キューバ・ハバナ空港⇆市内の激安バス移動方法【タクシー高すぎ】

ハバナの空港から市内に行くにはどうやっていけば良いの?
タクシーがめっちゃ高いらしいけど、どうにかならないの?

今回はハバナ空港⇆ハバナ市内への移動方法を解説です。

 

先に言っちゃうと、空港から市内へはタクシー移動が一般的です。

…ですが、この記事では旅慣れした人向けに、激安ローカルバスで市内へ向かう方法を解説します。

タクシーの場合、3,000円ほどかかるんですが、バスだと5円で行けちゃうので笑

 

僕自身、2018年10月にキューバを訪ねた際、こちらローカルバスを使いまして、市内へ移動しました。

少し大変ですけど、往復で6,000円ほど節約できるので、その分、観光に予算を振れますね!

では、写真付きでわかりやすく解説しますので、ハバナ観光の前に参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

ハバナ空港⇆ハバナ市内への移動は2パターン

まず、空港から市内への移動は2パターンあります。

  • ○タクシー:25〜30CUC(約2,800〜3,500円)で乗車可能。とにかく高い
  • ○ローカルバス:1CUP(約5円)で乗車可能。バス停まで歩くのが大変

両者とも、メリット・デメリットがあります。

予算や体力、到着時間と相談しつつ、どちらを選択するか選ぶと良いです。

 

僕は昼到着で、荷物も少なかったので、節約のためにローカルバスを選択しました。

大変っちゃ大変ですけど、約6,000円の節約となれば、ちょっと頑張れる気がしませんか?笑

今回はローカルバスを使った方法を中心に紹介します。

ちなみに、タクシーの利用方法は簡単でして、ターミナルのロビーや出入り口付近にいる客引きに声をかけて乗車すればオーケーです。

ハバナ市内であれば、料金はどこでも25〜30CUCで移動することができます。

ハバナ空港から市内へのローカルバス移動

では、ローカルバスの利用を考えたい、玄人バックパッカーなあなたに向けて、情報共有しますね。

いくつかミッションがありますので、順に解説していきます。

①CUCをゲットして、CUPに両替する

まずはターミナル3のロビーにて、ATMか両替所を利用して、キューバ・ペソ(CUC)をゲットします。

ここで注意が必要なのが、キューバには2種類のお金がありまして、バス乗車に必要なのはCUPと呼ばれるローカル通貨の方です。

CUCをゲットしたのち、さらにそのCUCを両替所でCUPに両替する必要があります。

バスにはCUCでも乗れるかと思いますが、お釣りを面倒がられるか、省略される可能性が高いです。

1CUC=24CUP(2018年10月時点)なので、かなり価値が変わってくるんですよね…

両替レートは、空港よりも市街地の方が良いです(大差はないですが)。

空港ではちょびっとだけにしていて、メインの両替はハバナ市内でした方がお得です。

②バス乗り場に向かう

CUPをゲットしましたら、バス停に向かいます。

▼ハバナ行きの電車に乗車できるバス停はこの辺りにあります。

ほとんどの国際線が発着するターミナル3からバス停までは、3キロほどの距離がありまして、移動手段はいくつかあります。

  • ○自転車タクシー:1人1CUC(約115円)。良心的
  • △シャトルバス:1CUP(約5円)。便利だが、本数が少ない
  • ×徒歩:2〜3キロあるので、荷物を背負って歩くのは大変
  • ×タクシー:10CUC(約1150円)。ぼったくり価格

徒歩とタクシーは距離と値段面からお勧めしません。

シャトルバスは時間が合えばいいのですが、1時間に1本くらいしか出ていないようで、自転車タクシーがベターかもしれません。

 

僕は行きはシャトルバス、帰りは自転車タクシーを使いました。

▼シャトルバス乗り場はターミナル3をでて、少し左手に歩いたこちら。地元のキューバ人が集まっているベンチのあたりで待って入ればOKです。

▼シャトルバスでは、乗車時に運転手さんに1CUPを渡して乗車します。ターミナル2へは10分ほどで着きます。

▼自転車タクシーのお兄さんは、空港から外に出た大きな道路沿いで待ってます。

若干、スペイン語での交渉が必要かもしれません。ブス・ペ・ドセ!(P12のバス!)で行けるはず。

料金は僕が利用した際は、一人当たり1CUCでターミナル間を移動してくれました。

さすがに地図もなしに、ローカルインフラを移動するのは不安だと思うので、入国前にオフライン地図アプリの「maps.me」をDLしておくことをおすすめします。

こちら使えば、WIFIがなくとも、GPSで自分の居場所やバス停の位置を確認することができます。

③P12のバスに乗る

バス停まで辿り着きましたら、「P12」と書かれたバスに乗れば、市内中心部まで向かうことができます。

乗車時に1CUPを運転手の方に手渡せば、どこで降りても大丈夫です。

 

▼バスの中は混み合いますし、どローカルな雰囲気が流れてます。旅行者はほぼいないです。

ハバナ市内へはだいたい50分ほどで到着しました。

▼終点はハバナ中心部のフラテルニダ公園になりまして、ここからは各自タクシーなり徒歩でホテル・カサに向かいましょう。

スポンサーリンク

ハバナ市内からハバナ空港へのローカルバス移動

次はハバナ市内からハバナ空港への移動方法、逆になります。

こちらも基本的に同じで、P12のローカルバスに乗れば、空港にたどり着くことができます。料金も同じく1CUPです。

注意点として、ハバナ市内からのP12の乗り場は、来た時と少し異なります。

 

▼ハバナ空港へ向かう際には、フラテルニダ公園から少し西に歩いたエルクリタ公園の東側にある乗り場から乗車します。

▼乗り場の様子はこんな感じです。P12の看板があるのでそちらで待ちます。

▼降り場は、こちらもターミナル2近くの道路沿いになります。前述の通り、自転車タクシーやシャトルバスでターミナル3を目指しましょう。

ほとんどの国際線はターミナル3からの出発になりますが、一部路線はターミナル2からもでています。

僕が利用したドイツ行きの便がターミナル2だったので、僕はターミナル間を行ったり来たりしました汗

おまけ:カサのお得な予約方法

最後になりますが、キューバでの滞在先は「カサ」と呼ばれる、現地のお宅への民泊が一般的になります。

こちら予約にあっては、世界的に人気のAirbnbを使うのがオススメです。

 

▼1泊1,000円程度、WiFiの使えるお宅を中心部に借りられます。

まだ登録していない場合は、既に会員の方からの紹介で3,900円分のクーポンをゲットできます。

もし周りに心当たりなければ、僕の紹介リンクからも登録できるので、よければご利用くださいませ〜。

楽しいキューバ滞在になるよう、別記事もどんどん参考にしてもらえると嬉しいです。

 

▼最後までありがとうございました。ハバナの観光情報を他にもまとめてます。

【キューバ】ハバナのカサ(民泊)は、Airbnbで予約がおすすめ【安心】

2018年10月29日

【キューバ】ハバナの格安WiFi・インターネット利用方法【2018年版】

2018年10月30日

【キューバ】ハバナの治安情報まとめ【安全だが夜道に要注意】

2018年11月1日

 

▼旅をしながら働く、僕のライフスタイルの秘密も無料公開してまっす!

僕が旅しながら稼ぐためにやってる仕事3つ【海外放浪2年目】

2018年6月24日

海外ノマドとは?仕事内容や収入・なり方の総まとめ【2年継続中】

2018年7月31日

ABOUT

旅好きWEBマーケター🌏 北大経済▶︎旅行誌編集▶︎フリーライター▶︎世界一周36ヶ国▶︎海外ノマド2年半(ブログとサイト制作) ▶︎旅行系IT企業でWEBマーケ担当 ■副業でブログ(最高月22万PV)とYouTubeとかやってる ■英語とスペイン語が少しできる ■オードリーのオールナイトニッポンのヘビーリスナー ■詳しいプロフィールはこちら