読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

第25回(2016)YOSAKOIソーラン祭りの感想


スポンサーリンク

2016年度の第25回YOSAKOIソーラン祭り、終わりました。

6月8日から12日まで札幌で開催されていて、僕は金曜日の仕事終わりから札幌へGO。踊りはしませんけど、OBとして後輩を応援してきました。

結果はなななんと、愛知県のチーム「笑゛(じょう)」が大金星。よさこいが北海道へと渡った第1回を除いて、初の道外チームが大賞を取りました。f:id:omosiroxyz:20160613213813j:plain

出典:YOSAKOIソーラン祭り 公式ホームページ

準大賞はREDA舞神楽と新琴似天舞龍神。僕が所属していた北海道大学"縁"はファイナル優秀賞ということで。ファイナルステージも過去の大賞受賞チームがたっくさんで、やたらとレベルが高かったなー。

今年は25回記念退会ということで参加チーム、観客動員ともに増えて、盛り上がった年だった感じがしますね。大賞を取ったのが北海道のチームではないということは、前向きにとらえれば、日本が注目するお祭りに近付いているという事ですかねぇ。

YOSAKOIソーラン祭りの感想

さて、観客としてお祭りを見るのは今年が2回目。去年も感想記事を書いたんですが、今から書こうとしたこともだいたい同じでした。それでも書きます。祭り全体というより、縁目線です。

 

①体を動かす、声を出すという喜び

よさこいを見ていると、僕は元気をもらうより、なんだか切ない気持ちになります。

そうだなぁ…自分の両親が「世界の中心で愛を叫ぶ」をまじまじと見ていた10年前と似たような寂しい気持ちになる。

f:id:omosiroxyz:20160613221222p:plain

体を思い切り動かす、声を思い切り出すということは人間の普遍的な幸せでしょう…

よさこいが終わってからというもの、体を思い切り動かすこともないし、声を思い切り出すこともなくなりました。強いて言うならカラオケとかだよね、本当に強いて言うなら。

よさこいやっている人を見ると楽しそうだな~って思うのは、やっぱり思い切り動いて声を出しているからだと思うの。それが今後自分にはそうそう無いのかなーと思うと切なくなる。なんかいいのあるかなー。

 

②旧友と会える幸せ

よさこいソーラン祭りに向けて札幌に戻ると、よさこいソーラン祭りに向けて札幌に来た旧友に会える。これはとっても幸せなこと。

僕は旧友と言えるのもよさこい時代の友人くらいなもの。そんな友人達と特に予定を合わせるわけもなく、自然と集えるのは幸せなこと。一緒に酒を飲み、一緒に後輩を応援する。青春を語り合う。ついでに下ネタも語り合う。楽しいね。

f:id:omosiroxyz:20160613222030j:plain

こうして集まれるのも後輩達が一生懸命練習して、祭りに出場してくれるからだったりします。だからこそ「現役の義務は祭りに出場することであって、そこから先は自分らの祭りだ」という名言も誕生します。この言葉には尊敬を抱かざるを得ません。

 

③青春の証明

後輩達を見ていると、自分達の努力が報われる気がします。

客として自分のチームを見ると「うわー俺らってこんなカッコいいことしてたんだなー」ってふと思ったりします。逆に「こんなに恥ずかしいことしてたんだなー」って少し大人になったことに気付かされることもあります。服装とか臭いとかそういうのね。

f:id:omosiroxyz:20160613222804p:plain

去年もそうですし、今年も例外なく、このチームはこのチームのままでした。たぶん僕より上の先輩方もなんだかんだそう思っているはずです。

今年は目標こそ結果に達しませんでしたが、それでもベストを尽くす姿を見れました。OBさんはそれで幸せなのです。ある程度はね。

 

後輩達へ…

僕はよさこいやってたのにとても人見知りなので、相変わらず感想をWEBの遠距離射程から届けるに留まりますが、ぜひさらっと読んでください。

 

「セッション」という映画をご存知でしょうか。

めちゃくちゃ怖い先生とそれに負けずにドラムを頑張る生徒のお話。意味わからないくらいスポ魂な映画です。汚い言葉のオンパレードな映画です。

f:id:omosiroxyz:20160613223632j:plain

この映画で好きなシーンがあります。

鬼教師フレッチャー先生が少し寂しそうに自分の本音を語るシーン。

危険なのは、上出来(グッジョブ)という言葉だ

映画『セッション』より

よくやった。上出来。グッジョブ。良かった良かった。

この類の言葉は、悔しい結果が出た時、慰めの言葉としては鉄板。しかし、鬼教師フレッチャーはこれらの言葉を「危険」とします。

なぜならそこで努力を止めがちだから。

この悔しさを忘れないこと。勝負はこれからみたいなとこあります。燃え尽きないから各地にご縁があり、強いチームであり、ファンがいるのです。パレード会場を見たでしょう。会場がファンだらけだと思ったりしませんか。それが縁の強さだと思います。

ワンピースのルフィとかキングダムの信とかガッシュベルのガッシュベルと同じような力です。周りを味方にしていく力です。

僕もその縁の力に巻き込まれている1人ですから、新歓とか選挙とか頼んでくれたら記事作りで援護するのでぜひとも声かけてね。それくらいしかできませんから。

 

何はともあれ楽しい土日でした。

おかげ様で酒やけで寝不足で風邪気味で日射病気味で前進筋肉痛ですがね。

ええ、楽しかったですとも。来年もまた。

ちぇけ

 

P/S

帯広のやつは見ます