読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

【台湾7日目】台北に来たなら、猫空(マオコン)の夜景は外せない!

台湾編

スポンサーリンク

f:id:omosiroxyz:20161111183426j:plain

ロープウェイからこんにちは。台湾滞在7日目のテツヤマモトです。

8日目は日本に帰るだけなので、実質本日が最終日。旅の締めくくりに向かったのは、台北南部の「猫空(マオコン)」という地域です。

f:id:omosiroxyz:20161112133204j:plain

こちらは高台にある地域で、特産物の「お茶」を楽しめることで有名です。猫空って地名がかわいくて気になってたんですよね。

 

1.ロープウェイで猫空へ

f:id:omosiroxyz:20161111183421j:plain

猫空に行くためには地下鉄とロープウェイを乗り継がなくてはいけません。

まずは地下鉄の松山線の終着「動物園駅」を目指します。台北駅からだと30分以上かかるかなぁ。到着したら徒歩で300mほど移動して、ロープウェイの駅へ。

地下鉄からロープウェイが目に入るので、道に迷うことはないはずです。

 

ロープウェイの駅では、まずチケットを買います。猫空駅までは片道120元(約400円)です。

ちょっとお高く感じるんですけど、猫空での感動を考えたら安い買い物でした。

f:id:omosiroxyz:20161112120021j:plain

さて、ロープウェイに乗り込みます。全長はおよそ4km。高さは200mほど。

町や木々を見下ろしながら、進んでいきます。高いところが苦手な人にとっては、そこそこの絶叫スポットかもしれません…。

f:id:omosiroxyz:20161111183413j:plain

f:id:omosiroxyz:20161111183430j:plain

 

2.猫空に到着!茶畑をお散歩

f:id:omosiroxyz:20161112120815j:plain

ロープウェイで30分ほど、猫空駅に到着です。

まず目に入るのは、山の斜面に広がる茶畑とおしゃれな茶芸館の風景。見ているだけでなんだか癒されます。

f:id:omosiroxyz:20161111183416j:plain

f:id:omosiroxyz:20161111183418j:plain

この日はあいにくの雨でしたけど、気づいたら数キロお散歩してました。

山の斜面にさーって畑が広がる風景はとても美しくて、小川がちょろちょろ~と流れる音もたまりません。一瞬で茶畑ファンになりました。

お散歩コースがちゃんと作られているので、観光の人も茶畑の中をお散歩できますよ。

f:id:omosiroxyz:20161111183439j:plain

f:id:omosiroxyz:20161111183443j:plain

ちなみに遠くを見下ろすと、台北の街並みもしっかり目に入れることができます。

雲と同じ高さなので、天気が悪くても街は見えるんですね。台北101タワーも見えます。この景色が後ほどパワーアップしますよ…。

f:id:omosiroxyz:20161111183428j:plain

 

3.茶芸館、カフェで休憩

f:id:omosiroxyz:20161112121625j:plain

お散歩しましたら、それなりに疲れます。

猫空にはおしゃれな茶芸館やカフェがたくさんあるので、中で休憩しましょう。僕が気に入ったのは「猫空小木屋茶坊」さんです。

f:id:omosiroxyz:20161111183433j:plain

店内はおしゃれなバーのような雰囲気。

家族経営なのかな?おばあちゃんと若い夫婦。その夫婦の妹?で運営されていました。

おばあちゃんが英語をしゃべれたので、注文もスムーズ。アイスティーとパンとスープのセット(150元=約500円)を注文します。

f:id:omosiroxyz:20161111183435j:plain

味は普通においしかったです。

だがしかし、一番感動したのは景色です。

数あるカフェの中から、このお店を僕がチョイスした最大の要因は「テラス席」なんです。そこから見える夜景は感動モノです。

f:id:omosiroxyz:20161112122941j:plain

 

いやーいいわーー。

 

f:id:omosiroxyz:20161111183446j:plain

小樽、函館、札幌…。

北海道にもキレイな夜景スポットはたくさんあるんですけど、猫空で見る夜景は格別の感動もの。昼間の茶畑の風景も好きだったから、そのギャップ効果もありますね。

アイスティー片手にしばらくうっとり。

「ここでプロポーズしたい~」と妄想しつつ、1人でちゅーちゅーお茶吸います。寂しいね。

 

名残惜しいので、もう1店はしご。

本格的なお茶が飲みたくて、「觀鼎休閒花園」さんへ。猫空駅の目の前のお店です。

f:id:omosiroxyz:20161112123307j:plain

こちらでもやっぱりお茶を飲みます。

猫空特産の「鐵觀音茶(150元=約500円)」を注文。鉄観音茶として日本でも馴染み深いそうですけど、僕は素人すぎて良くわかりません。

泡立っているので見た目がビールみたいですけど、しっかりお茶です。

f:id:omosiroxyz:20161112123317j:plain

味はやっぱり本物って感じでした。

お茶っ葉からしっかり味が出ているのがわかる濃さ。そして、あとに広がるお花のような香りが口の中に残ります。このお茶なら、伊右衛門と飲み比べても判別できますね。

 

お店の中にはお土産品も充実してます。

自分でお茶を飲んで、そのお茶をお土産にするのもナイスです。わりと高いですけど。

f:id:omosiroxyz:20161112123329j:plain

 

4.ロープウェイで帰る

茶畑の風景、カフェ、茶芸館、夜景。

たっぷりと猫空を楽しんだら、ロープウェイに乗って台北へと帰ります。

 

ロープウェイから見る台北の街も良い感じ。テラス席より近くに夜景を見て取れます。

なんだか「また台湾においでよ~」って念押しされているような気分です。

f:id:omosiroxyz:20161112124941j:plain

僕の旅のテーマは「住処を探す」です。

台湾滞在では、台北市内を中心にいろんな土地を訪ねましたが、中でも「猫空」はものすごく惹きつけられる場所でした。心から「住みたい」と思えるレベルで。

もし台湾旅行する人に、一カ所だけ行くべき場所をおすすめするなら、「猫空」って言いますね。それも「茶畑散歩→カフェ→茶芸館→夜景」と、丸一日過ごすのが良いです。

いや、本当にすごいんで…。

 

 

さてさて、これにて台湾滞在は終了。

次の土地を目指して旅を続けていきます。

あー台湾また行きたいなー。台湾に関する記事はこちらにまとめていますよ!

台湾編 カテゴリーの記事一覧