カンクンからキューバのハバナへ入国!ツーリストカード(ビザ)や保険情報【2018年版】

メキシコのカンクンからキューバって、問題なく入国できるの?
キューバに行くには、ツーリストカードとか保険が必要って聞いたけど、大丈夫なのかなぁ…

今回は、メキシコのカンクンから、キューバのハバナへの入国情報を共有です。

 

結論、キューバへは基本的に問題なく入国可能です。

僕は2018年10月にカンクンからハバナへ、航空会社エアロメヒコを利用して移動しました。

保険やビザに関しては、特別な準備はしていなかったものの、しっかり問題なく入国できましたよ!

 

キューバは社会主義国ということで、国のシステムが少し異なりますし、日本語の情報はとても少ないのが事実です。

旅人の不安を解消できるよう、最新情報をわかりやすくまとめていきますね!

スポンサーリンク

カンクンからキューバ・ハバナへの移動

DSC 0251

カンクンからキューバに移動するには、首都ハバナ行きエアロメヒコ便を利用するのが鉄板です。

カンクン空港にカンクン市内から向かうには、ADOバスで移動するといいですよ。

本数は多いので予約の必要はありませんし、82ペソ(約500円)で快適に移動できますよ。

 

▼カンクンのADOバスの乗り場はこんな感じです。

IMG 6488

キューバ入国・メキシコ出国に必要な4つのもの

キューバ入国・メキシコ出国にあたって、4つ必要なものがあります。

  • 1.ツーリストカード(実質、観光VISAになります)
  • 2.海外旅行保険への加入
  • 3.メキシコの出入国カード
  • 4.キューバの税関書類

こちらに関して、不安に思っている方が多いかと思うので、情報共有しますね。

1.ツーリストカード(ビザ)について

IMG 6726

キューバに入国するにあたって、日本人は特別ビザの申請をする必要がありません。

ただ、ツーリストカードと呼ばれる、カードを空港で購入して、現地で提出しなくてはいけません。こちらが実質観光ビザ的な存在になってます。

日本人はこちらを提出すれば、30日間の観光滞在が許可されます。

参考:在キューバ日本大使館

 

ツーリストカードは、カンクン空港の各航空会社のデスクで買えます。

▼僕が利用したエアロメヒコの場合は、チェックインカウンターのむかえ側のデスクで361ペソ(約2,200円)で購入できました。

IMG 6723

出国前で現金を持っていなかったんですが、クレジットカードが使えましたよ!

価格の表記もあり、明瞭会計で安心でした。

同じく2018年10月にキューバ入国した友人は、チェックインカウンター周辺の職員?から25USドル(約2850円)で買わされたとのこと。しかも本来必要のない帰りの分のカードも2枚買わされるところだったそうです。詐欺なのか不明ですが、航空会社のデスクで買うのが確実なので注意してください。

2.海外旅行保険について

キューバへ旅行するためには、海外旅行保険への加入が義務付けられています。

一応、英語かスペイン語の加入証書コピーが必要なのだとか。

 

しかし、入国の際、保険については何も聞かれることはありませんでした。

旅人の仲間でも、特に保険加入について聞かれた人はいないっぽいです。

…とはいえ、いつ聞かれるかわかりませんし、ってか海外旅行保険は絶対入っておいた方がいいです。

キューバに限らず、クレジットカード付帯の保険には加入しておいて、書類は随時持ち歩いた方が良いですね。

 

▼無料で海外旅行保険がつくクレカは「楽天カード」「リクルートカード 」あたりがオススメです。

クレカの海外旅行保険を3ヶ月以上に延長する裏技【カード2枚紹介】

2018年6月11日

 

▼もし既に海外に出かけてしまった場合でも、海外の保険会社なら加入できます!

海外旅行保険は出発後も、現地でオンライン加入する方法【2択提示】

2018年8月19日

3.メキシコの出入国カード

これ見落としがちなんですが、メキシコを出国するには、メキシコ入国時に記入した出入国カードが必須です。

メキシコでは、出入国カードの提出が出国審査の代わりになっていて、無くした場合は、罰金42ドルを払わなくてはいけないようです(友人が払ってました汗)。

無くさないように、しっかりパスポートに挟んでおきましょう。

4.キューバの税関書類

アイキャッチ

こちらはキューバに到着後、税関審査で提出する書類です。

キューバに向かう機内で添乗員さんからもらえるので、そのまま記入しておくといいでしょう。

特に書きにくかったりすることはなかったはずです。

スポンサーリンク

ハバナ空港(ホセ・マルティ国際空港)の様子

IMG 5971

カンクンからは2時間ほどのフライドで、ハバナ空港に到着します。時差は1時間ですね。

14時頃到着の便でしたけど、イミグレーションは結構混雑してて1時間くらいかかりました(トロイぞキューバ人!働いて!)。

…が、入国審査はささっと「どこの航空会社で来たの?」しか聞かれませんでしたね…。

 

入国審査の後の税関は、機内で受け取った税関書類を提出して、難なくスルー。

▼ターミナル3のロビーに出ると、ATMや両替所がありまして、外に出るとタクシーの客引き祭りが行われていました笑

IMG 2854

空港から市内へは、タクシーかローカルバスで向かいます。

タクシーは物価のわりにぼったくり価格なので(2,800円〜3,500円ほど)、オススメはローカルバスの利用です。

ただ、バス利用はバックパッカー向けの荒技になるので、旅慣れしていない人は大人しくタクシーを利用すると良いですね…。

こちら空港からローカルバスで移動する方法は、別記事「キューバ・ハバナ空港⇆市内の激安バス移動方法【タクシー高すぎ】」が参考になります。

約5円で市内まで行くことができる、めちゃくちゃコスパの高い方法になります。

おまけ:キューバではカサに宿泊!

DSC 0327

キューバでの滞在先は「カサ」と呼ばれる、現地のお宅への民泊が一般的です。

こちら予約にあっては、世界的に人気のAirbnbを使うのがオススメですよ!

1泊1,000円程度、WiFiの使えるお宅を中心部に借りられます。

 

まだ登録していない場合は、既に会員の方からの紹介で3,900円分のクーポンをゲットできます。

もし周りに心当たりなければ、僕の紹介リンクからも登録できるので、よければご利用くださいませ〜。

楽しいキューバ滞在になるよう、別記事もどんどん参考にしてもらえると嬉しいです。

 

▼最後までありがとうございました。ハバナの観光情報を他にもまとめてます。

【キューバ】ハバナのカサ(民泊)は、Airbnbで予約がおすすめ【安心】

2018年10月29日

【キューバ】ハバナの格安WiFi・インターネット利用方法【2018年版】

2018年10月30日

【キューバ】ハバナの治安情報まとめ【安全だが夜道に要注意】

2018年11月1日

 

▼旅をしながら働く、僕のライフスタイルの秘密も無料公開してまっす!

僕が旅しながら稼ぐためにやってる仕事3つ【海外放浪2年目】

2018年6月24日

海外ノマドとは?仕事内容や収入・なり方の総まとめ【2年継続中】

2018年7月31日

ABOUT

旅好きWEBマーケター🌏 北大経済▶︎旅行誌編集▶︎フリーライター▶︎世界一周36ヶ国▶︎海外ノマド2年半(ブログとサイト制作) ▶︎旅行系IT企業でWEBマーケ担当 ■副業でブログ(最高月22万PV)とYouTubeとかやってる ■英語とスペイン語が少しできる ■オードリーのオールナイトニッポンのヘビーリスナー ■詳しいプロフィールはこちら