タピオカミルクティーの元祖!台湾のカフェ「春水堂」に行ってきた。

スポンサーリンク

你好!テツヤマモトでごぜーやす。

4月というのに、こちら台湾はなかなか蒸し蒸ししております。こんな時には冷たい飲み物を楽しむに限りますな。

さて、冷たい飲み物といえば…。日本でもお馴染みのタピオカミルクティーが、台湾由来ってのは知ってますか?もっというと、春水堂ってカフェが元祖らしいんですね。

ってことで、春水堂に走って向かいます。

 

 

台湾カフェ「春水堂」とは?

春水堂は、台湾国内で45店舗を展開している超人気のお茶専門カフェです。

「お茶」のお堅いイメージを取っ払って、革新的な楽しみ方を提供し続けているお店ですね。東京を中心に日本にも進出しています。

特に80年代に発明したタピオカミルクティーは、台湾だけでなく、世界的なムーブメントを引き起こしました。うーんすごい。

 

今では、観光ガイドに欠かさず掲載されてる、台湾随一のグルメスポットです。

今回は台北市内の中正紀念堂内にあります「中生店」を訪ねました。立地に馴染んだ中華っぽい雰囲気がとてもナイスな店舗です。

 

▼台湾の観光名所、中正紀念堂です。この建物内の1階部分に店舗があります。

▼なんだか、とっても厳かな雰囲気の中でのティータイムになりそうですね。

f:id:omosiroxyz:20170415173854j:plain

 

春水堂での注文の仕方!

「さーて、早速注文しようかなー」と思ってたら、店員さんに注意されちゃいました。

春水堂はなかなか混雑していることが多くて、席に通してもらってから注文をするシステムになっているんですね。

中国語で読めないけど、12番の番号札をもらいました。とりあえず待ちます。

10分くらいしたら、席に案内してもらいました。お客さんは家族連ればかりで、1人でちょこんと座るのは寂しいです。うう。

 

席に座ったらメニュー兼オーダー表をもらえるので、チェックをつけます。英語・日本語訳が書かれているのが、ありがたし。

▼記入したオーダー表をレジカウンターに持って行って、先払いです。台湾の飲食店はどこもこのシステムですね。

今回は、お馴染みの「タピオカミルクティー(大)」と、小腹が空いたので「麻婆豆腐」を注文しました。楽しみぽよー。

 

▼ちなみに、レジ横にはお土産用のお茶が売ってました。うひゃー高級だこりゃ。

 

タピオカミルクティーを飲むぜ!

10分くらいして、タピオカミルクティー(珍珠奶茶)が到着です!

f:id:omosiroxyz:20170415174215j:plain

ズドーーーン!!!

でかい。でかいよ予想以上に。大ジョッキ?で持ってきてくれるのが、贅沢で嬉しい。

 

▼絵になるお茶、タピオカミルクティー!

▼麻婆豆腐もすぐにきた。辛そう。

 

ひゃっほー。では早速、タピオカミルクティーさんをズズーッといただいていきます。 

まず思ったこと、甘い!

チャイティーに近いくらい甘いかな。辛口?の麻婆豆腐と一緒だったから、ちょうど感じになりました。甘いのが苦手な人は食べ物と一緒に頼むといいですね。

 

肝心のタピオカ、美味です。大ぶりでプニプニ。タピオカ自体もほんのり甘くて、ミルクティーと絡むとクセになりますな。

途中でタピオカが無くなるんじゃないかと心配でしたけど、「タピオカ切れ」にはなりませんでした。むしろ、後半氷に引っかかって苦戦したりします(※氷なしにできるらしい)。

 

麻婆豆腐は辛くて、汗がにじみました。あと五香粉の味付けが台湾っぽいよね。haha

タピオカミルクティー(大)が160元(約570円)、麻婆豆腐が90元(約320円)です。ミルクティー大は、平日15%OFFになります。

なかなか贅沢なティータイムでしたとさっ。

 

本場に来たなら、元祖の味を!

台湾には春水堂に行かなくとも、そこら中でタピオカミルクティーが売られてます。

でも、せっかく本場にきたたら、元祖の味を楽しみたいですよね!

春水堂には、王道のタピオカミルクティー以外にも、鉄観音やジャスミンといった様々なバリエーションのミルクティーがあります。ぜひとも、本場の味を楽しみましょう!

 

▼僕が訪ねた店舗はこちら!

  • ■営業時間:11:30-20:50
  • ■定休日:なし
  • ■アクセス:MRT中正紀念堂駅(緑と赤のラインが交差する駅)、5番出口から徒歩5分
  • ■おすすめ:タピオカミルクティー!

 

▼台湾観光情報を他にも書いてます!

超格安で海外へ!LCCのセール情報を活用するためのサイト4選
台北No.1の絶景!猫空(マオコン)の行き方と楽しみ方
水着美女がいる!?台北・北投温泉の混浴露天風呂に行ってきた。