場所です。参考までに。

キューバの物価事情

では、ここからキューバで僕が実際に購入した物・サービスの価格をジャンルごとにまとめますね!

今回は1CUC=115円、1CUP=5円で概算します。

①食費関連

  • ミニソフト:5円(1CUP)
  • サンドウィッチ:25円 (5CUP)
  • カフェでコーヒー:115円〜172円(1〜1.5CUC)
  • 屋台ピザ:125円(25CUP)
  • 屋台パスタ:125円(25CUP)
  • 屋台チャーハン:230円(2CUC)
  • コーラ2L:172円(1.5CUC)
  • ミネラルウォーター5L:218円(1.9CUC)
  • レストラン・ファジタス:529円(4.6CUC)
  • La Flolidita・ダイキリ:690円(6CUC)
  • レストラン・パエリア:805円(7CUC)
  • レストラン・ロパビエハ:914円(7.95CUC)

食費に関しては、観光客向けのレストランで食べると、日本と同じくらいか、むしろ高いくらいに感じました。

地元の人も利用するようなローカルレストランや屋台なんかで食べると、びっくりするくらい安くて感動します…。

 

▼滞在中に何度も食べたピザ。このボリュームで1CUCです…。

IMG 7038

▼ハバナで手頃なレストランやカフェはこちらで紹介してます!

【キューバ】ハバナのおすすめレストランを5軒厳選【格安/旅人向け】

2018.11.03

【キューバ】ハバナのおすすめカフェを5軒厳選【鉄板から穴場まで】

2018.11.04

②移動費関連

  • 路線バス:5円(1CUP)
  • 人力タクシー・2キロほど:115円(1CUC)
  • 連絡船・ハバナ旧市街→カサブランカ:115円(1CUC)
  • 観光バスT1, T3:1,150円(10CUC)
  • バス・ハバナ→バラデロ:1,150円(10USドル)
  • バス・ハバナ→ビニャーレス:1,380円(12USドル)
  • バス・ハバナ→トリニダー:2,875円(25USドル)
  • タクシー・空港→市内:2,875円(25CUC)

キューバの移動費はかなり安いので、積極的にたくさんの場所に足を伸ばすといいです。

街中ではMaps.meを活用しつつ路線バス、各都市間は国営バス会社「Viazul」を使うのがオススメですね。

 

▼ハバナ空港からハバナ市内へのタクシーは、結構ぼったくり価格なので、節約したい人はこちらも路線バスを使うといいです。

キューバ・ハバナ空港⇆市内の激安バス移動方法【タクシー高すぎ】

2018.10.28
IMG 7058

③観光系

  • 入場料・ホセマルティ博物館:345円(3CUC)
  • 入場料・革命博物館:345円(3CUC)
  • 入場料・カバーニャ要塞:690円(6CUC)
  • 入場料・ディスコクラブ:575円(5CUC)
  • 入場料・ジャズクラブ(ドリンク2杯):1,150円(10CUC)
  • 葉巻(Havana Club):575〜2,300円(5〜20CUC)

観光スポットは、結構お金がかかるイメージでした…。

ある程度、行きたい場所を絞って行くことをオススメします。

 

▼ラム酒を飲みながらジャズを楽しめるクラブが一押しでした!

【キューバ】ハバナのナイトクラブで、音楽とラム酒と女の子に酔う

2018.11.05
IMG 6988 1

④その他

  • WIFIカード30分:57円(0.5CUC)
  • WIFIカード5時間:575円(5CUC)
  • iPhone充電ケーブル:460円(4CUC)
  • 散髪:1,150円(10CUC)
  • Airbnb 1泊:1150円(10CUC)
  • ツーリストカード(実質ビザ):2,300円(20USドル)

その他として、Wi-Fi・宿・ツーリストカードなんかの料金が必要になってくるかと。

WiFiカードに関しては、街中やお店で買うより、ETECSAオフィスで買うと安いです。

Airbnbではカサを利用しましたが、相場は1,000〜2,000円くらいですね。

 

▼この辺りの記事で詳しく解説してます。

カンクンからキューバのハバナへ入国!ツーリストカード(ビザ)や保険情報【2018年版】

2018.10.27

【キューバ】ハバナのカサ(民泊)は、Airbnbで予約がおすすめ【安心】

2018.10.29

【キューバ】ハバナの格安WiFi・インターネット利用方法【2018年版】

2018.10.30

スポンサーリンク

おまけ:ハバナのカサはAirbnbで予約しよう!

記事を締める前におまけとして、キューバでの滞在先は「カサ」と呼ばれる、現地のお宅への民泊が一般的になります。

こちら予約にあっては、世界的大手民泊サービスのAirbnbを使うのがオススメです。

 

▼1泊1,000円程度、WiFiの使えるカサを借りられます。

まだ登録していない場合は、既に会員の方からの紹介で3,900円分のクーポンをゲットできます。

もし周りに心当たりなければ、僕の紹介リンクからも登録できるので、よければご利用くださいませ〜。

 

キューバは少し不便な部分もありますが、物価の安さからも、欲張りに旅行を楽しめる国です。

過度に物を買い込んだりするのはマナー違反ですが、美味しく楽しく安く、充実のキューバライフを!

 

▼最後までありがとうございました。ハバナの観光情報を他にもまとめてます。

【キューバ】ハバナのカサ(民泊)は、Airbnbで予約がおすすめ【安心】

2018.10.29

【キューバ】ハバナの格安WiFi・インターネット利用方法【2018年版】

2018.10.30

【キューバ】ハバナの治安情報まとめ【安全だが夜道に要注意】

2018.11.01

▼旅をしながら働く、僕のライフスタイルの秘密も無料公開してまっす!

僕が旅しながら稼ぐためにやってる仕事3つ【海外放浪2年目】

2018.06.24

海外ノマドとは?仕事内容や収入・なり方の総まとめ【2年継続中】

2018.07.31

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!