タイの世界遺産!日帰りで巡るアユタヤの観光スポット8選

スポンサーリンク
f:id:omosiroxyz:20170221125058j:plain

ゾウさんと一緒にこんにちは。タイを旅しておりますテツヤマモトです。

タイを観光する上で欠かせないのは、やっぱり「アユタヤ遺跡」ですよね。世界遺産ってだけで見ておきたい気になっちゃいます。

しかし、今回アユタヤに行って驚きました。

アユタヤ広すぎだろ!

街が丸ごと遺跡なので、隅々まで巡ると1週間はかかるんです。そこで今回はバンコクから日帰りで巡れる8スポットを紹介します。

世界遺産の古都、アユタヤを満喫しましょう。

 

 

アユタヤのスポット地図

f:id:omosiroxyz:20170221131029j:plain

今回紹介するスポットの地図です。番号通りに辿るとスムーズです。

僕はツアープロググラムではなく、自転車をレンタルして一人で巡りました。自転車はアユタヤ駅のすぐ目の前(☆)で1日50バーツで借りれます。パスポートが必要です。

 

▼アユタヤ駅前のレンタサイクル。

また、バンコクからアユタヤに行くには鉄道が一番良いと思います。往復35バーツでした。安すぎるー。以下の記事を参考に。

では順番に紹介していきます。

①ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

アユタヤの中心部から東に外れた場所にあるのが、ワット・ヤイ・チャイ・モンコンです。

こちらはアユタヤ王朝の初代王によって1357年に建てられました。スリランカ様式の高さ72mの仏塔、それを取り囲む仏像が特徴です。

入場料は20バーツでした。

 

▼仏塔の中では、仏塔の底に小銭を投げ入れる場所がありました。

▼仏塔の周りを何十もの仏像が取り囲みます。

 

②ワット・マハータート

川を渡って2キロほど。アユタヤ中心部で最初に目にするのはワット・マハータートです。

13世紀に建てられた寺院ですが、ビルマ軍との戦いの中で破壊されまくった悲惨な様子が残っています。個人的にはワンピースの「空島」っぽいなぁと思いました。

入場料は50バーツでした。

 

▼首が無くなってしまった仏像がたくさん。

▼なぜか木に埋まった仏像もあります。

 

③ワット・ラーチャブーラナ

f:id:omosiroxyz:20170221145441j:plain

②のワット・マハータートのすぐ隣にあるのが、ワット・ラーチャブーラナです。

こちらは8代目王が15世紀に建てた仏塔です。20世紀に入って地下から宝物が発見されて話題になりました。スリランカ様式の仏塔が、なんだかヨーロッパ感を出してます。

入場料は50バーツです。

 

▼正面入り口の壁越しに仏塔を観れる。

 

 

④ワット・プラ・シー・サンペット

f:id:omosiroxyz:20170221145418j:plain

③のワット・ラーチャブーラナから、西に自転車で5分ほど。お次は15世紀に8代目王が建てたワット・プラ・シー・サンペットです。

アユタヤー王朝では最も格式が高い寺院だそうで、個人的にもここの風景が一番「おおっ」と思いました。大きな仏塔が3つ並んでいるので、とても迫力があります。

入場料は50バーツでした。

 

▼それぞれの仏塔には王・王子が眠っています。仏塔には途中部分まで登れます。

 

⑤ワット・プラ・ラーム

④のワット・プラ・シー・サンペットから、5分ほど南下してたどり着くのが、ワット・プラ・ラームです。こちらも入場料50バーツ。

こちらは2代目王によって14世紀に建てられたアユタヤの中でも古い寺院です。クメール様式の仏塔と、水濠に囲まれた地形が特徴的です。水はなぜか緑色に濁ってます。

 

▼クメール式の仏塔。トウモロコシっぽい。

 

⑥ワット・チャイワッタナーラーム

お次は長旅です。川沿いの道路を進み、川を渡った場所。アユタヤ遺跡西部にあるのが、ワット・チャイワッタナーラームです。

こちらは17世紀に建てられた寺院です。アユタヤの中でも比較的きれいに仏塔・遺跡が残っていて、写真映えします。中央の仏塔は35m。

入場料はこれまた50バーツです。

 

▼比較的新しいからか、コンパクトにまとまっている感じがして好きでした。

 

⑦ワット・ローカヤースッター

これまた長旅になります。川を再度渡って北上。少し内側に入って見えるのが、ワットローカヤースッターです。

元々あった寺院が破壊されてしまったので、20世紀に入って巨大な寝釈迦仏が作られました。全長28m、高さは5mです。

こちらは入場料無し。お供えをしている地元の方がたくさんいます。

 

▼お釈迦様の表情です。ほほえんでます。

 

⑧アユタヤ・エレファント・キャンプ

最後です!アユタヤを自転車で巡っていると、そこら中にゾウさんがいて気になります。そのゾウさんに乗れるのがアユタヤ・エレファント・キャンプです。

日本だと、ゾウさんにはなかなか触れないし、ましてや乗れることなんて無いですよね。こちらでは15分ほど遺跡を散歩できます。

ゾウ乗りは400バーツ、記念撮影は40バーツ、ゾウ使いのお兄さんにもチップあげました。

 

▼ゾウさんの上からの景色。わりと揺れる。というか、かなり揺れる。

▼そこら中にうんこしないで〜。

▼ゾウさんはしつけられてて、とてもお利口です。記念撮影ではポーズ撮ってくれます。

f:id:omosiroxyz:20170221125058j:plain

 

アユタヤを巡って観た感想

最後に感想です。

今回、丸一日かけてアユタヤを巡りました。王朝・戦争の跡。「国も人類も永遠じゃないのかな?」と感慨深くなりました。

そして、何よりもしんどかった!

主に上記の8スポットを巡りましたけど、6時間くらいかかったし、炎天下の中で自転車こぎ続けるのはキツかったです。無事にバンコクに帰ってこれて良かった…。

 

遺跡への情熱が人並みで、予算に余裕があるなら、ツアーに参加するのが良いですねこれは。解説の看板等も設置されていない場所が多いので、ガイドがいるとありがたいし。

一人で巡る方が安いのは確かですが、各遺跡の入場料を考えると大差はありません。

 

タイのオプショナルツアーなら、大手予約サイトののベルトラが便利です。

「アユタヤ」で検索すれば、様々なプラン出てきます!自分に合った企画を選びましょう。

f:id:omosiroxyz:20170221142849p:plain

 

それでは古都巡り楽しんでくださいね〜