英語漬けの1ヶ月!サウスピーク日本語禁止校に通った感想

スポンサーリンク
f:id:omosiroxyz:20170603195025j:plain

1ヶ月間通ったフィリピン・セブの語学学校“サウスピーク”を卒業しました。

ブロガー無料招待!フィリピン・セブで1ヶ月間、語学留学します。

しっかし早かった。

もう1ヶ月も経っていたのか。すっかり時間を忘れて英語漬けになっていました。

この記事は、できる限り客観的な視点から、サウスピークの日本語禁止校に1ヶ月通った感想を書いていきます。

 

 

0.サウスピーク日本語禁止校とは?

f:id:omosiroxyz:20170603213559j:plain

サウスピークはフィリピン・セブにある語学学校です。日本人専用の英語留学が可能で、宣伝文句は「3ヶ月の留学でTOEICが平均200点以上上がる」です。うーん、すごい。

校舎はセブに3つ。初級〜中級者向けのオリジナル校、中級〜上級者向けの日本語禁止校、学習環境重視のプレミアム校舎があります。

僕は日本語禁止校に1ヶ月通っていました。

 

1.英語学習の成果は?

まず、一番大事な学習成果について。

僕は留学中にTOEIC試験を受けなかったので成果を数値では示せません。ただ、英語力の大幅な向上を実感しています!!

 

一番実感している変化は発音です。

サウスピークには、日本ではなかなかお目にかかれない発音専門の授業があります。

初授業時に受けた独自の発音テストでは、110/200点しか取れなかったんですけど、卒業前に点数が172点に改善しました。こうやって数値で見られるのは嬉しいなぁ。

発音が改善すると会話が楽しくなります。リスニングができるようになるし、ネイティブっぽく話せてる気がして、調子に乗れます笑

▼発音の授業について書いてます!

日本人は知らない!英語の発音基礎を学んで衝撃を受けている。

 

他にも会話力も確実に上がりました。外国人の子と2人で遊んだり、電話でお話しできるようになったのは可能性が広がったなぁ。

EOP校舎ではフィリピン人の先生との授業はもちろん、ランチ中も部屋の中でも、常に英語です。日本人同士なのに英語です。

何をするにも英語で伝えないといけないので、そりゃ会話力伸びます。何よりも英語への抵抗がなくなるのが大きいかな。

 

▼僕の会話力向上の成果がこちら。

HelloTalkの使い方〜ネイティブ女子大生と英語で電話してみた〜
セブ留学実践編!アプリで知り合ったフィリピーナとディナーしました。

 

2.生徒について

f:id:omosiroxyz:20170603202646j:plain

1ヶ月で成果を感じられた要因は、カリキュラムや講師の質もあるだろうけど、僕にとっては共に学んだ生徒さんの影響が大きいです。

日本語禁止校には30〜40人の生徒が通います。年齢・性別・目的は様々なだけど、誰もが英語学習に本気で向き合っていました。

 

入学前に「生徒の1日平均学習時間は10時間です!」と言われて、「さすがに嘘だろ」と思ってたけど、マジでした。むしろそれ以上。

日本語が話せないこともあってコミュニケーションは少なめだけど、ピリッとした良い緊張感がありました。

▼だからこそ、TOEICの点数が上がった時とかは本気で嬉しそう。良いなぁこの動画。

 

3.講師について

f:id:omosiroxyz:20170603211831j:plain

フィリピン留学は「安い反面、講師の質が低い!」っていう噂があるそうです。

僕は今回が2回目のフィリピン留学ですけど、質が低いと感じがことはありません。多少訛りはあるかもしれないけれど、ネイティブに近い滑らかな英語を話してくれます。

 

先生たちにとって、英語は母国語であると同時に僕らと同じ第2言語。むしろ英語の大変さをわかっているからこそ、マンツーマン授業はわかりやすいし、熱がこもります。

僕はフィリピンの先生のハッピーな性格も大好き。毎日授業に行くのが楽しみでした。

 

▼フィリピン人講師との授業の様子です。

先生の口元を見つめていると、僕はトロけてしまいそうだよ。
エッセイ課題を添削しながら、先生が静かに涙を流し始めた。

 

4.施設環境について

勉強以外の部分。施設環境について生活面、学習環境面からレビューします。

 

①建物

まず、建物は古めでした。

ぱっと見、綺麗とは言えないけれど、屋内は日本人も満足な清潔感を保ってます。

▼立地はこちら。セブの中心で、徒歩5分圏内にコンビニ、マック、カフェ、飲み屋、スーパー、両替所…なんでも揃ってました。

 

②お部屋

こちらがお部屋。僕は男3人部屋でした。

f:id:omosiroxyz:20170603204819j:plain

広々としてて、各々の学習スペースもあります。僕は貧乏旅でドミトリーに慣れてるので問題はなし。むしろエアコン完備で感激。

でも、お部屋の中ではWi-Fiが使えません。ほとんど寝るだけに使っていました。

 

部屋のトイレとシャワーはこんな感じ。

f:id:omosiroxyz:20170603204813j:plain

シャワーはお湯は出るけど、水圧は弱め。もちろんトイレットペーパーは流せません。

僕は3人部屋なので特に問題ありませんでしたが、6人部屋の方々はトイレやシャワーの順番待ちが大変って言ってました。

 

③学習部屋

次に勉強の環境。勉強できるスペースは部屋以外にも何箇所かあるんですけど、僕は基本的に6階のスペースを使っていました。

▼6階の共用スペース。みんな音読しがち。

f:id:omosiroxyz:20170603204757j:plain

▼授業で使う小部屋は空いていれば使える!

勉強に集中できる環境は最高でした。良くも悪くも近くで英文を音読している生徒さんの声が聞こえるので刺激になります笑

あと授業を6階でやるのに、ダイニングが1階にあるのはわりと大変でした。1日に何度も階段で上り下りしないといけない…。

 

④食事

食事面です。食事はフィリピン料理を日本人に合う味付けにして提供されています。

▼ダイニングスペース。勉強にも使えます。

f:id:omosiroxyz:20170603204619j:plain

▼ある日のランチ。バランス良さげ。

ご飯は「めちゃくちゃ美味い!」と言えませんが、好き嫌いがないので毎日もりもり食べてました。日本では見かけない料理もちょくちょく出ます。ご飯は硬めです笑

ご飯が口に合わない時の対策として、ふりかけを持参している生徒が多かったです。

 

5.休日のようす 

月〜木曜日は朝から晩まで勉強。2日に1回は気晴らしでコンビニに行きましたけど、それ以外はずっと学校にこもってました。

だからこそ、金曜日に行われる卒業生とのお別れ会や土日の外出は楽しかったです。

 

▼お別れ会のようす。金曜日だけは日本語で飲み食い語りまくります。

f:id:omosiroxyz:20170603210807j:plain

▼音楽を学んでいる子供たちと遊んだり、スラム街を訪ねる事もできました。

【セブ】スタディーツアーでスラム街を訪ねた。 

 

▼セブ市内で行われている「盆踊りフェスティバル?」にも行ってきました。

▼リゾートを楽しみにオランゴ島にも!!

日本語禁止校の生徒さんはやたら勤勉なので、土日でも構わず勉強する人と外出する人は半分ずつです。もっと遊ぼうよ!

 

6.その他

f:id:omosiroxyz:20170603211854j:plain

その他として触れておきたいのが、インターンの学生さんのがんばりです。 

僕は留学中にインターン中の学生にインタビューしてもらって、記事作ってもらいました。

一応、僕もブロガーでありライターなんですけど、とっても良い記事を書いてくれて感激。

留学中は社員スタッフさんよりも、インターンの学生さんとの関わりが多いです。彼らの頑張りには触れてあげたい。

 

あとサウスピークでは、毎週金曜日に卒業式と同時に何らかのコンテストが開かれます。

僕は最終週の金曜日に「プレゼンコンテスト」に出場させてもらって、そこで「恥を捨てろ」というテーマでプレゼンをしました。

f:id:omosiroxyz:20170603212555p:plain

そこで新たなトラウマを作りました。

この件については後日詳しく書きます。簡潔に言うと、優勝することはできませんでした。だけど、爪痕だけは残せた気がします…。

 

何はともあれ、楽しい留学生活でした。英語力をまた一段階引き上げるべきタイミングが来たら、迷わずサウスピークを選びます。

スタッフの皆さん、一緒に学んだ生徒さん、フィリピーノなティーチャーズ、1ヶ月間、本当にありがとうございました!

 

▼サウスピークの詳しい情報はこちら!

f:id:omosiroxyz:20170514164247j:plain

 

▼サウスピークの留学記を書いてます!

ブロガー無料招待!フィリピン・セブで1ヶ月間、語学留学します。
やりたいことがないなら、やらざるを得ない環境に飛び込む。
日本人は知らない!英語の発音基礎を学んで衝撃を受けている。