『僕は愛を証明しようと思う』の恋愛テクニックをブログ文章に活かす

僕は愛を証明してみようと思う。」という本を読みました。

「この東京の街は、僕たちのでっかいソープランドみたいなもんですね」

「あぁ無料のな」

…という衝撃的なオープニングで始まる、野郎向けの恋愛ノウハウ本ですね。

スクリーンショット 2018 08 25 15 46 15

SNSでしばらく前に大いに話題になってたんですけど、

いや別にナンパとか興味ないかな読まなくて良いかなー

って感じで、僕自身ずーっと手に取ってませんでした。

 

そんな中、先日友人にオススメしてもらって試しに読んでみたんですけど、もうー驚きました。

いやこれ、ブログ文章に使える、心理学ノウハウのオンパレードなんですよ。

 

よくよく考えれば、恋愛工学だって文章術だって、根本は心理学です。

恋愛では「出会い→デート→セックス」なのが、文章では「リード文→本文→コンバージョン」に変わっただけ。

性欲が強い人は仕事ができるなんて言いますけど、相手を「最後」まで誘導する心理学スキルが反射的に身についてるんでしょうね…。

 

今回はブログライティングで生活してる僕が、恋愛工学理論を文書術に応用する方法をまとめます。

あなたの文章を使った売り上げアップや、恋愛分野での”コンバージョン"にも一役変えれば嬉しいです。

スポンサーリンク

恋愛工学のACSモデル

恋愛工学において、相手を思いのままに動かすには、ACSモデルと呼ばれる、3段階のステップを減る必要があります。

  • Attraction:異性として意識させる
  • Confort-Building:信頼関係をつくる
  • Seduction:誘惑する

ようは、ナンパ→飲みに行く→家に誘ってSEXという段階を辿って、ウハウハするわけですね。

 

これ文章術にも置き換えられるなと思ってて、

  • Attraction:リード文で価値を感じてもらう
  • Confort-Building:本文で、読者と信頼関係をつくる
  • Seduction:文末で次の行動を促す

こんな感じ。ブログの場合、促す行動は、アフィリエイトに誘導したり、関連ページに移ってもらったりになりますね。

 

では、ACSモデルに当てはめつつ、どうやって文章を書けば、読者を思いの動かせるか考えてみます。

ステップごとに紹介していきますね。

Attraction:リード文で価値を感じてもらう

恋愛も文章も、第一印象が9割です。

「女は男と出会うと、そいつが将来セックスをしたり、恋人になるかもしれない男か、ただの友だちにする男かをすぐに仕分けてしまう。友だちフォルダだ。いったんこの友だちフォルダに入れられると、そこから男フォルダに移動するのは至難の技だ。」

恋愛ならば、出会った時点で友達フォルダに入らないように、文章ならば、リード文で「読むべき記事だ!」と感じてもらわなきゃ負けです。

リード文の時点で「どうでもいい記事」と認定されたら、ささーっと読み流す、もしくは戻るボタンを押されてお終いですね。

 

書き出しのリード文を読んだ時点で「読むべき記事」に食い込むためにはいくつかコツがあります。

  • 実績を伴った簡潔な自己紹介
  • 一般論からの驚きの事実
  • ぱっと見のデザイン

リード文に、この辺りの組み込めれば、読者を逃すことはありません。

本文自体もじっくり食い入るように読んでもらえるので、ようやくスタートラインに立てるわけです。

この辺りはまた個別で解説します。

Confort-Building:本文で信頼構築する

恋愛も文章も、コミュニケーションの根本には「信頼関係 (ラポール)」が必要不可欠です。

「デートというプロセスは、女とラポールを築き、セックスへとリーディングしていく行為に他ならないんだ」

恋愛ならば、自分が社会的に危険や問題のない人間であること、文章ならば、読み手に自分の役に立つことを確信してもらわなきゃいけません。

相手との信頼関係を作る前に行動を促しても、何も成果は挙げられませんからね。

 

文章を書く上で「信頼関係」を築くために重要なのはこのあたりです。

  • YESセット
  • マインドリーティング
  • ストーリーを語る

 

いやなんかよくわかんないよ、どういうこと?

すみません、少し難しくなってしまいましたね。

僕も心理学や、ブログライティングを同じことで悩んでいました。

しかし、大学の心理学講義や、たくさんの本、そして毎日のようにブログを書くことで少しずつノウハウを構築できたんですね。

いくつかの本やブログ記事をこうして熱心に読んでいるあなたなら、必ず自由に使いこなせるようになりますよ!

 

…はい、上の文章にもろもろのテクニックを盛り込んでます。

細かく説明すると長くなるので、こちらも追って詳しく解説記事を書きますね。

Seduction:文末で次の行動を促す

相手を魅了させて、信頼関係を構築できていれば、あとは行動を促すだけです。

ここでは最終奥義とも言える、強力な一手を打つといいですね。

イケメンや金持ちより、単に他の女にモテている男がモテるという、恐ろしい事実だ。これがモテスパイラル現象と言われるものだ。

合わせて、

女は、自分のことを一途に愛してくれる非モテ男が大嫌いだ。他の女たちが喜んで身を委ねている、クオリティが保証されている男を勝ち取りたいと思っている。

これは生物学的にも証明されている分野なんですが、モテる男性の条件って、単に「モテている」ってことだそうです。

これは文章術も同じで、単にそのものクオリティよりも、人気記事が読まれるし、ヒット商品が売れるんですね。

 

行動を促すのは、めんどうで少し勇気がいることです。

その最後の抵抗を取り除いてあげるために、「人気」は強力な行動トリガーになるんです。

行列のできるラーメン屋さんに並んでしまったり、流行に乗り遅れるな!なんて言われて、物を買った経験がある人も多いのでは?

まとめ

まとめして、今回紹介した内容をうまく実践できれば、恋愛でも文章でも、相手を思いのままに動かすことができます。

  • Attraction:リード文で価値を感じてもらう
  • Confort-Building:本文で信頼構築する
  • Seduction:文末で次の行動を促す

実際のところ、全てが上手く行くかというと、まぁそんなに簡単なことはないです。

いずれかの段階でミスがあれば、その時点で次のステージに進むことはできません。

 

しかし、文章力は何度も反復することで、間違えなく鍛えられる部分です。

恋愛とは違って、めちゃくちゃ勇気が必要だったり、心がぼきぼき折れる心配はありません。

まして、ここまで読んでくれた熱心なあなたなら、すぐに成長していけるはずですよ。

 

既に鼻の下の伸びた大勢の男子に読まれてきた本ですが、こうした文章術を学ぶ目線で読むのも面白いかもしれません。

小説形式でスラスラ読めるので、まだ手に取ってない方は新しい気づきを書き出して、文章に応用してみましょう。

▼長いこと文章マニアなので、いろんなテクニックを今後も紹介していきます

ブログで食ってる僕が、いつも意識してる文章の書き方とコツ

2017.11.02

相手を思い通りに動かす!メンタリストDaiGo『人を操る禁断の文章術』に驚きまくり。

2017.07.01

ABOUT

海外ノマド系フリーランス, ブロガー, WEBエンジニア, 24歳。フットワーク軽く生きたくて、新卒でフリーに。その後、海外35カ国を旅しながらノマドワーク。現在は1ヶ月ごとに拠点を変えつつ、旅生活を継続中です。勉強が大好きで年に3回語学留学をします。 

>>詳しいプロフィールはこちら!