読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

ブログはしんどい。星野源も苦しむ"ものづくり地獄"の存在

ブログ運営法

スポンサーリンク

こんにちは。面白ハンターのテツヤマモトです。

僕はぶっちゃけブログ書くのしんどいです。

でもハマってしまったら最後。面白いものを作る!という「ものづくり地獄」からは逃れられないんです。

しんどくてもしんどくても、なぜか体が自然とパソコンに向いてしまう。手が自然とキーを打ち始めてしまう。何時間も何時間も。

この地獄的な感覚が分かってくれる人は、たぶんものづくり地獄の住人です。

講演で大学生にブログをおすすめしたのはいいけど、

先日僕は大学1年生に向けて講演的なことをしてきました。

f:id:omosiroxyz:20160214125427j:plain

講演の内容は上の記事で書いているように、大学生はとりあえずブログを始めるべきだ!という内容です。

めちゃくちゃ真剣にブログを始めることによるメリットを述べていきました。

だけど、僕は「ブログがおすすめだよ!」と言いながらも、心の中では、

本当におすすめしていいのかな…。

と僕はものすごくもやもやしながら、しゃべっていました。

 

ぶっちゃけブログ書くのしんどい

なぜ大学生にブログがおすすめ!と言いつつも、心がもやもやなのか。

理由は簡単でブログ書くのしんどいからです。

僕はブロガーには2種類の人がいるかなぁと思っております。ブログを書けば書くほど、1記事あたりの執筆時間が短くなる人。逆に書けば書くほど、1記事あたりの執筆時間が長くなる人。

前者の顕著な例はイケダハヤトさん。彼は本当に書けば書くほど、記事作成の効率が上がっているみたい。ブログ記事1記事あたり15分で書けちゃうらしいですからね。

 

後者にあたるのが僕のようなブロガー。僕は昔は1記事30分くらいで書いていたのに、今では1記事あたり2~3時間かけて書いています。

後者のようなブロガーは書けば書くほど、1記事あたりにかかる時間が増えていきます。つまりはブログを書くのがどんどんしんどくなっていくわけです。

 

星野源さんはこれを「ものづくり地獄」と呼んだ

1記事にあたりにかかる時間がどんどん増えていく…ってのは、生産性・効率を重視するのではなくて、もはやアート・作品として、細部までこだわりたくなってしまうってこと。

僕はブログ書くだけなのにパソコンのイラストレーターとフォトショをインストールして使ってますし、カメラもCanonの良い感じのやつ使ってますし、自宅じゃなくてわざわざスタバに通って書いてますからね。

 

このように、もっと面白いものを作りたい!とこだわり尽くしてしまう病気的な方を僕は知っています。

f:id:omosiroxyz:20160216163906j:plain

出典:https://twitter.com/gen_senden

星野源さんです。

彼は歌手、俳優、文筆家としてマルチに活躍するアーティストですが、彼は病気的に作品にこだわり尽くしてしまう現象のことを「ものづくり地獄」と読んでいます。

自ら面白いものを生み出すという営みが、彼を更に苛烈な「ものづくり地獄」へ引き込んでいるのはいかにも皮肉だ。しかし星野は自身を「ものづくり地獄の住人」と称し、その「楽し辛い」苦痛を引き受け続けていく重い覚悟を示している。

出典:「ものづくり地獄の住人」、星野源のエンターテイナー魂

星野源の本を読んだことが無い人は一度読んだ方がいいと思います。彼の職種に捉われない働き方、ものづくりにこだわる姿勢は、今後単純労働が減っていく日本社会に必須だと僕は考えています。

僕も少し足を突っ込み始めているわけですが、星野源さんのようにものづくり地獄にハマる人は、楽しい!幸せ!やりがい!とかで動いてない気がします。

むしろ、ものづくり地獄にハマることは苦痛です。

ものづくりにハマればハマるほど、時間は費やされる。すっげーネガティブになったりもする。体調崩したりもする(星野源さんは一度くも膜下出血で倒れている)。

でも「面白いものを作る」というものづくり地獄にハマってしまった人はここから抜け出すことができないんです。

 

僕もぶっちゃけブログを書くのがしんどい。

毎日毎日パソコンに向かって、2~3時間も向かって、あーでもない、こーでもないって試行錯誤。企画とか取材とか画像編集も合わせたら、5時間とか使う日もあります。しんどすぎる。

だけど、その地獄からは逃れられない。僕がブログを辞める日はたぶん今後こない。ってか辞められない。

「面白いものを作る!」に憑りつかれた人は悲しいけど、そこからは抜け出せない。でも同時に美しい輝くとも僕は思う。

 

これらを総称して、僕は大学生にブログをおすすめしていいのか、ちょっともやもやしています。ものづくり地獄へようこそ!とは言いにくいですから。

めっちゃしんどいんでね。

でもやりたい人はやればいいと思います。もちろんメリットも多いんでね。

参考:【講演録】大学生が今すぐブログを始めるべき3つの理由

 

でもそんなものづくり地獄に苦しんでいる人と僕は仲良くしたい。

あーもううおおおおおおおおって、頭ぐるぐるにさせながら、面白いものを作ることと戦っている人と仲良くしていきたいと思うんです。

ちぇけ