セブ島に留学して、感じるフィリピンの3つの魅力

こんにちは。面白ハンターのテツヤマモトです。

2日前からフィリピンのセブ島に語学留学しにきています。

留学中は主に、今回のチューターしてもらった北海道グローバルリンクス社のホームページで記事を書いていきます。

フィリピン留学について細かな情報を知りたい人は是非こちらをご覧になってください。

寄稿記事は基本的に真面目。面白ハンターではいつものように「こりゃ面白いぞ~」と思ったことを自由気ままに書きます。

さて、フィリピン留学が始まって、まだ2日程度ですが、この時点でフィリピンは面白い事だらけ。むしろ、僕が初海外体験ということもあって、びっくりすることだらけ。

今回はそんなフィリピンの面白いポイントを紹介していこうと思います。

1.圧倒的にサボりがちな国民性

まずはフィリピンのセブ島に降り立った瞬間に驚いたことがあって、空港の職員がゆるゆるーと仕事やってるんですよね。

税関の職員さんも窓口空いているのにこちらにどうぞーとか言わないでぼけーっとしてる。空港の職員の人も地べたに座って休憩してる。荷物検査で荷物をまぁまぁの勢いで投げ渡される。

うわっこの国すげぇな~って思ったんですけど、極め付けはスーパーマーケットですね。留学初日にオリエンテーションで生活物品を買いにスーパーに連れていかれるわけですが、そこで見た風景に感動しました

店員が圧倒的にサボってるんですよね。

これ普通に営業時間ですからね。なんならセブ島の中でもまぁまぁな位置づけにあるショッピングモールのスーパーですからね。

たぶん仕事数に対して、授業員の数が多すぎるだけだとは思うんですけど、このサボりっぷりには感動しちゃいます。お買い物でレジに並んでも「えー買うのー?おしゃべりしてたじゃーん」って感じです。

これは日本では絶対に見られない面白い景色だなーと思いました。わりと感動(笑)

2.色んな友達が出来る!

留学と言えば、やっぱり国際色豊かなお友達を作るのが楽しみですよね!

圧倒的に友達作りが苦手で、ブログとか言う根暗な趣味を持っている僕ですが、今回の留学では無事お友達ができそうです!

僕のお友達を紹介してきますね!

まずはお部屋に遊びに来てくれたトカゲ君です。

こんな大きいやつトカゲのお友達ができたのは初めてです。僕のベットの下を這いつきまわったり、天井をや壁を這いつきまわっています。最終的にはタンスの裏に隠れてしまいました。照れ屋さんだなー。

他にもお友達できましたよ!

お部屋の前で待っていてくれたカエル君です。

これまたこの大きさでぴょんぴょんしているカエル君には初めて会いましたね。彼もまた照れ屋さんなのか、いきなり近付いてきてびっくりしました。これがウワサのエアーインってやつですね。

3.何かとキリスト教のエッセンスっぽい

僕が通っているのはセブ島の英語学校English Fella2

この学校はまぁまぁスパルタで朝から晩まで英語の勉強している感じの学校。校内のいたるところにメッセージ性がすごい掲示物があるんですよね。

英語が出来る。未来が開ける。

おっおう…。そうですねぇ。

なんかこの日本のキリスト教の看板で見るようなメッセージが至る所にあるんですよね。これは本当にスパルタというか勉強せざるを得ない状況が作られます。

やっぱりフィリピンはキリスト教が主な宗教な国ですから。やっぱりリスペクトの気持ちがあるんでしょうねぇ。

学べる時間は限られている。最大限Fellaの環境を活用しよう。

わ、わかりました…。頑張ります、僕!Fellaは変な意味ではなくて学校の名前ですからね。

出席必須、だらけてはいけない!

ひ、ひぃ!!頑張って出席します!早起きします!ごめんなさい!

こんな感じで英語漬けになれる環境で必死に英語を勉強できるんです。これは最高ですねー。

あと2週間頑張るぞ!

4月から就職の僕は、この留学が学生時代最後のバケーションになります。

なんとか最後まで楽しめるように必死に頑張っていこうと思います。そして2週間しかいませんけれども、少しでも英語が上達するように頑張ります。

記事に関しては、寄稿と面白ハンターでバランス良く気ままに更新していきます。留学の様子に関してはこちらの記事でも紹介していますので参考にしてくださいね~

それでは本日はこのあたりで。

ちぇけ

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!