面白ハンター

アジア諸国に滞在して、ノマドワークしてる23歳。講演・講師もやってます。札幌市民で北大卒。趣味は投資と読書。4月は台北に滞在します!

カンボジアの絶景!世界遺産「プレアヴィヒア寺院」に行ってきた。


スポンサーリンク

f:id:omosiroxyz:20170226181218j:plain

天空からこんにちは。テツヤマモトです。

いやーすごかった。

カンボジアの世界遺産、プレアヴィヒア寺院に行った感想です。いやマジですごい。カンボジアってアンコールワットのイメージが強すぎますけど、こんな場所もあるんだなぁ。

この記事では、プレアヴィヒア寺院への行き方・アクセスや感想を書いていきます。

 

 

プレアヴィヒア寺院とは?

カンボジアの世界遺産といえば、アンコールワット(アンコール遺跡群)が思い浮かぶと思うんですけど、実はもう1つあるんですよね。

プレアヴィヒア寺院です。

こちらはカンボジアの北部、タイとの国境付近にあるヒンドゥー教寺院。9世紀末にクメール人によって建てられましたが、現在では仏教寺院の役割を担っています。

2008年に世界遺産に登録されてから、タイとの軍事衝突が発生している場所でもあります。

 

プレアヴィヒア寺院への行き方・アクセス

僕はカンボジアに来るまで、プレアヴィヒア寺院の存在を知らなかったんですけど、旅人の評判を耳にして、行きたくなってました。

とは言っても、プレアヴィヒア寺院はふらっと立ち寄れるような場所にはありません。

カンボジアの観光拠点となる「シェムリアップ」からは220キロほど。車で4時間かかる場所にあります。くそー行けないか…。

と思っていたら、

同じ宿の日本人たちでプレアヴィヒアに行くことに!

これは正解で、シェムリアップからプレアヴィヒア寺院へ行くには、複数人で車をチャーターするのがベストな選択肢です。

シェムリアップには日本人宿が多いので、見かけたら相談すると良いですね。

 

個人で行くとなると、バスターミナル周辺で乗り合いの車を捕まえて、寺院手前のスエラム村で1泊するのが王道です。難易度高めなのでベテランパッカー向けですね。

また、予算に余裕がある方はツアー予約サイトのベルトラで申し込むこともできます!

 

ということで、今回は宿の日本人10人で車をチャーター!日帰りで「ベンメリア」にも立ち寄るコースで、1人あたり17.5ドルでした。

 

▼片道4時間の長旅。途中で一度休憩します。

▼寺院麓のチケット売り場に到着。入場料10ドルを支払い、乗り換えをします。

▼チケット売り場から見るプレアヴィヒア寺院のあるダンレク山地。タイとの国境です。

▼山頂の寺院まではバイク(5ドル)か、トラック(5人乗り25ドル)で移動します。

▼道のりはかなり険しいです笑。急すぎる坂やデコボコすぎる道。しがみ付いてないと振り落とされますよ!

 

プレアヴィヒア寺院を楽しもう!

ガッタンゴットンしながら、20分ほどで山頂に到着。マジでお尻痛い。

こちらには屋台が数件並んでいるので、お腹が空いたら何か買うと良いです。

入り口から寺院までは徒歩移動。「例の場所」を目指して、進んでいきます。

 

▼プレアヴィヒア寺院の様子です。

f:id:omosiroxyz:20170226162549j:plain

f:id:omosiroxyz:20170226162545j:plain

寺院の風景だけでなく、国境特有の緊張感も感じ取れます。所々に軍人待機してますし。

 

 ▼この石段を降りて行くとタイになる。

▼穴から銃で遠くの相手を狙うやつ。

 

さて、寺院の入り口から10分ほど歩きました。

そして、ついに「例の場所」に着きました。 

f:id:omosiroxyz:20170226162547j:plain

海抜625m。見渡す大草原。

地平線がどこまでも続いていて、空と繋がってます。この開放感ありすぎる絶景が、プレアヴィヒア寺院が世界遺産たる所以です。

f:id:omosiroxyz:20170226173810j:plain

そりゃもう写真撮りがいがあります。

先っちょの部分に座って、ぼーっとしたらいつの間にか1時間近く経っちゃいました。

 

ちなみに先端には簡単なロープがあるだけなので、1歩踏み外したら余裕で死にます。

落ちないように気をつけましょう!!

▼最後に車を割り勘して来たみんなと写真撮影。みんな若い。10代で海外に来る猛者供。

f:id:omosiroxyz:20170226162552j:plain

 

プレアヴィヒアに行った感想!

プレアヴィヒア寺院に日帰りで行くのは、なかなか過酷です。しかも向かうための条件を揃えるのも大変です。

しかし、相手は世界遺産。

写真で感じてもらえた以上の感動、忘れられない景色が広がっていますよ!

 

今回は宿のメンバーと協力して、プレアヴィヒアに行けたのが何よりもラッキーでした。みんな本当にありがとう!!

同志たちとは「ブティック ドミトリー 高知家 」さんで出会いました。

日本人が多い宿なので、プレアヴィヒア寺院へ格安・日帰りで行くならば、ここで仲間を探すのがオススメです!

いやーよかったわ。

 

▼ この日は帰り道に、ベンメリア遺跡にも立ち寄りました!

▼台北の猫空も見晴らし綺麗だったなぁ。

▼タイのバンコクからカンボジアの観光拠点、シェムリアップに向かう方法です。