読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

セブ島、クラウンリージェンシーのアトラクションで絶叫した。

フィリピンセブ島編

スポンサーリンク

こんにちは。面白ハンターのテツヤマモトです。

現在、フィリピンはセブ島に留学中。2週間という滞在期間も残り僅かですが、学校が祝日で休みなので遊びまくっています。

先日はクラウンリージェンシーというホテルに遊びに行きました。ホテルに遊びに行くってどういうこと?と言いますと、実はこのホテルですね…

f:id:omosiroxyz:20160326111027j:plain

ちょっとした絶叫アトラクションがあるんですねー。

本日はセブ島はクラウンリージェンシーの絶叫アトラクションを紹介していきますよー。

クラウンリージェンシーとは?

セブ島のアップタウンと言われる、フェンテオスメニア・サークルから徒歩3分程度の場所に位置しているクラウンリージェンシー。セブ市内でも随一の高さを誇るホテルです。

f:id:omosiroxyz:20160326111808j:plain

出典:クラウンリージェンシー:agoda

クラウンリージェンシーは、ビジネス、観光のどちらにも利用されている高級ホテル。プールやトレーニングセンターやクラブが併設されていたり、ショッピングセンターが隣接されていたり、圧倒的な施設設備を誇ります。

価格帯は日本のホテルよりも全然安くて、今見たらツインの部屋が5000円くらいで買えました。なんだそりゃ。

このホテルを話題にしたのはなんといっても、スカイアトラクションでございます。

f:id:omosiroxyz:20160326112802j:plain

出典:http://www.cebu-55.com/information/1592/

日本でも何度かテレビで見たことありませんか?

セブ島に来たからには一度はこれは体験しなくては…。ということで僕も張り切ってクラウンリージェンシーに向かったわけです。

 

クラウンリージェンシーに来た

クラウンリージェンシーには基本的にはタクシーを使って向かいましょう。タクシーは初乗り料金が40ペソ(100円)ですからケチらなくていいと思います。

セブ島は決して治安が良いとは言えない地域ですから…。といっても、僕はジプニーを乗り継いでいきましたけども…。

f:id:omosiroxyz:20160326113130j:plain

f:id:omosiroxyz:20160326113150j:plain

クラウンリージェンシーに入ってみると、なかはやっぱり高級ホテルです。

エレベーターが静かで全然揺れなくて、動いているのか閉じ込められているのかわかりませんでした。f:id:omosiroxyz:20160326113511j:plain

さて、まずは19階に行って受付をします。

クラウンリージェンシーには3つのスカイアトラクションがあります。料金は3つともやると1000ペソ(2500円)。2つで750ペソ(1900円)。1つで500ペソ(1200円)。入場料だけで250ペソ(600円)という価格設定。僕は予算的に750ペソで2つのアクティビティーをやることに。

まぁ…フィリピンで使うお金にしたら高いですけれども、ここに遊びに来る人なんて富裕層か観光客ですからね。こんなものでしょう…。

 

受付のお姉さんはとっても元気です。乗る前に家族連絡とってね!って言われました。

f:id:omosiroxyz:20160326113504j:plain

でも、wi-fiが無いので連絡取れませんでした。

スカイアクティビティー用にもwi-fiを設置してください。連絡取りたいです、無言で死にたくないです。

 

アクティビティーをやってみよう!

受付を済ませたら、受付奥からさらにエレベーターで38階へ。ひー高いです。びっくりするほど高い。田舎者の山本には辛いものがある。でも頑張りましょう。

f:id:omosiroxyz:20160326114125j:plain

 

①スカイウォーク

まず僕がやったのはスカイウォーク。

38階の高さのビルの屋外に設置された、手すりの無い幅2mほどの道を歩いていきます。道はスケスケになっているところもあるので足元を見たら冷や汗が出ます。

カメラは持ち込めないのですが、係員さんが撮影をしてくれます。そしてそれを後で買ってね!というビジネスになっております。1枚あたり150ペソ(400円)。高いです。ブログのためにも買いましたけど。

f:id:omosiroxyz:20160326111027j:plain

係員の人は2名が先導してくれて、英語で話しかけてくれたり、コケたフリしたりして楽しませてくれます。

僕が「怖いよ~!」と叫んでいたら、「コワクナイヨ~」と言ってくれました。それでも怖かったですけど。

f:id:omosiroxyz:20160326114714j:plain

それで歩くだけだと思いきや、ところどころでこのようにポーズを要求されるわけです。もう僕は怖すぎて顔が笑っていませんけど、頑張りました。

「じゃぁとりあえず~、座ってみよっか。」みたいに言われるんですけど、

こわいてえええ!!なんでええええええ!

と叫んでおりました。「良いから早く」みたいな雰囲気になりました。ふ~高い所は怖いなぁ…。

 

②エッジコースター

次はエッジコースター。

こちらは同じく38階の屋上・屋外に沿って設置されたコースターでホテルを1周するアクティビティー。

スピードこそ早くはないものの、コースターに傾斜がついていて落ちそうになります。ひぃ~怖いよ~。

f:id:omosiroxyz:20160326115121j:plain

怖さを増幅させるポイントとして、安全レバーが下半身しか固定しないこと。さらに、自分でコースターの角度を調節できることがポイントです。

特にコースターの角度を買える時には、がくん!がくん!と動くので本当に落ちるかと思いました。

 

一緒に乗った「まさ君」が何の前触れもなく、突然、がくん!がくん!と角度を調節するので、

ぴぎゃああああああ!!落ちるうう!!

と1人で叫んでいたら、少し下でスカイウォークしてる女子大生に笑われました。悲しい気持ちになりました。

 

セブ島に来たならクラウンリージェンシーは欠かせないっ!

クラウンリージェンシーにはもう一つ、ジップラインというビルからビルへロープで渡るアトラクションもあるのですが、そちらはまた今度。

とにかくセブ島に来たならば、クラウンリージェンシーのスカイアトラクションは欠かせませんね!

フィリピンの絶叫アトラクションってメンテナンスとか大丈夫なのかな…という日本とは違ったスリルもあっておすすめです!

 

最後にスカイアクティビティーが終わった後、一緒に遊びに行ったマサ君と感想を共有したんですけど、

f:id:omosiroxyz:20160326120629j:plain:いや~スカイアクティビティー楽しかった~。怖すぎて、めちゃくちゃ叫んじゃっ………

f:id:omosiroxyz:20160326120555j:plain:いや~全然怖くなかったですね~。なんなんですかね~あれ。

え…めっちゃ怖かったんだけど。

ちぇけ