読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

北海道大学"縁"OBの僕が、引退してからYOSAKOIソーラン祭りを見た感想

お笑い,エンタメ

スポンサーリンク

 

先週、札幌ではYOSAKOIソーラン祭りが開催されました。

多くの踊り子が札幌の街を舞台に踊り、
多くの感動で街を包み込んだことかと思います。

我が青春を捧げたYOSAKOIソーラン。
引退して、OBとなった今、
改めてYOSAKOIソーラン祭りを見て思ったこと書きます。 

f:id:omosiroxyz:20151218162001j:plain

 

よさこいソーラン祭りとは?今年の大賞チームは?

平成27年6月10日(水)~14日(日)に行われたYOSAKOIソーラン祭り。
今年も大通公園をはじめ、札幌市内20会場で演舞が披露されました。

270チーム、27,000人の踊り子。
観客動員は前年度6%増の198万7,000人。

審査の結果、
YOSAKOIソーラン祭り大賞は「平岸天神」
準大賞は「REDA舞神楽」「夢想漣えさし」ということでした。 

f:id:omosiroxyz:20151218162022p:plain

今年も例年通り、
なかなか盛り上がったのではないでしょうか。
北海道神宮祭と重ねたこともあってお客さんも増えたんですかね。 

よさこいソーラン祭りを見た感想

僕は大学生活はだいたいYOSAKOIソーランに捧げています。
僕の青春といえば、野球かYOSAKOIソーランか…
これが良い勝負って感じです。

今年は初めて、お客さんとして、
踊らない人間として参加していました。

思う所書いていきます。

 

①思い切り暴れまわる

YOSAKOIソーランのチームから引退しても、
もちろんそれなりに学生生活を楽しんでいる僕。

だけど何かぽっかり空いてしまった気がしていた。
それがなんとなく、わかった気がした。 

f:id:omosiroxyz:20151218162038j:plain

思い切り体を動かす。
思い切り声をあげる。
思い切り暴れまわる。

この楽しさが人間、基本なんだなと思った。
カラオケにいくとかクラブにいくとかでもいいけど、
なんでもいいけど暴れまわりたいな合法的に。

それを可能にしているのがよさこいなのかな~。
むしろ、それをエンターテインメントにするというすごさ。

 

②よさこいって面白い

正直、YOSAKOIソーランチームに所属していたときは、
よさこいが好きなわけではなく、仲間達が面白いからやっていた。

それで3年間続いたわけだから驚いちゃう。

だけど、引退して観客席からYOSAKOIソーランを見ていると、
わりと面白いものだなぁ~と思った。

特に今回準大賞に輝いた「REDA舞神楽」の演舞には驚いた。
躍りたいと思った。

自分が所属していた「北海道大学"縁"」を除いて、
ここまで心惹かれた演舞はない。面白い。 

これはぜひ必見である。

 

③人との繋がり

YOSAKOIソーランを引退して早くも9か月くらいが経った。
ここに来て、YOSAKOIソーランをやって良かったなとつくづく思う。

人との繋がり。

今でも飲みに誘ってくる大人が何人もいる。
自分を慕ってくれる後輩達もいる。
そして何より尊敬して止まない、青春を戦い抜いた仲間がいる。 

f:id:omosiroxyz:20151218162059j:plain

今後、よさこい以上の出会いを味わえるのかなぁ~って感じ。
これ以上ない、財産をたくさん得る事できてた。気づいた。

 

よさこいという自分の青春に浸ってしまった

総じて思ったのは、
青春に浸ることができた。

自分がYOSAKOIソーランで得たこと、
得たのに忘れてしまったこと、
とにかく浸りに浸った5日間でした。 

f:id:omosiroxyz:20151218162135j:plain

精一杯、「北海道大学"縁"」で踊ってくれたみんなには感謝。
とても良い思いができた。
今年も楽しい縁を見れたなあと思う。ありがとう。

大事なのは過去に浸るのは大事だけど、
そこそこにしないと前に進めないということ。

楽しかった思い出に浸ったということで、
次に進みましょう。

 

さて、何をしようかな。
中華の巨匠とかになりたいなぁ。これからも毎日青春やで。

f:id:omosiroxyz:20151218162152j:plain 

 

ちぇけら