【写真あり】台北旅行で食べるべき、お手軽台湾グルメ20品

スポンサーリンク
f:id:omosiroxyz:20161105121839j:plain

台湾にはおいしい食べ物がいっぱい。

今回は複数回に渡って台北を尋ねている僕が、「台湾でしか食べられない嗜好のグルメ」を紹介します。あぁお腹減ってきた!

 

 

1.魯肉飯(ルーローハン):豚肉ご飯

f:id:omosiroxyz:20170720213655j:plain

魯肉飯(ルーローハン)は伝統的な煮込み豚肉かけご飯です。価格は50元(約175円)ほど。

台北で一番美味しいと思ったのは、金峰魯肉飯さんのやつ!店名に使ってるくらいなので、本当に美味しい。他の別格でした。

 

2.蚵仔煎(オアジェン):牡蠣のオムレツ

f:id:omosiroxyz:20161112164053j:plain

蚵仔煎(オアジェン)はこれまた台湾の伝統的な牡蠣入りのオムレツです。屋台で50元(175円)ほどで食べられます。

僕は士林夜市の屋台で食べました!

 

3.牛肉麺(ニュウロウミェン):伝統的な麺料理

 

牛肉麺(ニュウロウミェン)もまた台湾の伝統的な麺料理です。価格は安いものなら120元(400円)ほどで食べられます。牛肉がゴロゴロと転がっていて、麺はつるつるです。

スープは五香粉という若干薬っぽいスパイスが使われています。伊通街にあった「竹林牛肉麺」さんでいただきました。

 

4.胡椒餅(フウチャオビン):屋台でおなじみのB級グルメ

f:id:omosiroxyz:20170720214407j:plain

胡椒餅(フウチャオビン)は台湾で大人気のB級グルメです。もっちりとした皮に胡椒がきいたお肉がぎっしり入っています。

松山駅近くにある「饒河夜市」のお店がめちゃくちゃ有名です。行列できてます!

 

 

5.葱油餅(ツォンヨゥピン) :台湾風のお好み焼き

f:id:omosiroxyz:20170720214714j:plain

葱油餅(ツォンヨゥピン)は小麦の生地にネギや卵を巻き込んで焼いた家庭料理です。

ピザの台湾バージョンというイメージ。東門近くの永康街にある天津葱油餅が有名。行列に並び甲斐のあるお店ですよ!

 

6.臭豆腐(チョウドウフ):強烈な匂いの豆腐

f:id:omosiroxyz:20161107123758j:plain

臭豆腐(チョウドウフ)は豆腐を発酵液につけて風味をつけた独特の食べ物です。インドールという成分による臭みが特徴的です。

好みが別れがちですが、一度はチャレンジしておきたいですよね。僕は「寧夏夜市」で食べましたが、ちょっと苦手でした…。

 

7.大腸麺線(ダーチャンミェンシェン):腸を使った麺料理

f:id:omosiroxyz:20161107123756j:plain

大腸麺線(ダーチャンミェンシェン)はトロトロっとしたスープに豚ホルモンなどが入った麺料理です。日本のソーメンに近いかな。

五香粉の独特の風味がありますが、つるつると食べれて体が温まる一品です。こちらは「寧夏夜市」でいただきました。

 

8.鍋貼(グオティエ):焼き餃子

f:id:omosiroxyz:20161109102025j:plain

鍋貼(グオティエ)は焼き餃子のことです。

台湾には焼き餃子チェーンがたくさんあって、リーズナブルに餃子を楽しめます。おすすめは「八方雲集」というチェーン店!

 

9.空心菜(コンシンツァイ):南国の野菜炒め

f:id:omosiroxyz:20161109102100j:plain

空心菜は芯が空洞になっている野菜です。温かい地域でしか育たないので日本では沖縄でしか育てられていません。

野菜なのに味付けが絶妙で、ご飯がどんどん進みますよ。僕は台湾人のお友達と一緒に前莊駅近くの「姊妹快炒」で食べました。

 

10.金牛角(チンニウジャオ):一風変わったパン

f:id:omosiroxyz:20161109102108j:plain

金牛角(チンニウジャオ)は台湾でお馴染みのパンです。三峽発祥の金三峽牛角」というチェーン店で売っています。

角の部分はサクサク、本体部分はとても重みがあるロールパンのような食感です。台北の各所で売っていますよ!

 

11.香腸(シャンチャン):台湾風ソーセージ

f:id:omosiroxyz:20161110141913j:plain

香腸(シャンチャン)は台湾風ソーセージです。台湾では夜市をはじめ、あらゆる場所で売られています。

日本のソーセージと違うポイントは歯ごたえ。日本のものはシャキッ!というイメージですが、台湾のものはモサッとしています。また、香辛料の独特の香りが特徴です。

 

12.小籠包(シャオロンパオ):台湾といえば!

f:id:omosiroxyz:20161110141859j:plain

小籠包(シャオロンパオ)は日本でもお馴染みですね。本場の小籠包は食べた瞬間に肉汁がじわーーっと飛び出してきます。

台北では超有名店の「鼎泰豊(ディンタイフォン)」がおすすめですよ!

 

13.大鶏排(ダージーパイ):超特大チキン

f:id:omosiroxyz:20161112215116j:plain

出典:http://www.tabetaiwan.com/archives/4490361.html

大鶏排(ダージーパイ)は台湾の夜市ではお馴染みの「うそでしょ?」ってくらいでかいフライドチキンです。

食べても食べても無くならないので大満足。こんなに贅沢なチキンは台湾に行かないと食べられないですよ!多くの夜市で見かける有名店、豪大大鶏排がおすすめです!

 

14. 超高霜淇淋(チャオガオシュエンチーリン):超特大ソフトクリーム

f:id:omosiroxyz:20161112220156j:plain

超高霜淇淋(チャオガオシュエンチーリン)はながーーーいソフトクリームです。台北の観光地「淡水」の英専夜市で食べられます。

シャーベット状で甘さは控えめ。ソフトクリームを作る様子がシュールで面白いです。

 

15.鐵觀音茶(ティグアンイーチャ):台湾といえばお茶!

f:id:omosiroxyz:20161112123317j:plain

台湾といえばお茶。鐵觀音茶(ティグアンイーチャ)は台北の猫空特産のお茶です。日本でも鉄観音茶としてお馴染みですね。

お茶を楽しむなら、地下鉄とロープウェイを乗り継い猫空へ!素敵なひと時を過ごせます。

 

16.タピオカミルクティー

f:id:omosiroxyz:20170720212909j:plain

日本でも流行っているタピオカミルクティーの本場は台湾です!

中でも、元祖と言われているのが「春水堂」。高級感のある店舗でゆっくりといただくタピオカミルクティーは超贅沢です! 

17.阿給(アゲイ):味噌味の油揚げ

f:id:omosiroxyz:20170720212923j:plain

阿給(アゲイ)は、台北の北部にある観光地「淡水」で食べられる名物グルメです。

油揚げの中に春雨が入っていて、味噌風味の味付けがされています。淡水でデートをした後は、阿給(アゲイ)を食べるのが鉄板です! 

18.マンゴーかき氷

f:id:omosiroxyz:20170720212929j:plain

台湾といえば、日本からすれば南の島です。暑さでぐったりした時は、かき氷を食べてひんやりと涼みましょう。

台湾で最も有名なかき氷店は、東門駅近くの「スムージーハウス」です。お手軽な値段で大きなマンゴーたっぷりのかき氷を頬張れます!

 

19.トイレ飯

f:id:omosiroxyz:20170720212851j:plain

変わり種も紹介します。こちらは台湾で数店舗展開しているトイレグルメのお店。その名も「モダントイレット」です。

料理もデザートも普通に美味しいんですが、問題なのは器が全て便器であること!不思議な体験をしてみませんか?

20.ビンロウ :噛みタバコの一種

f:id:omosiroxyz:20170720220632j:plain

ツワモノはこちらもチャレンジ!

檳榔(ビンロウ)覚醒作用のある木ノ実で、噛みタバコの一種とされています。食べると顔が火照って気分が高まってきます…。日本には持ち込むことができないのだとか。

 

台湾にはおいしいものがいっぱい!

台北旅行に行ったときはなるべく多くの台湾グルメを楽しんでくださいね。